デリカシーのない上司に指摘されて恥ずかしかったこと5つ

デリカシーのない上司に指摘されて恥ずかしかったこと5つ
デリカシーのない上司に自分の体について指摘されて、メッチャ落ち込んだことはありませんか?私は以前、「口が臭い」と上司に言われてとても恥ずかしかったです。いくらデリカシーのない上司だからといっても・・・このように、誰でも上司に言われてショックな出来事がひとつやふたつあるはず。

そこで今回は、デリカシーのない上司から言われて、恥ずかしくて立ち上がれなくなってしまうようなことを集めてみました。デリカシーのない上司から指摘されないよう今すぐケアして、明日からも元気よく出勤していきましょう。

デリカシーのない上司に指摘されて恥ずかしかったこと5つ

 

意外と自分ではわからない…口臭


意外と自分ではわからない…口臭
口臭って、自分ではわからないことが多いですよね。でも、ちょっと胃が弱っているときとか、疲れているとき、お酒を飲みすぎた次の日、にんにく料理などを食べた次の日は臭っていることが多いようです。

これは、ほかの人を参考にすればわかるのではないでしょうか?口臭って本当にすごい人いますよね。口臭が臭すぎて、思わず顔を背けてしまいたくなることもあります。

でも、臭いって避けることができないものなので本当にツライです。満員電車で口臭がひどい人の近くになってしまって、気持ち悪くなった経験はありませんか?避けられないからこそ、自分も気をつけたいポイントでもあるのです。

デリカシーのない上司から言われて、キツイ一言はやっぱり「口臭がキツイね」ではないでしょうか?口臭って、気づきにくい分、より一層気をつけなければならない部分です。

メイクやヘアスタイル、ファッションが完璧なのに口臭がキツかったら、上司にも同僚にも、もちろん彼氏にも幻滅されてしまいます。

きちんと対処することが必要です。

まず、朝の歯磨きはきちんとしましょう。舌の掃除も欠かさずにやりましょう。マウスウォッシュも効果的ですね。


コンクールF


タングスクレーパー チタンくん

あとは、ガムを噛んで唾液の分泌を促進したり、ミント系のタブレットを持ち歩くというのもオススメです。

キシリトールガム ボトルタイプ 90粒×2本セット (クリアミント)

人と話すというときは、特に気をつけましょう。会議がある、プレゼンがあるという日の前日はなるべくニンニクたっぷりの料理を控えるとか、口臭に気を使うのも社会人として大事なことですよ。

 

背中、肩、見られていますよ!フケ


背中、肩、見られていますよ!フケ
実は、案外多いのがフケの悩みです。特に、乾燥のひどい冬から春にかけては、フケが出てしまうという人も多いですよね。

スーツで通勤している人は、特に肩の部分にフケが落ちていたりしたら目立ちます。せっかく毎日洗髪しているのに、フケが落ちているだけで、「あの人、お風呂入ってないのかな?」と思われてしまいます。

デリカシーのない上司の中には、口臭と同様に指摘してくる人もいるかもしれません。

女性にとってフケを指摘されることは、とっても恥ずかしいことですね。防げることなので、尚更です。

まず、フケを防ぐには乾燥を防ぐことが大切です。シャンプーを変えてから急にフケが増えたという人は、シャンプーを見直してみてください。

さっぱりと洗い上げるタイプのシャンプーはスッキリしていいですが、冬には不向きです。頭皮の皮脂を取りすぎてしまうので、冬はなるべくしっとり系のシャンプーを使うようにしましょう。

逆に、よく洗えていなくても頭皮の汚れが取れず、臭いの元になってしまいます。洗いすぎても、洗わなさすぎても良くないということですね。

シャンプーはとても大事なので、自分に合うものが見つかるまでは時間がかかるかもしれませんが、それはフケを防ぐと思って頑張りましょう。

バイタリズム スカルプケア シャンプー ノンシリコン for WOMEN

シャンプーを変えてすぐは、まだ効果が見られないときがあります。髪の長い人なら髪をまとめておくと、フケも落ちにくく目立ちにくいです。濃い色の服が好きでよく着るという人は、まとめ髪にしておきましょう。

シャンプーを変えてもフケが続く場合は、頭皮の病気も考えられますので、病院に行くことをオススメします。

 

エチケットですよ、細かいところまで気をつけたい、鼻毛


エチケットですよ、細かいところまで気をつけたい、鼻毛
男性で、よく鼻毛が出ている人を見かけますがなかなか指摘できませんよね。

私は、彼氏でもなかなか鼻毛が出ていることを言い出せません・・・それくらいですから、上司に「鼻毛出てるよ」なんて言われたら、本当に恥ずかしいですね。そもそもデリカシーのない上司だからこそ指摘してくるのかもしれませんが…。

特に、花粉シーズンに花粉症で鼻をかむことが多い、という人は鼻毛も気付かないうちに出ていたなんてことがあるのではないでしょうか?

