ニキビのできるところでわかるオトナ女子に足りない栄養素

ニキビのできるところでわかるオトナ女子に足りない栄養素
おでこにニキビができてるぅ(悲)。思春期にできるニキビは若者の勲章だけど・・・大人の女性の顔にできるニキビは吹き出物なわけで、かなりへこみますよね。

もしも今、あなたの顔にニキビができているのなら、その生活習慣を見直すべきかもしれませんよ。ニキビの主な原因はホルモンバランスや食習慣、生活習慣の乱れ。

とくにオトナ女子は残業や接待で帰宅時間も不規則になりがちでしょ。

今すぐできるニキビ対策をまとめてみましたので、できるところから改善してすっぴん美人にもどりましょうね。

ニキビのできるところでわかるオトナ女子に足りない栄養素

 

あごのニキビで気をつけること


私も含め、大人が一番ニキビのできやすい部分と言ったら、あごではないでしょうか?
あごニキビは特に生理前に多く見られます。
私の場合、あごにニキビができると「もうすぐ生理が来るな」なんて思っちゃうほど
本当に、生理前には必ずと言っていいほど出来てしまいます。
あごってあまり汗をかいたりするところじゃないし、どちらかというと乾燥するUゾーンと言われる場所だから、ニキビって出来にくいんじゃないの?って思いますよね。
でも、実はあごって皮脂腺の分布が多くて皮脂が詰まりやすい部分でもあるそうです。
また、おでこなどと同じように髪の毛が触れたり、長さによっては毛先が刺さったりと
髪による刺激もある部分なんですね。
なので、生理前に限らず頻繁にできてしまう人は、髪の毛を結んだり、あとは髪に付けるトリートメント剤などを考える必要もあるかもしれません。
しかし、最も影響するのはやっぱりホルモンバランスの乱れ、なんだそうです。
アラサー女子にありがちな、ストレスや生活習慣の乱れ、不規則な食生活などでもホルモンバランスは乱れます。ストレスを感じると、ステロイドホルモンや男性ホルモンの分泌が促進されてしまうので、ニキビのできやすい状態になるんだとか。
日頃からストレスを溜めないように、食生活に気を配る必要がありそうです。

 

おでこの憎きニキビ


顔の中で一番脂っぽくてニキビが出来やすい場所が、おでこです。思春期のニキビでもおでこにできることが多くありませんでしたか?

おでこにニキビが出来やすい人は、洗顔料の洗い残しがあるとか、前髪をいつもおろしたスタイルにしているなど、外的要因もあるようなので見直してみてくださいね。それでも出来てしまったニキビは、大人になるにつれて治りにくくなります。

白ニキビが移行して黒ニキビになり、赤く炎症を起こしたら治るまではかなりかかる上に跡が残ることも・・・大人になってから跡が残るとシミになったりといいことはありません。

作らせないために注意が必要ですね。脂っぽいところにできるニキビには洗顔が有効だと言われています。

いつも清潔にしておくこと、風通しを良くしておくことが大事です。ニキビが出来てしまったときは、薬を塗り、髪がかからないようなヘアスタイルにしましょう。

食生活ではビタミン類が豊富な食事を心がけるといいですね。

 

ほほ


本来なら乾燥している場所であるほほ、そこに繰り返しニキビができる人はどんなことに気をつけたらいいのでしょうか?ほほにたくさんのニキビが出来てしまう人は、まずあごニキビ同様、髪の毛に気をつけてみてください。

私の知り合いの女性でとても美人なんだけどほほのニキビに悩まされている人がいます。その人のニキビの原因は食生活にありました。一緒にお昼を買いに行くと、パンとサラダを買うのですが、必ず一緒にコンビニでレジ横に売っているスナックフードを買います。唐揚げ串やコロッケなど、そういうものが大好物なんだとか。
カロリーを気にしてか、パンとサラダに抑えつつ、脂っこいスナックフードを買うんですね。なので身体はとても細いんです。だけど肌がニキビだらけになってしまっていました。

私はほとんどお弁当持参なのでコンビニではサラダを買ったり飲み物、ヨーグルトなどのデザートを買うくらいですが、彼女は毎日コンビニでそういうものを買って食べていたんです。これではニキビがよくなるわけはありません。

スナックフードは揚げたての場合もありますが、たいてい時間が経っていたりして油が酸化しているものもあるかもしれないし、いつあげたかわからないのでできれば避けたい食材です。

もちろんたまにはいいと思いますが、それを毎日食べるのはよくないですね。肌をきれいにしたいならまずは身体の中から、食事に気をつけることが一番です。

 

 

必要な栄養素は?


では、ニキビを作らないようにするにはどんな栄養素を取ればいいのでしょうか?ビタミンではビタミンA、ビタミンB2、B6、ビタミンC、ビタミンEをまんべんなく取ること。

ビタミンA : 人参、ほうれん草
ビタミンB2: 卵、乳製品
ビタミンB6: 鶏ササミやマグロ
ビタミンC : 果物
ビタミンE : レバー、うなぎ

などというふうに、いろんな食材をまんべんなく摂ることでニキビの予防に効果がありそうですね。もちろん、こんなに食べられないという人は、サプリメントに頼ってもいいかもしれません。

あとは、ミネラル、コラーゲンや食物繊維なども積極的に摂りたいですね。こういったものを日々の食事で摂るためには日頃から自炊をして、色々な料理を作ること、肌のためにと、一生懸命体質改善を心がけることが大事です。

 

番外編・・・実は多い背中ニキビ


顔のニキビではありませんが、ニキビの悩みのうちで結構多いのが背中のニキビです。
私も実は顔にはあまりできませんが背中のニキビに悩まされています。
背中のニキビの主な原因は、シャンプーやトリートメント剤の流し残しや、髪の毛が刺さるなどがあるようです。人によっては柔軟剤などの洗剤が汗によって溶けることで炎症を起こしてしまう場合もあるみたいですね。
私は髪が長くはないので髪が刺さるということはありませんが、トリートメントの流し忘れが原因なのか、なかなかよくならないですね。
生活習慣の乱れの改善をしても、トリートメント類に気をつけてもよくならない場合は皮膚科に行くことをおすすめします。
背中ニキビは顔と違って見えない位置にありますので悪化するまで気がつかないケースも多いようです。
あとを残さないためにも、病院の薬を塗るほうがいいですね。

 

今日のまとめ

ニキビのできるところでわかるオトナ女子に足りない栄養素

ニキビに悩んでいる人はオトナ女子にもたくさんいるんです。
原因を知り、体質改善、食生活の改善をしていつもクリアで綺麗な肌でいたいですね。
ストレスを溜めないこと、きちんとした食事をとること、睡眠をしっかりとることが大事です。ぜひ、生活を見直してみてくださいね。

・ あごのニキビで気をつけること
・ おでこの憎きニキビ
・ ほほ
・ 必要な栄養素は?
・ 番外編・・・実は多い背中ニキビ