上司に好かれる女性になりたい!素敵な笑顔が一番効果的?

上司に好かれる女性になりたい!素敵な笑顔が一番効果的?
「男のくだらない権力闘争」に少しでも理解を示してくれるような女性は上司に好かれるよね。

だって、上司は保育園児レベルの嫉妬や讒言、媚び、派閥、えこひいき、いじめが横行する組織の中で日々戦っているのですから。部下だけど女性のあなたには、そんなときの心の支えになってもらいたいもの。

いくつになっても男性は子供なんですよね。

ポストを奪い合うイス取りゲームを一人で戦う勇気なんてあるわけがございませんから(笑)

上司に好かれる女性になりたい!素敵な笑顔が一番効果的?

 

最強の武器を持っている


最強の武器を持っている
一般的に最強の武器は『女性の涙』かもしれませんが、ビジネスの世界ではウザがられるか引かれてしまうかであまり効果はないようです。それよりも最強なのが“笑顔”です。上司に好かれる女性には必ずと言っていいほど、「ステキな笑顔」という武器を持っています。

なぜ笑顔が最強なのかというと、笑顔は太古の昔から人を敵か味方かを見分けるツールだったからです。いくら現代社会が進んでいるからといっても人間の本能には絶対にかないません、笑。その人間の本能に効果がある武器を使わないのはモッタイナイですよね。

でも、笑顔は意外に難しいものです。自分が笑顔と感じても相手が笑顔と思ってくれなければ意味がありません。笑顔をつくる口角筋(こうかくきん)は人間の中で一番緊張に弱い筋肉です。うまく笑えているつもりでも上司を前にした緊張感から相手には愛想笑いにしかみえない可能性もあるので、ホームページなどを参考に口角筋マッサージや、ケアをしておくのもよりよい笑顔を手に入れる方法のひとつです。

笑う・・・たったのこれだけで、あなたの待遇がかわるかもしれません。ぜひ、試してみましょう。ちなみに、表情筋トレーニングの一環として、会社の人全員に笑顔であいさつする!というような取組み方のほうが手っ取り早く効果が表れるかもしれません。取り組みやすい方法でチャレンジしてみてくださいね。

 

言葉にクッションをそえている


言葉にクッションをそえている
「○○君、この仕事を急ぎでお願いします。」こんな感じで上司があなたに話してきたとします。あなたは他の仕事で手がいっぱいです。あなたは、なんと上司に答えますか?

「できません。」確かに“できない”のでそう伝えることは必要ですが、この様にストレートに伝えてしまっては、問題がありますよね。そこで、活用したいのが「クッション言葉」です。

「申し訳ありません。今ちょっと他の仕事があって・・・・」クッション言葉は、お願いしなければいけないときや断らなければいけないときにその言葉の前につけて、言いたいことを和らげるクッションの役目をする言葉のことです。

「課長、この書類お願いします」より「課長、すみませんがこの書類をお願いします」(すみませんが がクッション言葉)

クッション言葉は同時に相手への心づかいや、尊敬の気持ちも伝えてくれますので、言われた上司としても悪い気持ちはしません。基本的に上司は頼みやすい人が好きなのですが、断るときに配慮してくれる部下も同じくらい好きなのです。上司とはそういう生き物だ、ということを覚えておきましょう。(だけど、仕事を断ってばかりだと嫌がられますからね)

上司に好かれる女性はクッション言葉を上手に使いこなしていますよ。

 

 

聞かれたことを聞かれたこと以上に的確に答えている


聞かれたことを聞かれたこと以上に的確に答えている
上司と部下の仕事コミュニケーションで最も多いのが、指示・命令や報告(相談も含まれます)の受けこたえではないでしょうか。いくら上司に好印象でも、実際の仕事コミュニケーションでマイナスでは意味がありません。特に報告は要注意。

例えば、「○○さんに提出した資料、どうだって?」と上司に報告をもとめられたとします。「○○さんは資料をお渡しした時に、3日間出張という話をされていたので、まだ見てないと思うんですよね。」という感じで理由や背景を説明してしまう人がかなり多いと思います。しかし、まず上司が知りたいのは「提出した資料がどうなったか」ということです。まず結論から伝えていくように心がけると良いでしょう。

先ほどの返事では「まだ見られていないと思います。」が先の方がより上司受けします。また、先程の返事はすべて憶測ですので、最終的にいつ正確な情報をもとに上司に報告するのかを合わせて伝えてあげることが、聞かれたことを聞かれた以上に的確に答えることになります。

つまり、先程の答えに対するベストな返事は「まだ見られていないと思います。お渡しした時に3日間出張と話されていましたので。なので○日に私から電話をして確認してご報告します。」というのがデキる女の上司への対応となります。参考にしてくださいね。

 

セルフヒーリング能力が高い


セルフヒーリング能力が高い
上司が仕事上で“いいね”と感じる女性の多くは、「自分自身で気分転換が上手にできて、メンタルケアやメンタルコントロールがうまい。」という特徴があります。

何か失敗しても、ネガティブ思考にならずに自分で気がついてケアできる人です。そのためには自分の心と向きあって(毎日5分程度でもいい)、その日のことを振り返る癖をつけておくことです。簡単な日記をつけておくのも良いかもしれません。

そしてその日の失敗を次の日に引きずるのではなく、同じ失敗を繰り返さないためにこう行動しようという小さな目標を持つようにしてみることです。

現代ではいろんなストレスがあなたを待ちかまえています。それを乗り切るための方法をいくつも用意しておいて自分を精神的にケアし、【セルフヒーリング】できる女性のことが上司はとっても大好きなのです。

 

今日のまとめ

上司に好かれる女性になりたい!素敵な笑顔が一番効果的?

いかがでしたか。自分の行動を振り返るときの注意点としては、考え過ぎて「また、失敗してしまったら」とネガティブ思考にはまり込んでしてしまったり自信を無くしてしまわないことです。

もしそうなりそうになった場合は、趣味や軽い運動などで気分転換をするようにしましょう。考えに考えて最後はうつになってしまって仕事ができない。というのであれば上司に好かれる女性になる以前の問題になってしまいます。

その意味ではメンタル面に対してのバランス感覚が重要になるかもしれません。

・最強の武器を持っている
・言葉にクッションをそえている
・聞かれたことを聞かれたこと以上に的確に答えている
・セルフヒーリング能力が高い