ワークライフバランスを実現するために私が取り組んだ7つのこと

ワークライフバランスを実現するために私が取り組んだ7つのこと
30代にもなると、仕事とプライベートの両立について真剣に考え始める女性が増えてくる時期です。ここ数年の間に、結婚したり子どもが生まれたりとライフスタイルが大きく変わった人もいるでしょう。

20代の頃は職場の皆がしているからと、残業や休日出勤をしたり、付き合いで終電ギリギリまで飲みに行ったり・・・ワークライフバランスという概念すら頭になかった。

そんな女性も、30代も同じような働き方や時間の使い方が出来るとは限りません。そろそろワークライフバランスを意識して、仕事もプライベートも充実させていこうではありませんか!

ワークライフバランスが上手くいかないと、会社や家庭で不満が出てくるのは当然のこと。実際に女子会でも、

忙しい。今の働き方でずっといけるか不安・・・
転職して働きやすいところに行こうかな・・・
フリーランスとか起業したらいいかも。

という話題が頻繁に出てきます。でも現実はそう甘くはありません。

私は家庭の事情や自分のしたいことなどを優先させる為に、正社員・契約社員・パート・アルバイト・社会人学生・フリーランスなど、社会人になってから色々な立場になってみたのですが、それぞれにメリット・デメリットがありました。

そんな中、今の会社の条件・待遇・人間関係などがそこまで悪くないという人は「無理に会社を辞める必要はないのではないか」という結論に達したのです。

でもワークライフバランスが上手くいかなくてモヤモヤする・・・というあなたに向けて、私が会社を辞めずに人生を楽しむために実践したことを7つご紹介します。

ワークライフバランスを実現するために私が取り組んだ7つのこと

 

そもそもワークライフバランスとは?


そもそもワークライフバランスとは?
近年耳にするようになったワークライフバランスという言葉。仕事とプライベートの両立を指しています。なぜ近年こういったことが言われるようになったのかというと、長時間労働によるうつ、過労死、自殺などの問題が明らかになったからです。その他にも、晩婚や未婚化などの問題が出てきて出生率が下がってきたことも原因と言われています。

男性と同様に、女性も働かなくてはならない時代・・・出産や育児、介護など様々な問題を抱え込むのは本当に大変ですよね。そんな中で、無理なく働いて仕事だけでなくプライベートも充実させていこうという時代になってきています。

小室淑恵さん(こむろ よしえ)は株式会社ワークライフバランスの代表取締役社長で、彼女の生き方や働き方に注目が集まっています。彼女は、仕事(ワーク)と生活(ライフ)には相乗効果があり、生活の充実が仕事にも役立つといった考えのもと講演活動をされています。

 

1.人間関係を円滑にしておく


人間関係を円滑にしておく
家族や職場の人、近所の人など日頃から相手のことを思いやり、人間関係を円滑にしておくというのは、ワークライフバランスを大事にする上で必要なことです。

自己開示をして、自分がどんな状況にあるのかを周囲と共有しておけば助けてもらえますし、相手が大変そうな時には変わってあげることもできます。 自分だけの力では難しいことも、人の力を借りれば乗り切れます。

私の場合は、両親の手術と大怪我で看護が必要な時期に、上司に相談をしていたので「早く帰って大丈夫だよ」などと言ってもらえました。
その代わりに、他の人が休みたい時に勤務するなどスケジュールを調整していたので、辛い時期をなんとか乗り越えられました。

 

2.家事の効率化を図ってみる


家事の効率化を図ってみる
仕事とプライベートの時間を取りたいと思っても、家事など毎日のルーティンに時間がかかってしまうということがあります。そんな時は、最新の家電やサービスに上手く頼ってみると、家事の効率化が可能です。

例えば、お掃除ロボットのルンバや床拭きロボットのブラーバなどは、働く女性に人気のアイテムです。
ネットスーパーや宅配キットなどを頼むというのもオススメです。

 

