上司に好かれる女性になる!誰でもできる好感度を上げる方法

上司に好かれる女性になる!誰でもできる好感度を上げる方法
モテる女の魅力って?アラサー女子の多くが「大人の女性が持つ魅力」にこだわっています。中には、美人ではないのにモテる女性、カッコイイわけではないけど上司に好かれる女性がいます。

実は、上司に好かれる女性は「ある魅力」を持っています。

誰にでも持つことができるものなのですが・・・何だと思いますか?

上司に好かれる女性になる!誰でもできる好感度を上げる方法

 

ふてくされた美人より笑顔の平均女子のほうがモテる


美人(美男子)は3日で飽きる・・・と、いいます。
飽きるかどうかは別として、一つ言えるのは小さなころから素晴らしくかわいかった子はまわりが勝手にチヤホヤしてくれるので、たいして労力を払わずとも人の関心をひくことができたでしょう。
逆に周囲が彼女の関心を引くために、やっきになって彼女のために行動することも多々あったのでは?
そんな環境に置かれたら・・・よほどの聖人君子でない限り、やってもらえることが当たり前と思うようになっても仕方がないです。
やってもらえることが当たり前だと、やってもらえないことが不満です。
不満があると笑えません。
目の前に四六時中、不満げな顔をした人がいる。
その人を笑顔にしようと思ったら、全身全霊でその人に尽くさねばならない・・・考えただけで、めんどくさくないですか?
ましてや、職場です。
なんで上司が部下の顔色をうかがって、気を使いながら仕事を進めなければならないのか?
些細なことに幸せを感じて、自らの力で笑顔になれる人。
地味で面倒な仕事を笑顔でこなしてくれる人。
たいして美人でなくっても、部下として可愛がりたいのは、こんな女性ではないでしょうか?

 

会話が下手な美人より会話上手な平均女子のほうが話しかけられる


会話が上手と言っても、色々多岐に渡る知識があり、それを交えて面白おかしく話ができる人のことを指しているのではありません。
むしろ、その逆!
「それって、なんですか?教えてください」
「へー、○○課長はいろんなことご存知なんですね」
こんな言葉が会話の中に入っている人と話すって、気持ちよくありませんか?
「あなたが話すその話題はいいから、それより聞いて。私の飼っている犬が昨日ね・・・で、こうなって、ああなって・・・私、もう大変!!」
そんなような、あまり興味を引かない、どちらかと言えばどっちでもいいあなたの話ばかりを聞かされるって、それは会話じゃないですものね。
「いくら美人でも、世界はお前中心に回っているわけじゃないぞ!人の話を聞け!」
上司の心の叫びが聞こえてきそうです。
それよりも、相手に興味を持って、適度な相槌や質問を交えて会話を進めてくれる女性の部下にはつい声をかけたくなりますよね。
会話美人を目指しましょう!

 

汚い言葉を使う美人よりきちんとした言葉で話す平均女子のほうが好感度大


職場で女性に求められるもの・・・もちろん、男女均等ですのでセクシャルな部分での要望はセクハラです。
しかし、私たち女子が目くじら立てずに女性であることを認めた上で考えると
やはり女性は「花」であるべきです。
職場という戦場で、男性同士の熾烈な戦いの中で共に戦ってくれる勇ましい女性兵士があなたであるわけですが、そこで「男性化」はしてほしくないわけです。
「・・・こんなこと、やってられねーよ」
みたいなお下劣な表現が会話に混ざると、まさしく美しく女装した男性であるわけで
ちょっとびっくり!
あなたの育ちそのものが疑われてしまいます。
きれいな言葉で話すだけで、その言葉の主までもが美人に見えてきます。
きれいな言葉を選びましょう!

 

 

気の利かない美人より気配り上手な平均女子のほうが興味を持たれる


気が利く、利かないの差はなんなのでしょう?
これは、視野の広さの差でしょうね。
全体を見ることのできる人。
その上で、人のために何か行動を起こす人。
自分の半径1mの視野しか持たない人は、気を利かせようにも気がつかないんですから。
今そこにある危機、しかも私の危機という限定でなら対応できるでしょうが、職場のみんなの問題には思いをはせることさえ難しいですよね。
気がつかないのですから。
どんなに美人でもこれでは興ざめです。
職場の女性同士でも「あの子、頭、悪いんじゃないの?」と、噂されかねません。
いつも全体を見て、気が利く女性でありましょう。

 

ネガティブな美人よりポジティブな平均女子のほうが可愛がられる


「そんなこと、やったって無駄ですよ。過去の実績で言っても、その方向性のプロジェクトで成功した例はありません」
「取引先のA課長には、時間を費やす意味がありません。そもそも、やる気がないんですから」
何をするにも、無駄、無理の連発で新しいことに手を出さない美人さん。
一生懸命やっているのに、否定的なアドバイスばかりでこちらの気分を萎えさせる
美人さん・・・
そんな女性と仕事をしたいでしょうか?
女性目線で考えても答えはNOです。
ましてや、最前線で戦う企業戦士たる上司は、もっといやでしょうね。
鋭い問題分析能力は、キャリア女子には必須です。
そこで、高いハードルが出てきても「無理、無駄」ではなく、「それでもうまくいく可能性はないのか?」と、ポジティブに考えて行動する女性を社会は応援してくれるのです。
たとえ失敗しても、その失敗をばねにして頑張る姿は、上司から見ると本当に育ててやりたい部下にうつるでしょう。
上司に好かれる女になりたいのなら、美貌よりも心をポジティブに磨いていきましょう。

 

今日のまとめ

上司に好かれる女性になる!誰でもできる好感度を上げる方法

いかがでしたか。女性も年齢を重ねて社会経験を積むと、最後に勝つのは「心美人」です。ものすごい美人の新入社員が入ってきても、怖さの反動でいじめることはありませんよ。心をブラッシュアップし続けるあなたにかなう敵ではないですから。

・ ふてくされた美人より笑顔の平均女子のほうがモテる
・ 会話が下手な美人より会話上手な平均女子のほうが話しかけられる
・ 汚い言葉を使う美人よりきちんとした言葉で話す平均女子のほうが好感度大
・ 気の利かない美人より気配り上手な平均女子のほうが興味を持たれる
・ ネガティブな美人よりポジティブな平均女子のほうが可愛がられる