話し方で損してる?得する5つの伝え方、コツ

話し方で損してる?得する5つの伝え方、コツ
「わかってもらえない」「なぜか誤解されてしまう…」だからって、相手に自分の考えが伝わらないことを諦めてしまっていませんか?

せっかく伝えたい『想い』があるのなら、きちんと伝わるような話し方をしてみませんか?自分の考えを上手く相手に伝えることができれば、物事が円滑に進みはじめ、さらに、自分を理解してくれる人たちに囲まれて、充実した毎日を送る事ができるようになります。

そこで、今回は伝えることを諦めかけたあなたにだけ、究極の話し方、得する伝え方のポイントをお伝えします。この話し方をマスターしたら、あなたの想いは間違いなく相手に届きますから。ぜひ、話し方を身に付けて下さい。

話し方で損してる?得する5つの伝え方、コツ

 

『何のため?』を考える


『何のため?』を考える
伝える為には『言葉』を使いますが、その時、どんな言葉を使えばいいのか、悩んでしまう事も少なくないですよね。

でも、よくよく考えてみると、一生懸命努力して、アナウンサーのようなハキハキと明るく丁寧な話し方を身につけても、自分の言いたいことを正しく相手に伝えることができるかというと、そうではないような気がします。

どんな気持ちを伝えたいのか、気持ちを伝えることによって相手をどんな気持ちにさせたいのか。言葉を選んで話しているうちに、「あれ?何が言いたかったんだっけ?」となってしまっては元も子もありません。

「彼が好き!!彼にも自分を好きになってもらって、結婚したい!!」

「部下の失敗が許せない。でも、なんとかやる気を出させて、成長させたい!!」

○○に対してどう想っていて、どうしたいか。当たり前の事ですが、感情的に話していると意外と見失いがちです。言葉を選びすぎて、わからなくなってしまう前に自分の気持ちをしっかり確認しましょう。

大事な事は意外とストレートに言った方が伝わる事も多いのかもしれませんね。

 

聞く気持ちにさせる


聞く気持ちにさせる
話をする際に、それがどんなに素晴らしい内容であっても相手に聞く気がなければ意味がありません。それでは、相手を聞く気持ちにさせるには一体どうしたらいいのでしょうか?

まず、話の切り出し方です。

特に、話をするのが忙しく、時間がなかなかとれない相手である場合、質問がしたいのか、相談がしたいのか、相手に何をしてもらいたいのかを先に伝えないと時間ばかりかかって話が散漫になってしまいます。

「恐れ入りますが、○○の件で質問したいのですが、5分程お時間頂けますか?」

という具合に、『質問』『相談』『提案』『報告』『確認』と話のカテゴリをしっかりと分けておくこと、時間を明確にしておくと、自分も話を切り出しやすいし、相手にも伝わりやすくなります。

そして、逆に相手の切り出した話を自分が受ける事になった場合、部下からの相談や、お客様からの質問やクレームなど、もし、自分が聞く気にならないような内容であっても、相手の話を遮ったり、否定するようなことを言ってはいけません。

相手の気持ちを一度は受け止めたうえで、こちらから言葉を返すこと。聞きもしないうちに反論してしまっては、相手も自分の話を聞く気にはなってくれませんよね。

 

30秒で話す訓練をする


30秒で話す訓練をする
どんなに素晴らしい内容、聞きやすい話し方を持っていても、相手がよほど自分に興味を持って話を聞きに来ている人でない限り、長い話は伝わりません。

会話をしている場合、自分ばかりが長々と話しているようでは相手は疲れてしまいますし、相手が忙しく時間のない相手の場合、時間をとってもらうまでにチャンスを逃してしまう可能性もありますよね。

30秒というと、だいたい200文字~250文字程度が目安になるそうです。

どうしても話が長くなってしまうという人は、あらかじめ、話す内容を書き出してみたり、うまく話せなかった内容を振り返って書き出してみるのもいいかもしれませんね。

 

 

言い訳はしない


何か、失敗をしてしまった時。失敗を口に出すのは非常に辛く、つい失敗に理由をつけてしまいがちです。

例えば、遅刻をした時。

「道が混み合っていて、急いできたのですがどうしても間に合いませんでした。すみません。」

自分としては一生懸命急いできた事をアピールしたいのかもしれませんが、相手側にとっては遅れた事実は変わらないし、信用を取り戻すどころか、「だったら時間に余裕を持ってくればいいじゃないか」と、責められる項目を増やしてしまうかもしれません。

まずは素直に謝りましょう。一生懸命に謝罪する人に向かって、不信感を持つ人はそう多くありません。「どうしてそんなことになったのか?」という理由は、相手から求められてから初めて話せばよいのです。

言い訳は、相手にとって不必要な情報であることがほとんどです。相手にとって、必要な情報か、自分にとっての都合のよいだけの話になっていないか、しっかり見極めて発言を心がけましょう。

 

最後は笑顔で締めくくる


最後は笑顔で締めくくる
「伝わらない、でもどうにかして伝えたい」と悩んでいる時点で、どうにかしたいという前向きな気持ちがあなたの中にあると思います。

どんなに考え抜いた言葉でもうまく伝わらなかったときに、前向きな表情を相手に見せる事ができれば、言葉で足りない部分も相手に伝える事ができるのではないでしょうか。

また、それだけではなく、自分がつい感情的に言葉を発してしまった時に、感情を切り替える為のスイッチにもなりますよね。

つい、悪意のある言葉を使ってしまったとしても一息ついて、「すいません。ちょっと、感情的になりました」とか、「次は頑張ります」とか、言葉を正す事もできるかもしれません。

大切なのは、うまく言葉を発することではなく、気持ちを伝える事です。

 

今日のまとめ

話し方で損してる?得する5つの伝え方、コツ

あなたの周りに人が集まってくるはず

いかがでしたか。一度では上手くいかなくても、諦めずチャレンジすれば、次第にあなたの周りに人が集まってくるはずです。

・『何のため?』を考える
・聞く気持ちにさせる
・30秒で話す訓練をする
・言い訳はしない
・最後は笑顔で締めくくる