どんな感情をため込みやすい?ストレスの原因を知る方法

どんな感情をため込みやすい?ストレスの原因を知る方法
会社で働いていると、楽しいこともあればムカつくこともありますよね?

ホントはどんなときもずーっと楽しければ良いのだけれども、実際にはそんなに毎日楽しい気持ちではいられずになんだかすっきりしません。

怒りや不安、落ち込みなど、これがいわゆるストレスっていう感情なのでしょうか。

どんな感情をため込みやすい?ストレスの原因を知る方法

 

ストレスの要因


ストレスには大きく3つの原因があると言われています。

1.満たされていない自分

2.期待に応えきれない自分

3.環境とのミスマッチ

 

じゃ、あなたが抱えているストレスの要因はいったい何なのでしょうか?

まずは、普段の生活の中でどんな感情を抱いているのかをじっくりと自己観察しておきましょう。

 

たとえば、

「言いたいことが言えない」

「素直に自分の気持ちを伝えられない」

「思っていることと実際に取る行動が一致しない」

「他人の目が気になる」

「親友がいなくて寂しい」

など、なんでも良いのです。

 

頭の中や心の中に流れ星のようなスピードで過ぎ去っていく、そんな感情を素早く、メモ帳に書き留めておいて下さいね。

毎日です。その感情のメモがあなたの心の中を現す感情のメモになります。

それを眺めていると、色々と気付きますよ。
あなた自身の考え方が手に取るように分かるようになります。

今度は、そのメモにあるネガティブ感情を受けとめて、自分を自分自身で受け入れるのです。そして、肯定するのです。

まずは何よりも先に自分を受け入れましょう。そしたら不思議と心が落ち着くようになりますから。