職場のギスギス感を解消!20代女子におすすめの会話術

職場のギスギス感を解消!20代女子におすすめの会話術
職場に苦手な人っていませんか? 何か噛み合わなくて、イライラしたり、話すのが嫌になったり。人間関係って難しいですよね。

職場は一日の大半を過ごす場所、そこにギスギス感が漂っていると気持ちがなかなか晴れませんし、仕事の成果にも関わってくるし、ストレスも溜まってしまいます。

やはり、お仕事は楽しくがんばりたいもの。

今、何かと話題のオトナ女子との会話が苦手とか、苦痛だと思っている皆さん、ポイントを押さえて、明日から職場のギスギス感を払拭して、楽しくお仕事しましょう。

職場のギスギス感を解消!20代女子におすすめの会話術

 

相手の良い面を思い浮かべてみましょう


ギスギスした険悪なムードの中では、相手の悪い面ばかりが目につきがちです。

相手のここが変わればいいのにとか、こういうところが許せないとか、だから反省するべきは相手の方、それなのになぜ相手の良いところを探せと言うの?と、思うことでしょう。

このギスギス感を解消するために、いろいろなプロセスがあるのですが、ここの部分が変わらなければ、発する言葉も姿勢もすべて白々しいものになってしまうのです。

相手が自分を良く思っていないとか、苦手だなと思っている気持は言葉に出さなくても、なぜか伝わりますよね?

それは、ギスギス感を増長するだけで、相手も自分もハッピーな気持ちにはならないのです。

まず、深呼吸して、相手の良いところを思い浮かべてください。必ず長所があります。「こういうところ、素敵ですね」と。素直に言えればそれが一番です。

 

周りの他の人は相手をどう見ているのか観察してみる


例えば、同じ職場の人たちはどう感じているのでしょうか?

周りの人達でオトナ女子と上手にお付き合いしている人の様子をよく観察してみてください。

その人は、相手についてどう思っているのでしょう。どう接しているのでしょう。

違う面が見られることで、学ぶことがあります。

私が新人の頃、他の部署の上司から言われたことがあります。

「確かに君の言うことは、正しい。でも、その中には思いやりがない。君の上司はそれでも君の言うことを受け止めてるんだよ。少し考えてみなさい」

確かに、私の言うことは正しくても、私の心には上司に対する尊敬などなく本当に生意気だったと思い出すたびに恥ずかしいのですが、その一言で上司に対する見方が変わりました。

そして、柔らかく解りやすい言葉で上司に報告するよう心がけるようになり、ギスギス感は払しょくされたのです。

 

感情で相手を見ていないかをチェックする


確かにそうは言っても、頭では良く分かってるけど、言いたいこともわかるけど、何かしっくりこない。釈然としない思いで、うまく言葉が出てこない。会話するのが嫌だと思う時はありますよね。何が邪魔をしているのでしょうか?

それは、どうしても感情的に相手を見てしまうということ。チームとしての職場のギスギス感を変えるものは、感情という壁を越えること。これが最大の難関ではないかと思います。

じゃあ、どうやってこの感情を良い方向へ持っていけばよいのでしょうか?

 

 

相手を変えようとしないで、自分の思いを変える


たとえば、あなたとオトナ女子との間に険悪な空気が流れたとします。あなたはどうしますか?

悪いのは向こうなんだからと、絶対に許さないとキツイ言葉で応酬しますか?そうすると延々と続くキツイ言葉のキャッチボール。ギスギス感はエンドレスとなることでしょう。

言葉には出さなくても、相手を嫌だなって思えばその気持ちは、どんなに繕っても伝わるのです。

もし、あなたが自分のことをよく思ってない相手を前にしたら、良い気分になれますか?相手は変えられませんが、自分は自分で変えることができるのです。

相手の良いところを心に留め、相手を恐れる自分や、相手を責めようとする自分を自分でリセットし、明るく笑顔で、感謝をこめて声をかけてみてください。

 

礼儀をわきまえ、礼を尽くすということ


職場において最低限の礼儀は、きちんと挨拶をすることと、礼節を尽くすことだと思います。立場が違っていても、年長者や先輩社員、上司に対しては、敬語を使いましょう。

以前、私と同じ職場にいたオトナ女子の方が、自分よりも10歳以上年下の上司を役職名で呼ばず、勝手なあだ名で呼んでいたことがありました。

彼女は「自分より年下で後から入社した男の子」という感覚だったのだと思いますが、その上司はもちろん、周りにいた他の男性とのギスギス感はかなりのものがありました。

また20代初めの女性の同僚で、昇進した同僚に変わらず「タメ口」というのを見るたびに、良い気持ちにはなりませんでした。

仕事をする上で礼儀として、どんな人でも上司は上司であり、礼を尽し、立てるという考え方は、職場の空気を左右する大事な要素として常に心がける必要があります。

 

程よい距離と積極的な明るい姿勢で受け流す


ただ、中には例外な部分も出てきます。あまりにも自己中心的な振る舞いが過ぎる方には、程よい距離を保つことが必要です。

相手の要求を受け入れてばかりでは、相手が増長しますし、自分が疲弊してしまいます。

お互いの幸せのために程よい距離を取りつつ、明るく接しましょう。

理不尽と感じることもあるでしょう。その時はにっこり笑って受け流す、そういう強さをあなたは必ず持っています。

 

オトナ女子の体調と気持ちの揺れについて


本人に自覚がある場合と、無い場合があると思いますが、オトナ女子は年齢的に体の変調期に入っているのです。健康に気は使ってるし、身体だって鍛えているのよ。

大きなお世話と思われるオトナ女子の方も多いかもしれません。

しかし以前より疲れが抜けない体、急にこぼれおちる記憶力、そこからくる焦り、思ってもみない変化に戸惑い、自覚がないまま、イライラしてしまってる場合もあるのです。

普段と何か違う感じの不安定さが見られる場合は、「大丈夫ですか?少し休憩しませんか?」と声をかけてみてください。理解されるということは、心の負担をかなり軽くしてくれるものです。

職場のギスギス感を解消するもの。

それは、自分を主張するのではなく、相手を理解しようとする姿勢と、それを言葉として伝えることから始まるのではないでしょうか?

まず、笑顔で自分から変わろうと思ったときに、すべては始まるのです。
どうか、職場において皆様が明るく、良い仕事が出来るようになりますよう、心から願います。

 

今日のまとめ

職場のギスギス感を解消!20代女子におすすめの会話術

・ 相手の良い面を思い浮かべてみましょう
・ 周りの他の人は相手をどう見ているのか観察してみる
・ 感情で相手を見ていないかをチェックする
・ 相手を変えようとしないで、自分の思いを変える
・ 礼儀をわきまえ、礼を尽くすということ
・ 程よい距離と積極的な明るい姿勢で受け流す
・ オトナ女子の体調と気持ちの揺れについて

 

美しくなって幸せに暮す唯一の方法

今すぐ、こっそり受け取ってください。

この記事を読んだあなたは最高にツイてる(^_-)-☆

 

職場のギスギス感を払拭したい!だったら、腸内環境を整えて体質改善を・・・

綺麗なオトナ女子になるプログラム。

便秘、肌荒れ、ほうれい線、女性特有の悩みもスッキリする「エンザイムで若返る方法」を始めてみませんか?
※ブログじゃ言えない・・・実体験を包み隠さず暴露中。最新の幹細胞コスメ情報もお届けしています。