3.体のメンテナンスをしっかりする


体のメンテナンスをしっかりする
ワークライフバランスを充実させる上で一番重要なことは健康な体です。どんなに忙しくても、体が健康で気力と体力が充実していれば仕事もプライベートも楽しめます。

30代になると、疲労が取れにくいと感じる人も増えてくる時期なので、体のメンテナンスをしっかりすることを意識してみてください。 私の場合は、整体や整骨院で体を整えてもらっています。

それから、運動も大事です。ヨガやウォーキング、ランニング、ジムなどがアラサー女性に人気です。
私も運動習慣をつけてから疲れにくくなり、休日1日を寝て過ごすという日がなくなりました。

 

 

4.趣味の時間を大切にする


趣味の時間を大切にする
ワークライフバランスを大切にしている人は、みんな何かしら趣味を持っています。
趣味があると職場以外で活躍する場やコミュニティができるので、プライベートが充実します。

私はカメラの習い事で、撮影仲間ができたので休みに撮影旅行に行くのが楽しみです。
もちろん、交流目的でなく1人でも楽しめる趣味を持つのもオススメです。

 

5.インナービューティーを意識する


インナービューティーを意識する
30代から体に不調を感じる場合は、インナービューティ(内側)に力を入れるといいでしょう。
油物を控えて、肉や魚、卵、野菜や果物などをまんべんなく食べるというのがいいですね。

20代後半から不足してくる、 酵素を補うサプリや腸内環境を整える健康食品もオススメです。
私もTVや美容雑誌を見て、ピンときたものを色々と試しています。

 

6.旅行の計画を立てる


旅行の計画を立てる
仕事が立て込んでいる時こそ、休みの日の旅行の計画を立てておくのがオススメです。気分転換にもなりますし、これを楽しみに頑張って働こうという気持ちになれます。

旅行が好きな人は、日帰り旅行でも十分楽しめるかと思いますので、リフレッシュを兼ねてぜひお出かけをしてみてください。

 

7.スケジュールをしっかり管理しておく


スケジュールをしっかり管理しておく
ワークライフバランスを意識するには、時間の管理が必要です。この日のこの時間はこれをして、来週はこれをする・・・などの段取りをしっかりしておけば、仕事もプライベートも充実します。

私は紙の手帳ではなく、通知が入るグーグルカレンダーで全ての予定を管理しています。
自分の予定だけでなく、数名の予定を同期して管理できるのもいいところです。

 

今日のまとめ

ワークライフバランスを実現するために私が取り組んだ7つのこと

「ワークライフバランスを実現する」というと堅苦しいし、難しいことのように思えますが、私が実際にやって効果があったワークライフバランスの取り方は、周囲との関わり方を変えてみるということや、健康管理に気を遣う、自分の時間の使い方を少し工夫するだけなので独身・既婚者問わず、今日からでも実践できるものばかりです。

会社員でも、仕事だけでなく自分の時間をしっかりと確保してワークライフバランスを大事にすることで、生活の満足度は変わってくるはずです。

今の環境に不満を感じている人、それから会社の歯車の1つになっている気がする・・・休めないからプライベートの充実なんて無理だと感じていると、会社を辞めたくなる気持ちは本当に分かります。

でも、本当にそれがあなたの本心なのかをしっかり見極めて、今の環境でできる最善を尽くしてからでも遅くはありません。

視点を変えること、それから自分の働きかけで周囲を変えることも大事なのでワークライフバランスの充実に向けて、早速行動してみてください!

・ そもそもワークライフバランスとは?
私が取り組んだ7つのこと
1. 人間関係を円滑にしておく
2. 家事の効率化を図ってみる
3. 体のメンテナンスをしっかりする
4. 趣味の時間を大切にする
5. インナービューティーを意識する
6. 旅行の計画を立てる
7. スケジュールをしっかり管理しておく

 

この記事を読んだあなたはホントにツイてる(^_-)-☆