潔癖症の上司が会社でやってる異常過ぎる迷惑な5つの行動

潔癖症の上司が会社でやってる異常過ぎる迷惑な5つの行動
清潔で綺麗好きな人は、男性からも女性からも好かれますよね。

清潔感があって、さわやかで素敵です。

しかし、それも度が過ぎると周りの人が迷惑してしまうこともあるんです。

あなたの周りにも、潔癖症な潔癖上司はいませんか?

潔癖症の上司が会社でやってる異常過ぎる迷惑な5つの行動

 

潔癖症って・・・


何事もそうですが、やりすぎはNGですよね。清潔にしておきたいという気持ちはわかります。でも、必要以上に清潔にすることは思わぬ病気を引き起こすことにも繋がるようです。

潔癖症というと、あまり深刻な感じがしませんが、実は「不潔恐怖症」とも呼ばれ、「強迫性障害」の一つなのです。潔癖症と聞けば、単なる綺麗好きというイメージですが、不潔恐怖症なんて言葉を聞くと、ちょっと恐ろしくなってしまいますよね。

つまり、周りのものすべてが「毒」だと思えてしまう一種の病気なんです。

坂上忍
潔癖症と言われる人は、芸能人の中にもいます。坂上忍さんや菜々緒さんなど、有名な人も多いです。確かに、潔癖症と言われている人は皆さんとても清潔感があり、きちんとしている印象がありますね。坂上さんにしても、菜々緒さんにしてもだらしない格好をしていたところを見たことがありません。

菜々緒
ただ、やはり行き過ぎてしまうと心配ですね。

私の周りにも、潔癖上司と言われている潔癖症の人がいます。その人は、自分だけならともかくいろいろな人に口を出すので嫌われています。

今日は、あなたの周りにもいるかもしれない、潔癖上司の行動についてみていきましょう。

 

常に机の上の整理をしていて気になる


常に机の上の整理をしていて気になる

一つ目は、「机の上を常に綺麗にしている」です。

私の上司は、会社に来るとすぐに机の上の整理を始めます。自分が帰ったあとに、机の上に置かれた書類などがちょっとでも散らかっているとその人を呼び出して注意したりします。置いてあるだけでも十分なのに、置き方で怒られるなんてたまったもんじゃないです。

それを見てから私は、上司が帰ってから書類を置いておくのは、自分が次の日休みのときだけにして、普段は上司が来てから渡すようにしました。そうすれば、そんな細かいことで注意されることを回避できますからね。

そして、しばらく机の上をちょこちょこと整理して、そのあと、除菌スプレーで机をふき上げます。これをやらないと一日がスタートしないようです。

そのスプレーの臭いに、近くの席の人はちょっと迷惑をしているとも知らないで…。

さらに、ペン立てや付箋の入っているボックスなどが置かれる場所が決まっているのです。少しでもズレているとイライラしています。ペン立てにも、ハサミを入れる場所、ボールペンを入れる場所などこと細かに決まっています。

黙って自分で直してくれればいいのですが、ちょっと借りるということもできないので、迷惑ですね。

 

ペンやスマホなど、人の持ち物を頑なに借りない


ペンやスマホなど、人の持ち物を頑なに借りない
その上司は、自分の持ち物を人に触れられることも嫌いますが、人の持ち物も頑なに借りません。

その上司にはじめて指導されるときの話です、私の席に来て、何かを書こうとしたとき、胸ポケットにボールペンが入っていないことに気づき、私がボールペンを差し出したのですが、上司はそれを拒否。自分の席に、わざわざボールペンを取りに戻って、メモを書いたのです。

私の持ち物がまるでバイキンのように思われた気がして、ちょっとショックでした。

周りの人にその話をしたら、誰もがそういうことをされているようで、私だけじゃなかったので少しホッとしましたが、ちょっと異常だなと感じました。

潔癖症の人にとっては、人が触ったものなんてバイキン以外のなにものでもないんですよね。ボールペンを使うくらい・・・と思いますが、上司にとってはそれが耐えられないことのようです。

こちらがいちいち気にしていては疲れてしまうので、サラっと流しておくのが一番の対処法ですね。

 

