オトナ女子の「仕事の悩み」!将来に対する不安TOP10

オトナ女子の「仕事の悩み」!将来に対する不安TOP10
仕事の悩みって色々で尽きないもの。職場の複雑な人間関係、つまらない仕事、自分の将来の不安など。オトナ女子が抱えている女性の悩みを聞いてみました。

あなたが抱えている悩みや不安はみんなも感じているはず。未来のことは誰にも分からないけど、自分で切り拓いていくしかないよね。

そこで今回は、仕事の悩みや将来の不安についてランキング形式でお伝えしますね。

オトナ女子の「仕事の悩み」!将来に対する不安TOP10

第10位

「仕事に自信が持てない」


自分は会社にとって、今取り組んでいるチームにとって必要な人材なのか?戦力になれない“使えない人”なのではないかと考えてしまったり、会社にとって必要とされる人材になれる自信がないなど感じる方もいらっしゃるようです。

しかし、今仕事がすごく出来る人って最初からそうだったのでしょうか?

答えは「いいえ」です。

自信を持てるようになるには、必要とされる人材になるためにはと考え、実行し続ける事でそういう自分を作り上げていけるので、失敗は恐れず、失敗から学んでいく姿勢を持ちましょう。

 

第9位

「面倒な人間関係」


上司や部下、同僚との人間関係に悩む方は多いです。

働く女性を取り巻く環境の中には職場でのセクハラやパワハラ、嫉妬や嫌がらせを受けている方も少なくありませんし、全く人間関係にストレスを感じずに働く事ができている方はどのくらいいるのでしょうか?

信頼関係を築ける仲間を探したり、会社の相談したりするなど一人で悩む事はやめましょう!!

 

第8位

「専門的な強みがない」


自分が日々行っている仕事は誰にでもできそうな仕事で専門性がなく転職やキャリアアップが難しそう、胸を張れる資格もスキルもないので、育児などを経て仕事に復帰できるか不安という悩みを持つ方が多いようです。

わたし個人的な考えでは専門性が欲しいという人は多いけれど、専門知識や技術には、限られた場面や仕事でのみ役に立つものも多いので新しい環境に適応する力や、知識を素早く習得する力といった“処世術”を獲得したほうが、いつでも通用する強みになると思います。

 

第7位

「入社してくる新人が・・・」


入社してくる新人がいわゆるゆとり世代。

仕事に対しての責任感や仕事をするうえで重要な報告・連絡・相談など社会常識が薄く、どのように教えていけばいいのか、うまくコミュニケーションがとれず悩む方は多いです。

教育係をまかされたときはゆとり世代とはいっても、社会人になればちゃんとするだろう!
と思い引き受けたけど、その考えは甘かったと感じるようです。

オトナ女子が、教育係となるケースは多く、悩む方が多いようです。

 

第6位

「この先の目標が見当たらない」


ある程度の勤続を重ねていくとマンネリ化してしまい、就職活動中はなんとしてでも入社したい!

入社して○○をしたいと情熱を持っていたのに、勤続が長くなりその頃の情熱が冷め切ってしまっている方もいるようです。

また、目先の事に意識が行き過ぎて、将来的な展望がなくなってしまうという悲しい状態の方も・・・

3年後、5年後、10年後の自分を想像していくと潜在的な目標が見えてくるはずです。

 

第5位

「仕事に対しての体力が持たない」


20代のときは接待や残業をしても次の日に疲れが残る事はなかったのに、30代になってからはなかなか疲れが取れなくなってきたと感じているオトナ女子は多いようです。

20代のときよりが仕事の幅や責任が重くなり、プレッシャーもキャリアアップのチャンスも増えているので精神的にも負担は大きいようです。

 

第4位

「同僚とのキャリアを比べてしまう」


ライバル意識を持つ事は仕事のモチベーションを上げるうえでは重要な事です。

しかし、ここでは同僚とのキャリアを比べる事で焦りを感じている方が多いという事です。

やはり会社は競争社会。なかなか自分は自分と考えることができず、同僚の昇級や出世に対して焦りを感じるようです。

 

 

第3位

「結婚や出産後の働き方」


結婚したいと考えている相手がいる・今婚活中など、オトナ女子を取り巻く恋愛状態は様々です。

結婚を望むならその延長で考える結婚後と出産後の働き方。

今の時代、共働きでも子供を育てていくには経済的にはギリギリです。

働くために保育園に預けるでも待機児童問題があったり、預けられても閉園時間の関係で残業が難しかったりと、会社からのフォローがないと働いていく事はとても難しいです。

妊娠しても頑張って働く女性も増えていますが、最近はマタハラという言葉が出回っているほど、妊婦への職場環境は整っていません。様々な問題が働く女性の結婚や出産に足踏みをさせてしまっているようです。

 

第2位

「収入が変わらない」


このご時世、昇級やボーナスなどへの期待値が低くなっています。

頑張っても、頑張ってもお給料が増えないことで仕事に対してのモチベーションや会社に対しての信頼感が薄れていっているようです。

転職しようかと考えても同じような条件の会社に入社しても・・・
と思いとどまったり、違う業種や職種に挑戦するのも怖いなと考えたりする方も多いようです。

 

第1位

「仕事のやりがいが見いだせない」


人並みに稼いで、人並みに生活できているけど、「何のために生きているんだろう」「私に何の価値があるのだろう」と空虚感を感じる方が多くいらっしゃるようです。

目的なく物事をすすめていくことはとても苦痛なことです。

その仕事をすることで自分はどうなりたいか、どのようなことがしたいのかをみつけたり、プラベートで仕事の糧になるようなことをみつけると仕事をする目的ができ、空虚感はなくなると思います。

 

 

今日のまとめ

オトナ女子の「仕事の悩み」!将来に対する不安TOP10

今回、オトナ女子の仕事の悩みを列挙してきましたが、20歳前半の入社時期に感じた悩みがより具体的になっていると感じました。自分次第で解決出来る悩みもあれば、会社単位で改善していくべきこともあります。
しかし、これからの社会は女性の力が必要です。女性が元気にバリバリ働いている社会はとてもパワフルで活気がでるはずです。どんどん社会進出していきましょう!!

第10位 「仕事に自信が持てない」
第 9位 「面倒な人間関係」
第 8位 「専門的な強みがない」
第 7位 「入社してくる新人が・・・」
第 6位 「この先の目標が見当たらない」
第 5位 「仕事に対しての体力がない」
第 4位 「同僚とのキャリアを比べてしまう」
第 3位 「結婚や出産後の働き方」
第 2位 「収入が変らない」
第 1位 「仕事のやりがいが見いだせない」