自宅で簡単にできる再生医療コスメの実態と肌再生のすごい効果

自宅で簡単にできる再生医療コスメの実態と肌再生のすごい効果
再生医療の現場で培われた「幹細胞テクノロジー」が、美容業界でも注目を浴びています。

この技術で得られる生成物が肌の中に浸透するとタンパク質が生成されるのですが、このタンパク質こそがコラーゲンやエラスチンなど美容には欠かせない成分なのです。

肌を再生する効果のある化粧品には、これらタンパク質を生成する培養液が配合されています。よって、肌再生化粧品を使えば若いころのような素肌を蘇らせることができるのです。つまり、肌再生化粧品を使えば見た目年齢はどんどん若返っていくというわけなのです。

ちなみに、

美容クリニックで行う美容整形は、タンパク質の生成や細胞増殖をコントロールしている成長因子を肌の奥まで注入し、肌の再生を促します。レーザー注射などで行うこの施術は安くても数十万の費用がかかります。

今話題の肌を再生する効果のある化粧品であれば、なにもそこまでの費用をかけずに美容整形と同じような効果が期待できるのです。

幹細胞テクノロジーを駆使して作られた肌再生化粧品の中に含まれる幹細胞培養液が、年齢とともに衰えるコラーゲンやエラスチンの生成を活性化してくれます。この幹細胞が配合された肌再生化粧品を使えば、正常なターンオーバーや肌本来の機能が復活するので、肌年齢の若返りを素早く確実に実感することができるでしょう。

つまり、幹細胞テクノロジーを駆使した肌再生化粧品を使えば、美容クリニックで行っている皮膚の再生医療を自宅で簡単かつ手軽にできちゃう!というわけです。

そこで今回は、肌再生化粧品の代表格である幹細胞美容液を中心に最新の幹細胞コスメについて、いったいどのような美容効果があるのかと美容クリニックとのコスパ比較などについてお伝えしますね。

自宅で簡単にできる再生医療コスメの実態と肌再生のすごい効果

 

表皮幹細胞・真皮幹細胞を活性化すると肌が蘇る


表皮幹細胞・真皮幹細胞を活性化すると肌が蘇る
表皮幹細胞は新しい皮膚を生み出している幹細胞で、皮膚の生まれ変わりを司る細胞なので、表皮幹細胞の働きがうまくいかない場合、メラニンが肌に残ってしまい、シミやそばかすなどの肌トラブルになってしまいます。

真皮幹細胞は、コラーゲンやエラスチンなどを生成する幹細胞で、美肌には必須の細胞なので、真皮幹細胞が減ってしまったり、働きが鈍くなってしまうと、シワやたるみが増えて一気に老け顔になってしまう要因になってしまいます。

これらの幹細胞をどんどん活性化することで、肌年齢の若返りが可能となるわけです。

だから肌再生化粧品には幹細胞が入っているんです。

 

幹細胞培養液の効果を活かしたいのなら、美容液やクリームのほうがおすすめ


幹細胞培養液の効果を活かしたいのなら、美容液やクリームのほうがおすすめ
幹細胞が配合された化粧品にかかるコストは、美容整形よりは手軽とはいえ、安いものから高価なものまでピンきりのラインナップです。せっかく肌再生化粧品を使うのなら最大限に効果を実感したい!と思うのが女性の本心ですよね。

それなら選ぶアイテムは美容液やクリームなどがおすすめです。なぜなら、肌再生化粧品の中には、幹細胞美容液や幹細胞クリーム以外にも化粧水やパックなど様々な種類のアイテムがあります。その中でも粘度が高く、肌にとどまる時間が長い美容液やクリームは、肌の中へ幹細胞を浸透できる時間が長くなるので、より効果的なんです。

化粧水のように水分のおおいアイテムは、すぐに蒸発してしまってもったいないように思います。

確実な効果を求めるなら、絶対美容液やクリームのほうが良いと思います。

 

抗酸化作用はエイジングケアの絶対的な味方


抗酸化作用はエイジングケアの絶対的な味方
エイジングケアをしていくにあたって、一度は耳にするこの言葉。

「抗酸化作用」

肌の細胞が酸素と結合することを酸化といいますが、金属が錆びるのも酸化の現象の一つです。肌が錆びる・・なんて、考えただけで恐ろしいと思いませんか?

歳を取ったら老化なんて当たり前と思っている人も多いかもしれませんが、老化とは、肌が錆びていくことと同じなんです。これで「抗酸化作用」がどれだけ大切かわかりますよね。

幹細胞培養液が配合された化粧品には、原料にいくつか種類ありますが、中には3ヶ月腐らないリンゴを使って作った幹細胞培養液のものもあるんです。3ヶ月も腐らないなんて恐るべき抗酸化作用ですよね。

その抗酸化作用を肌に与えてあげることで、老化防止が可能となるんですね。
老化防止どころか、若返りも可能かもしれません。

 

 

細胞不活性化のスパイラルを断ち切る


細胞不活性化のスパイラルを断ち切る
取り入れた酸素のうち一部は活性酸素となり、活性酸素が増え続けると様々なマイナス作用をもたらします。細胞そのものを傷つける可能性があるため、取り除かなくてはなりません。

この活性酸素を取り除いてくれるのが、「SOD酵素」です。

SOD酵素は35歳頃から生成が激減してしまいます。

活性酸素とSOD酵素のバランスが崩れ、活性酸素が増えると老化が急激に進んでしまうので、SOD酵素を増やすことが重要です。そして、SOD酵素が減り活性酸素が増えると、その他の細胞が不活性化され、SOD酵素の生成が減るという負のスパイラルに陥ります。

そうならないように、きちんとケアして、細胞不活性化のスパイラルを断ち切ることが大切ですね!

 

情報伝達因子を増やす


情報伝達因子を増やす
細胞と細胞で指示のやり取りをする情報伝達因子はグロースファクターをはじめ、200以上の種類があります。

美肌に必要なタンパク質などの成分の生成や、皮膚の再生を促したりしてくれます。これらがうまく働くことで、SOD酵素や、肌を構成するその他のタンパク質を生成できるのです。

グロースファクターを受け取った細胞は活性化し、ほかの細胞にグロースファクターを送るという、活性化のサイクルを作り上げることができます。

美容整形でも、皮膚にグロースファクターを注入する治療も多くありますよ。

肌の老化スピードを遅くし、細胞を活性化させ、皮膚を若々しく保つ効果があります。これが一番の効果的作用かもしれません。

美容クリニックの治療が自宅でできるのは、情報伝達因子を増やすことにポイントがあるんですね!

 

今日のまとめ

自宅で簡単にできる再生医療コスメの実態と肌再生のすごい効果

いかがでしたか。これらの効果を最大限に実感することで、肌年齢を若返らせたり、キープしたりすることができます。

海外セレブの多くが取り入れる幹細胞培養液が配合された化粧品はこれからの日本で美容の必須アイテムになるに違いありません。みなさんもぜひ幹細胞テクノロジーを味方につけて、いつまでも若々しい肌を手に入れてくださいね。

・ 表皮幹細胞・真皮幹細胞を活性化すると肌が蘇る
・ 幹細胞培養液の効果を活かしたいのなら、美容液やクリームのほうがおすすめ
・ 抗酸化作用はエイジングケアの絶対的な味方
・ 細胞不活性化のスパイラルを断ち切る
・ 情報伝達因子を増やす