これは、女性としてかなり恥ずかしいことです。トイレに行くたびに、トイレの鏡で鼻毛をチェックしているのも、周りの女の子に見られたらちょっと嫌ですよね。

そんなときは、トイレの個室の中に小さな鏡を持って行ってチェックするのが一番です。これなら誰にも見られず、こっそり鼻毛のチェックができますよ。

鼻は、異物が入ってくると侵入を防ごうとして鼻毛が伸びやすくなるようです。風邪をひいているときとか、花粉症の時期は特に鼻毛に気を付けましょう。

 

 

暑い季節には気をつけたい、体臭


暑い季節には気をつけたい、体臭
春になって、ちょっと暖かくなると通勤時に汗ばむことってありますよね。それが、実は体臭になってしまうことがあります。

特に、お酒を飲んだ次の日なんて、体臭がキツイと思うときありませんか?女性でも体臭がキツイ人ってどうしても気になってしまいますよね。

できるだけ、今の時期から制汗スプレーなどを使ってケアしておくことをオススメします。

私は、お酒をたくさん飲んだ日は、夜にミネラルウォーターを飲んで、朝はお風呂に入ります。

ゆっくりお風呂に入って、汗をかいておくと、汗がサラサラになって臭いにくくなるようです。

体臭がキツイって言われたら、本当にショックですからね、お酒が好きな人や、もともと体臭がキツイ人は、朝お風呂に入ることを習慣にしてみるといいですよ。

 

「香害」なんて言葉もあります、香水


「香害」なんて言葉もあります、香水
最近、「香害」という言葉が話題になっています。香りの害ということなのですが、柔軟剤や香水の香りで周りの人が迷惑してしまうというものです。

自分は、いい匂いだと思って付けているものでも、周りの人からしたらそれは「不快な臭い」でしかない場合もあるのです。

特に、最近は柔軟剤もかなりいい香りで、持続性の高いものがたくさんありますね。私も、香水を使わずに柔軟剤の香りだけで充分だと思うときがあります。しかし、柔軟剤って香水と違って衣服全体に香りが染み込んでいるので、たくさん使っている人は、匂いがすごいですよね。

私の同僚でも、柔軟剤の香りをプンプンさせている人がいます。柔軟剤って使っているうちに、自分自身は香りに慣れてしまうんですね。だから、どんどん濃くするみたいです。

ただ、周りには本当に迷惑です。その人が通っただけでわかるくらい匂っているんです。

誰も指摘できないから、そのままにしているけれど、会議のときとか、エレベーターで一緒になったときとか正直キツいです。

まだ、上司に指摘されることはないようですが、香りを注意されるのもやっぱり恥ずかしいことですよね。

社会人として、人に迷惑にならない程度の香りを楽しみたいものです。香水なら、脇腹にちょこんとつけるだけでも、充分です。香りは上に登るので、脇腹はとてもいい場所ですよ。間違っても手首とか耳の裏とかにつけないようにね。香水を付ける場所は脇腹ですよ。

満員電車でも、周りの人に迷惑にならず、そして、デスクで座っているときなどに、自分だけ楽しむことができますからオススメです。突然の、ランチやディナーのお誘いのときでも香りが邪魔しないです。

 

治すのが困難だけど対処法はある、ワキガ


治すのが困難だけど対処法はある、ワキガ
ワキガの臭いって、独特ですぐにわかってしまいますよね。特に、汗をかくこれからの季節は、ワキガの人は注意が必要です。

みんな、デリカシーのある人なら、「あの人ワキガだな」と思っても、本人に言うことはないでしょう。でも、デリカシーのない上司は、「なんか臭いな」とか言ってしまう人がいます。本人は気にしている分、言われたら相当ショックですよね。

今、治療法も確立されているので本気で悩んでいる人は病院に行くことをオススメしますが、そこまでじゃないという場合はきちんと汗の処理をするようにしましょう。

夏の時期は、こまめにわき毛の処理をしたり、制汗スプレーをする。汗をかいたらふく、というように気をつけてみてください。

それと腸内環境を整えて体質改善も忘れずにね。体質が改善されると汗の臭いも改善されますから。

 

今日のまとめ

デリカシーのない上司に指摘されて恥ずかしかったこと5つ

いかがでしたか。デリカシーのない上司に指摘されたら恥ずかしいことって色々ありますよね。でも、指摘してくれる人ってもしかしたら貴重なのかもしれません・・・。

臭い対策や身だしなみを見直すことはエチケットでもありますから、この機会にあなたも自分のチェックをしてみてくださいね。

・ 意外と自分ではわからない…口臭
・ 背中、肩、見られていますよ!フケ
・ エチケットですよ、細かいところまで気をつけたい、鼻毛
・ 暑い季節には気をつけたい、体臭
・ 「香害」なんて言葉もあります、香水
・ 治すのが困難だけど、対処法はある、ワキガ