憧れの上司を落としたい!今すぐできる職場での工夫5つ

憧れの上司を落としたい!今すぐできる職場での工夫5つ
あなたの職場にステキな上司はいますか?「クリスマスまでに上司を落としたい!」そう意気込んでいるアラサー女子のあなた!職場には、たくさんのチャンスがあるのに見落としていませんか?

それを見逃しているようでは、憧れの上司と付き合うのは難しいかもしれません。

そこで今回は、そんな女子必見!狙っている上司と親密になるために、“今すぐできる職場での工夫”を5つご紹介します。

憧れの上司を落としたい!今すぐできる職場での工夫5つ

 

やっぱり一生懸命仕事に打ち込む姿!


やっぱり一生懸命仕事に打ち込む姿!
上司が何を一番必要としているかというと、それは仕事の“デキ”です。
なぜなら、部下がミスって困るのは上司だからです。
確かにちょっとデキの悪い部下も可愛いかもしれませんが、それは一生懸命な姿があってこそだと言えます。
何事にも一生懸命に打ち込んでいる姿は素敵に見えますね。
ミスを他人のせいにしたり、ふてくされてばかりでは上司の目に良くは映らないでしょう。例えミスをしてとしても、それをしっかりと受け止める謙虚さと、取り返そうとする努力は大切だという事です。
自分の仕事だけしていればいいとか、時間までダラダラとしているようではいけません。

上司を落としたいのなら、テキパキと仕事をこなし、デキる女をアピールしてみてはいかがでしょうか?

 

悪口や噂話、愚痴を言わない。


悪口や噂話、愚痴を言わない。
女性といえば、おしゃべり大好き!
何人か集まると決まって出てしまうのが、誰かの悪口や噂話。
それと仕事などに対しての愚痴。
それがストレス発散になるのですが、悪口を言う女性を、男性はよく思わない事が多いようです。
女性が集まって、コソコソ、ヒソヒソと話している姿は傍から見て決して感じの良いものではありません。
もし、同じ職場の女性の悪口を言っていたとしたら、逆に上司はその子の味方をしてしまうでしょう。
しかも、自分もいないところでは、同じように悪口を言われているのではないかと思ってしまいますよね。
愚痴ばかりこぼしている女性も同じです。
上司の立場からすると仕事に対しては前向きな話を聞きたいと思っています。
たまに愚痴る程度なら良いかもしれませんが、会話が愚痴ばかりになってしまうのはやめたほうが良いでしょう。
プライベートでもそうなんだと思われてしまいます。
どんなに綺麗に着飾っていても心が醜いと判断されてしまうのではないでしょうか?

 

さり気ないボディタッチ!


さり気ないボディタッチ!
ボディタッチといっても、あからさまに触るのはセクハラです。
しかし、男性がドキっとする女性の仕草の中に、「さり気なくボディタッチ」をしてくれる事だそうです。
その中でも服についた糸くずなどをさり気なく取ってくれる女性には好感を持つという意見が多いようです。
他には、ちょっとドラマのようなシチュエーションですが、書類などを手渡す時などにそっと指先が触れてしまう事が男性の心をくすぐるようですね。
上司なので、べたべたと触るわけにはいきませんが。何かの拍子に軽く触れてしまったというのはよくあるシチュエーションです。
あくまでも“さり気なく”がポイントですよ!
上司を落としたいのなら、決してわざとらしくならないように気を付けましょう。

 

 

気配り上手


気配り上手
昔のように、「女子はお茶くみ」という時代ではありませんが、「お茶を入れましょうか?」などと一声かける気配りは欲しいものです。
手が空いた時に汚れているところをサッと掃除するのもいいですね。
そんな女性らしい一面に上司はドキッとするかもしれません。
そして、上司がたくさんの書類のコピーや整理をしているのを見かけたら、「私がやっておきます。」とか「お手伝いしましょうか?」などと声をかけるのも大切なポイントですね。もちろん、お目当ての上司だけにそうするのではなく、他の先輩や同僚にも気を配る事を忘れないようにしましょう。
そして、これから飲み会や食事会も増えてくる季節です。
そういう場こそ気配りを発揮するチャンスです。空いた皿をサッと片付けたり、食べ物をよそったり、グラスが空いていたら声をかけたり…。
そういう姿に上司からの好感度はアップするのではないでしょうか?

 

「ほう・れん・そう」を大切に!


「ほう・れん・そう」を大切に!
部下であるあなたは、上司に対して「報告・連絡・相談」は、できていますか?
これは、大切なことです。
上司になんの相談もなしに仕事を進めたりしていませんか?
常に、「ほう・れん・そう」を心がけましょう。
しかも、上司に接近するには一番の方法ではないでしょうか?
上司も頼られると嬉しいものです。
ただし、直属の上司でない場合は気をつけましょう。
直属の上司を飛び越えてその上の上司に相談してしまうと、嫌な思いをさせてしまいますし、その上の上司からも反感を買ってしまいます。
いずれにせよ「ほう・れん・そう」はデキる女の常識です。
仕事を進めていく上で大切な事だと言えるでしょう。

 

今日のまとめ

憧れの上司を落としたい!今すぐできる職場での工夫5つ

以上、“今すぐできる職場での工夫”を5つご紹介しましたが、いかがでしたか。上司を落としたいのなら、ちょっとしたところに目を配るだけで、あなたにもチャンスが訪れるかもしれません。

クリスマスまであとわずか!憧れの上司と聖なる夜を過ごすのも夢ではないはずです。ぜひ、明日から実践してみてはいかがでしょうか?

・ やっぱり一生懸命仕事に打ち込む姿!
・ 悪口や噂話、愚痴を言わない。
・ さり気ないボディタッチ!
・ 気配り上手。
・ 「ほう・れん・そう」を大切に!