できるだけ避けたい!PM2.5と黄砂と花粉から身を守る方法

できるだけ避けたい!PM2.5と黄砂と花粉から身を守る方法
最近ニュースなどでもよく話題になっているPM2.5や黄砂、花粉。聞くだけでもまたか、、と憂鬱になってしまいますよね。更には、お肌や体に悪影響及ぼすと分かればたまったもんじゃありません。

そこで今回は、自分の肌は自分で守るべく対処法をご紹介します。

できるだけ避けたい!PM2.5と黄砂と花粉から身を守る方法

 

侵入経路を防いで大幅カット!


花粉は知ってるけど、PM2.5とは?黄砂とは?名前は聞いたことあるけど詳しく知らないという方も多いのではないでしょうか?
ここで簡単に説明いたします。

黄砂」…強風によって巻き上げられた砂(乾燥砂塵)が地上に降り注ぐ気象現象です。

PM2.5」…工場などから生じる粉塵や、排出ガス・石油の揮発成分が大気中で変質した微粒子物質です。大気汚染物とも呼ばれています。

これらは呼吸器から侵入し、付着することで健康状態を害します。なのでこの侵入経路である呼吸器の鼻と口を予防しましょう。

予防策としてまずはマスクの装着を!

ここで注意が必要なのが花粉に関しては普通のマスクでも充分防げますが、上記二つは微粒子なので普通のマスクの繊維を抜けて侵入してきます。

「N95規格マスク」の着用が必須です。
∟N95の部分はマスクの防塵レベルです。
この他にもN99・N100もありますが一般人が比較的入手しやすいものは95か99です。95のものは、微粒子を95パーセント以上カットできるということです。

こちらのマスクは原発事故の際や、病院などでも使われていますので普通のマスクと比べるとカット率が全然違います。

 

外出には見極めが大事!


天気予報などで今日は飛沫が多いので注意しましょう。とありますが具体的なことは何も言われませんね。

PM2.5や黄砂については、量が多い日は大気に混じっている物質なので霧がかかったような空模様になります。テレビで見たことがある人は、ご存知かとは思いますが中国ではPM2.5や黄砂によるスモッグが低空の位置にかかっています。この霧こそが大気汚染物ですので、窓のそとを見て曇りではなく霧がかかったように見えたら外出は極力控えましょう。

黄砂自体を目視での確認は困難ですが、窓や車、網戸、ベランダなどを見れば黄色い砂が確認できます。この量を目安にしましょう。

 

呼吸器系へのウイルスにも使える対処法


いくら予防していても100%防ぐことはできません。ですがそこからの対処によって悪化や症状を引き起こすことを防げます。普通のうがいも大事なのですが、鼻の粘膜に付着しているものは落とせないので鼻うがいがオススメです!

・やり方

常温の水に食塩を溶かして、食塩水を作りコップ又はペットボトルに入れ片方の鼻に飲み口を当て上を向いて鼻に注ぎ込む。このとき、注ぎ込みすぎるとむせるので気をつけてください。

流し込んでいき、喉あたりまできたらそのままうがいをするようにして口から食塩水を吐きます。

この工程を3〜5回繰り返してください。始めは難しいかもしれませんが慣れてくるとすごく楽になります。

なかなかできないという方には鼻の内部を洗浄できるものも売っていますのでそちらも試してみてください。

 

 

空気の入れ替えは危険!


風邪などのウイルスのときは、換気をすることが大事ですが有毒物質や外から入ってくるものには空気の入れ替えはしてはいけません。

・屋内の換気を避ける、窓を開放しない
・換気扇は回さない
・洗濯物は外に干さない
・車の運転時は窓を開けない
・家の掃除はこまめに

掃除についてですが、粒子は少し動いただけでもかなり舞ってしまいます。ですので掃除機をかけるときには先に雑巾がけをするといいでしょう。そして掃除機ですが、フィルター式の掃除機は全く意味がありません。PM2.5、黄砂は微粒子物質のためマスクよりも繊維の荒いフィルターでは当然防げません、、

ですが、そのために掃除機を買い換えるのはもったいないですよね。

そこでフィルターをULPAフィルターに変えましょう!ULPAフィルターは、0.15マイクロメートルまでの物質を捕獲、除去してくれるのです。PM2.5は2.5マイクロメートル以下のものをさしますので、充分に防げます♪

 

一家に一台は置いておきたい


掃除や、予防に神経をすりへらし既に疲れきっている方も多いはず、、、この機会に空気清浄機を買ってみてはいかがでしょうか?

空気清浄機に使われているフィルターの一般的なものでも、HEPAフィルターというものでこちらもULPAには劣りますが0.3マイクロメートルまで防いでくれます。

掃除自体も濡れ雑巾で拭くことをしていただくほどで大丈夫です。メーカーにもよりますが、リビングまるまる洗浄することも可能ですし、お掃除が大変なリビングに置いたり玄関に置いてしまうのもいいですね!

 

今日のまとめ

できるだけ避けたい!PM2.5と黄砂と花粉から身を守る方法

いかがでしたか。毎年飛沫量が変わったり天候によっても左右されるものもあります。去年も花粉の量が前年の何十倍にもなったりしましたから、常に情報には気を付け自分の健康は自分で守っていくスキルを身につけていきましょう!

これからの季節、色々なことに気を付けないといけませんが気負いしすぎることも体にはよくありませんよ。

・ 侵入経路を防いで大幅カット!
・ 外出には見極めが大事!』
・ 呼吸器系へのウイルスにも使える対処法』
・ 空気の入れ替えは危険!
・ 一家に一台は置いておきたい