転職面接で気をつけたいこと!自己アピールの仕方ベスト3

転職面接で気をつけたいこと!自己アピールの仕方ベスト3
転職面接の時、いったいどんな自己紹介をしますか?

新卒採用とは違って、普通の自己紹介で良いわけがございません。自分の印象をいかにして面接官に残していくのか,が合否の鍵を握っています。

だから、自己アピールの仕方を少しだけ工夫してみませんか?

転職面接で気をつけたいこと!自己アピールの仕方ベスト3

 

偏見を味方につける


より良い転職をするには転職面接時に2つのハードルがあることを認識しておきましょう。その2つのハードルについてシッカリ対策を行わないと、自分の望むような転職はできません。

その一つ目のハードルが、転職者に対して採用担当者が持つ共通のイメージです。偏見と言い換えてもいいでしょう。特に、育児や転職先の選定などで離職期間(ブランクとも言います)が長くなってしまった人にはこの偏見がついて回ります。

その主な偏見は

・どこの会社にも採用してもらえない人なのかも?
・ブランクがあるのでスキル(職業経験みたいなもの)が不足しているのでは?
・社会人(会社)生活から離れているのでビジネスマナーがなっていないのでは?

というもので「年齢にくらべ幼いのではないか」ということが全体を通してのキーポイントになります。

この偏見を前に、気分をこわしたり、気落ちしては意味がありません。

これは、過去の転職者があなたに残してくれたプレゼントだと考えるようにしましょう。実際、この偏見を裏切れば「この人、なかなかやるじゃない!?他の転職希望者と全然違う!」というプラスの認識を採用者に与えることができて、よりスムーズに次のハードルへと進むことがでるのですから。

偏見をいい方向に裏切るために最も重要なのがビジネスマナーです。

服装を含め、入退室のしかたや相手の話は頷きながら聞く。

返事や笑顔など基本ビジネスマナーを改めて確認しておきましょう。

 

あなたと面接担当者のギャップに気付く


転職する方の中には、自分がむかし経験したことのある新卒時の就職面接か、バイト面接のつづきとしてしか、転職面接をイメージできていない方がいらっしゃいます。

そんな気持ちで面接を受けてしまうと面接の会話にもマイナスポイントである“幼さ”がでてしまうので面接はうまくいかない可能性が高くなってしまいます。

あなたにとっては就職(新卒採用のイメージ)でも、採用担当者にとって転職者は人員補充なのです。

この両方のギャップに気がつかなくてはいけません。

花屋に例えると就職(新卒就職)は育てることを考えて種を買うことに似ています。

ですから、育つための意気込みや熱意を採用担当者は重要ポイントとして見ます。

対して、人員補充は花屋に例えると、鉢植えの咲いた花を買うようなものです。

採用担当者は育てるのではなく、すぐに仕事ができるかということをポイントに採用を考えるのです。(すぐに仕事ができないのなら、新卒の方を雇います。その方が給与も安いですし・・・。)

そこで参考になるのが、過去の仕事の経験です。もちろん、仕事に対する意気込みや熱意をアピールすることは必要ですが、今までの仕事について質問されると、うけ答えがシドロモドロになってしまうのでは面接担当者の信頼を得られません。

特に、今までに経験したことのない仕事に転職したい方は、今までの仕事でやってきた経験をよく確認して、新しい仕事との共通点をつかんでおくことが重要です。

この辺りを、「社会人としての経験があり新卒とは違います。」という言葉でごまかそうとする方いらっしゃいますが、そのような方に限って「その経験とは?」と聞かれると答えられない方が大半です。

事例紹介

ある研究機関で研究助手をしていた方(女性)が一般の事務職に転職しようと考えていました。

もちろん一般事務職の経験はありません。彼女は、今までの仕事を確認して一般事務職に利用できそうな経験がないか探しました。

思いついたのがパソコンでの資料作成が速かったことと、データをよりよく見せるためのデザイン力、いろんな分析のしかたを経験したことです。

そして彼女は、
事務職の経験はありませんが、感じのいいデザインの資料を早く作成することができるのと、いろんなデータを分析することは前の仕事で経験しています。
と話して、その企業が顧客データをいろんな角度で分析したいという思いもあって一般事務職でその会社に入社しました。

この成功事例は、自分の前の仕事での経験を振り返り新しい仕事に利用できそうな経験を考えなければ生まれなかったのです。

 

 

過去の仕事のネガティブ面を引きずらない


転職したいという思いは、今までの仕事から何かをリセットしたいという気持ちから生まれる場合があります。

より良い転職を希望するとき、その気持ちをネガティブにとらえて引きずっていてはいけません。

その気持ちは必ず面接の時に会話やしぐさ・表情に表れてしまいます。

例えば、あなたが前の仕事先で仕事を教えてもらえなかった。と感じているとしましょう。

そうすると、質問をうながされたときに「仕事は教えてもらえるのでしょうか?」と聞いてしまったり、今までやってきた仕事で、自分のきらいな仕事がよくまわっていた。

ということで「今度の仕事では自分のやりたい仕事がしたいんです。」などと言ってしまうと、あなたの気持ちをよく理解していない面接担当者の人は「仕事は自分で覚えていくものなのに・・・。」とか「好きな仕事ばかりできるわけないだろ。

当たり前じゃん、そんなの。」

という気持ちを持ってしまいかねません。

また、言葉だけ聞いていると、駄々をこねている子供の用にしか聞こえませんので“幼さ”

というバットワードを面接担当者に連想させてしまいます。

もしこのような事を話さなければいけないときは、そう考える事情を話すようにすることですが、なるべくならポジティブに整理しておいて

「より良く教えてもらえるように積極的に自分から行動してみよう」

「きらいな仕事を得意にするには、きらいな仕事をはやく終わらせるには」などポジティブにとらえる工夫をしておきましょう。

 

今日のまとめ

転職面接で気をつけたいこと!自己アピールの仕方ベスト3

1.「偏見を味方につける」
2.「あなたと面接担当者のギャップに気付く」
3.「過去の仕事のネガティブ面を引きずらない」