心の疲れを取る方法!仕事で溜まったストレスも解消できる?

心の疲れを取る方法!仕事で溜まったストレスも解消できる?
ストレスてんこ盛りの現代社会。仕事の疲れがとれないままになっていませんか?

すぐにイライラしたり、やる気がおきなかったり・・・そんなことはありませんか?

それは、もしかしたら”心の疲れ”かもしれません。できる上司に仕事の疲れだけでなく、「心の疲れ」のとり方も聞いてきましたので、心が風邪をひいてしまう前に試してみてくださいね。

心の疲れを取る方法!仕事で溜まったストレスも解消できる?

 

目を休ませる


人の情報収集能力は目からが80%、臭いや手ざわりなどから16%、耳から4%といわれるように私たちは目からは多くの情報を取り込んでいます。

ですから心の疲れを取りたいと思ったら目を閉じて情報をしゃだんしてリラックスすることを心がけてみるのも方法の1つなのです。

5分程度目を閉じただけでもかなりの気分転換リラックス効果があるので是非ためしてみてください。

同じように睡眠も目を休める効果がありますので心の疲れを感じたら睡眠時間には十分注意して、くれぐれも睡眠時間をへらさないようにしましょう。また、目は神経があつまっているところなので疲れてくると肩こりなど別のところにも影響をおよぼしかねません。

体の中で目だけが疲労(眼精疲労)という病気がある(手の疲労とか耳の疲労、鼻の疲労なんて聞いたことありませんよね。)ことでも目の影響がかなり強く疲労と深いつながりがあることがわかります。

さらに効果をアップさせるのが目の疲れをとるマッサージです。

目と鼻の付け根の部分を適度な力でおしたり、眼球を軽くおしてみる(清潔な手でおこなうことが重要です。)ことを一緒に目を閉じた5分間でおこなってみるとリフレッシュ効果が増すかもしれません。

特に仕事中は目を閉じるだけだと“寝ている”と勘違いされる可能性があるので一緒に行ってみてください。

 

早めに知る


体が疲れているときは、「最近忙しかった。」「重たい荷物を運んだ」など、だいたいその原因がはっきりしています。

でも心の疲れにははっきりした原因を感じない人も多いようです。心の疲れは自分に知られないところで溜まっていくということで溜まり続けるのかもしれません。

ですから自分の方から積極的に確認していくことが必要になります。簡単にチェックする方法としては、最近

・「どれくらい笑っているか」

・「楽しいと感じたことがあるか、楽しんでいるか」

・「悲しんだり泣いたりしたか」

・「ため息ばかりついていないか」

を自分に問いかけてチェックしてみましょう。心の疲れも病気と同じで早めにつかむことがスキッ!と解消させるために大切なことです。

また、心の疲れが仕事の忙しさや進み具合などが影響しているなど、原因がわかっているばあいは仕事のしかたや分量、時間の活用方法などを検討してみるといいかもしれません。

人は「仕事が忙しくで時間なんてつくれない」と感じているときほど考え違いをしているものです。

例えば、必要以上に仕事に対してチェックしている。とか頼まれたことは断れない。とか人に頼めない(人に任せるのは嫌だ)などと考えている人は仕事への考えや方法を少しかえるだけでかなり楽になってきます。

仕事に対して「忙しさを自分で作っていないか」問いかけてみましょう。

 

思い切って現実逃避


仕事仕事では心は休まるばかりか、すりへってしまいます。

現実をいったん“わきに”おいて楽しめることをしてみましょう。

漫画や映画などなんでもかまいません。あなたが現実を忘れて気分転換できるものに打ち込んでみましょう。

できれば今日の心の疲れは今日のうちに取りのぞくことがいいのですが難しい場合は、最低でも1週間に1度はこのような現実逃避できる時間をもちましょう。

その時に健康にも目を向けてみるのも方法の1つです。

日ごろ会社で、パソコンにむかって仕事をしているような方は活動的に動く日を作ると効果的です。

ジョギングでもウォーキングでもかまいませんので体を動かすようなものをしてみると良いでしょう。

逆に仕事で外を動きまわる方は読書などをして体を休めてみるのも良いかもしれません。

心の疲労がたまってくると健康面にも影響が出やすくなります。

健康に注意した気分転換が必要になります。

 

 

スキッ!とする食事をとる


食事は人を支えるのに必要なものです。

それは心の疲労をスキッ!と解消するうえでも重要なポイントになるのです。

なかでもビタミンCは、むしゃくしゃしているとたくさん失われてしまう栄養素です。

野菜や果物(レモン・グレープフルーツ・りんご、)に多く含まれているので積極的にとってみると良いでしょう。

また、昔から「疲れた時には梅干しを食べる」というのも疲労回復の基本です。

梅干しにはあの酸っぱいと感じる栄養素のクエン酸が多く含まれています。

クエン酸には筋肉の疲労をとるばかりか神経回路の回復や内臓の活発な動きをサポートする働きがあります。

また、タンパク質制限や糖質制限などかたよった制限をおこなっていると心の疲労をためやすくなってしまいます。

バランスを重視しながらタンパク質や糖分をとっていきましょう。

お肉なども脂肪分のすくないヒレやモモなどの赤身肉にすれば脂肪を気にせず食べられるかもしれません。

暴飲暴食とバランスに注意して食事をとることが心の疲労をためない一番良い方法かもしれません。

 

今日のまとめ

心の疲れを取る方法!仕事で溜まったストレスも解消できる?

いかがでしたか。心の疲労をためすぎてしまった方は自分ではなかなか解決する方法がみつけられないかもしれません。

今回、紹介した方法を試してみることも解決手段の1つですが、難しいようであれば専門医のアドバイスを聞いてみるのも良いかと思います。とにかくムリをしないことです。

・目を休ませる
・早めに知る
・思い切って現実逃避
・スキッ!とする食事をとる