風邪をひいている社員に除菌を強要する


風邪をひいている社員に除菌を強要する
潔癖症の上司が一番嫌がるのが「風邪をひいている社員」です。とにかく、近くに寄ることを完全に拒否します。

その人が、マスクをしていても絶対に近寄りません。それは確かに、インフルエンザやノロウイルスの疑いがある人なら近づくのはやめよう~と思うのは当たり前ですが、

単なる風邪くらいなら、よっぽどのことがない限りマスクをしていたら空気感染もないでしょうし、そこまで神経質になることは通常ないですよね。

それよりも、上司ならむしろ気遣うくらいの態度をとってもいいものではないでしょうか?

それを、バイキンの塊のように接する・・・というのを目の当たりにして潔癖症の人の怖さを感じました。

そういう上司がいる人は、咳が出ているときはなるべく出社を控えるか、咳止めを飲んで対処する。そして、少し喉が痛いくらいならあまりそういう上司に伝えないほうがいいかもしれません。必要以上に避けられてしまうことは免れません。

体調を整えておくことは、社会人として当たり前のことではありますが、誰だって好きで風邪をひいたり、具合が悪くなったりしているわけではないので、そのあたりは、もう少し理解してもらえるといいのですが・・・。

 

 

飲み会の席で、潔癖症自慢をする


飲み会の席で、潔癖症自慢をする
実際に、潔癖症の上司がやっていることなのですが、飲み会の席で、潔癖症自慢をするのです。

その人は、潔癖症というよりも自分は「綺麗好き」だと思っているんですね。ご結婚はされていないのですが、家はとても綺麗で、常に片付いているということです。

そして、休みの日には徹底的に掃除をする。これが楽しみで仕方ないと言っていました。

さらに、聞いてもいないのに、「○○っていう除菌シートが最高」とか、「ホコリがたまるのが嫌だから極力部屋には何も置かないようにしている」とか、お酒を飲むと、必ず潔癖症である自分がいかに素晴らしいかということを自慢してきます。

潔癖症であることが、一種のステイタスだと思っているようなので、それは部下として聞いてあげないといけないのですが、毎回その話題になると、さすがに聞いている方も疲れてきてしまいます。

 

人の行動にも口を出してくる


人の行動にも口を出してくる
一番困るのは、人の行動に口を出してくる潔癖症の人ですね。自分の中だけでバイキンと戦ってくれればいいのですが、人の行動にまでそれを強要してくる人はちょっと困ります。

先日、私の友達が潔癖症の人に注意をされて困っていました。それは、ネイルの話だったそうです。彼女は、ネイルを綺麗にすることが大好きで、月に2回ネイルサロンに通って綺麗な爪をキープしています。

しかし、それが潔癖症の人には許せないらしいのです。爪の間にバイキンが入るとか、頭が綺麗に洗えないのではないかなどと色々聞かれたと言っていました。

例えばその人が彼氏なら、そんな風に言われたら考えるかもしれませんが、上司に言われてもただ迷惑としか思いませんよね。

潔癖症の人にとって、綺麗にしておくことが素晴らしいことのように、彼女にとってはネイルを綺麗にしておくことはとても大事なことなのです。

それは人それぞれですから、人にまで押し付けるのはおかしいですよね。

そんな迷惑な潔癖症の上司がいたら、無視するに限りますよ。

 

今日のまとめ

潔癖症の上司が会社でやってる異常過ぎる迷惑な5つの行動

いかがでしたか。坂上忍さんは休日には5回もお風呂に入ると言っていました。しかし、清潔に保ちすぎることはアレルギーの原因になることもあるので、ほどほどが一番です。

あなたの周りにも、潔癖症の上司はいませんか?

潔癖症の人と上手に付き合っていくにはちょっとコツがいるようですが、ときには受け流す技術を持っておくと、便利ですね。

・ 常に机の上の整理をしていて気になる
・ ペンやスマホなど、人の持ち物を頑なに借りない
・ 風邪をひいている社員に除菌を強要する
・ 飲み会の席で、潔癖症自慢をする
・ 人の行動にも口を出してくる