転職に踏み切れない時こそ確かめたい踏み切るタイミング7つ

転職に踏み切れない時こそ確かめたい踏み切るタイミング7つ
転職しようかな。毎日会社に行くのがイヤになってきた、もう辞めちゃいたい…でも今さら仕事探しは難しいし、転職にはなかなか踏み切れない。

転職ばかりしてる人もいれば、転職したくてもいまいち踏み切れない、そんな思いを抱えながら働いている人もいます。このまま今の会社で頑張るのか、思い切って転職するのか、本当に自分にとって良い選択はどちらなのでしょうか?

そこで今回は、転職すべきかどうか、悩んでいる時に、一度立ち止まって考えてみて欲しい7つのチェック項目をお伝えします。これらの転職サインにたくさん当てはまったのなら、あなたは今「転職」に踏み切るタイミングなのかもしれませんね。

転職に踏み切れない時こそ確かめたい踏み切るタイミング7つ

 

いくらやっても成果が出ないなら転職もありかも


いくらやっても成果が出ないなら転職もありかも

同期や年齢の近い同僚と比較して、仕事の成果が全然出ていないとしたら、それは、その仕事があなたに合っていないのかもしれません。

優秀な同僚の真似をしてみても、上司に相談してみても成果につながらず、苦痛だけが続くようであれば、頑張って続けていても辛いだけです。いくら頑張っても、指摘されたことを改善しても、常にネガティブなフィードバックがされるようなら、それは根本的に合ってっていない仕事なのでしょう。

やるだけのことはやったけどダメだ、と思えたら、自分の力を活かせる職場を探してみるのも良いかもしれません。

 

仕事への不満が消せない!そんな時は転職を


仕事への不満が消せない!そんな時は転職を

もっと難易度の滝仕事に挑戦してキャリアを積んでいきたいのに、いつまでたっても同じ仕事だけをやらされていたり、今の仕事が自分に合わず、他の部署にやりたい仕事があるのに移動がかなわない…ということもあるでしょう。今の会社では絶対に出来ない、新たなやりたい仕事が出てくることだってあるでしょう。

明確にやりたい仕事があって、その実現が今の会社では難しいという場合、転職して新たなチャレンジをするのも良いでしょう。やりたい仕事が出来てキャリアアップにつながる可能性も十分あります。

 

収入面の不満は転職するしかないかも


収入面の不満は転職するしかないかも

やりがいやスキルアップも大切ですが、生活していくためにはやっぱりお金が必要です。あなたの仕事量や能力に見合ったお給料がもらえていないと感じたら、同業他社の情報を集めて転職準備を進めてみてはいかがでしょう。

また、残業代を適切に支払わない会社もあります。サービス残業は程度の差こそあれ、多くの企業に存在する問題点ではありますが、あまりにも悪質だと感じる場合には、その会社には見切りをつけた方が良いかもしれません。

 

会社の先行きに不安があるなら転職してもいいかも


会社の先行きに不安があるなら転職してもいいかも

どれだけあなたが優秀でも、成果を上げていても、会社の経営がうまくいっていなければ、給料も上がらないしボーナスも出ません。それどころか、リストラや倒産なんてことになったら路頭に迷ってしまいます。

「この会社危ないかも…」と感じたら、次の職場を探し始めた方がいいかもしれません。

 

 

休めない会社・・・今すぐ転職を


休めない会社・・・今すぐ転職を

度重なる長時間残業や休日出勤、有給休暇も取得させてもらえないような会社は要注意です。

季節的な繁忙期だけの忙しさというならまだしも、そうしたハードワークが日常化しているような会社で働き続けていたら、体やメンタルを壊してしまいます。そうなってからでは遅いのです。

明らかにオーバーワークで、体調に影響しそうだと感じたら、まずは上司に業務量の調整をお願いしてみましょう。

それが聞き入れられないようならば、その会社はいわゆる「ブラック企業」ということなのかもしれません。ブラック企業からは1日でも早く抜け出した方があなたのためです。体を壊す前に会社を辞めることを考えましょう。

 

1日が長い、仕事の愚痴ばかり


1日が長い、仕事の愚痴ばかり

「これが嫌だ」という決定的な理由があるわけでもない、ものすごく嫌な人がいるわけでもない、残業がすごく多いわけでもないし、お給料もまあ平均的。

仕事を辞める決定打があるわけではないのだけれど、今の仕事へのモチベーションが上がらない…という人、いませんか?

会社にいる時間がすごく長く感じて、1日に何度も時計を見ていたり、友人と仕事の話になったときは愚痴しか出てこなかったり…。なんだかモヤモヤしているようなら、転職を真剣に具体的に考えてみて「仕事探し」をしてみてはいかがでしょう。

真剣に考えてみることで、自分の本当にやりたかった仕事が見えてくるかもしれませんし、今の仕事に新たなモチベーションを発見できることだってありますよ。

 

人間関係がうまくいかない時は転職して環境を変えてみる!?


人間関係がうまくいかない時は転職して環境を変えてみる!?

会社がつらくなる一番の原因は「人間関係」です。

逆に人間関係さえ良好ならば、嫌な仕事や多少の忙しさ、待遇の不満は目をつぶれてしまうものです。上司や同僚とどうしても反りが合わなかったり、セクハラやパワハラまがいの嫌がらせをうけたり、人間関係のトラブルは本当につらいものですよね。

人間関係の悩みって、そう簡単には解決しません。相手があることですから、あなた一人の力ではどうにもできない場合も多いです。

あなたの力になって助けてくれる人がいれば、まだ救いもありますが、味方になってくれる人がいなかったり、それでも解決しないようなら、今の職場でガマンし続ける必要もないのではないでしょうか。

配置転換で解決することもありますし、それが難しいようなら転職をして、人間関係をリセットして新しい環境では楽ことも考えましょう。

 

渡辺 裕一さんが書いている

「知らないから落ちる面接の4点減点法」で転職に成功した人がたくさんいるみたい。

もし、ホントに転職を有利に進められる面接テクニックが存在するのなら、今すぐ知っておきたいですよね。

この面接テクニックは身に付けておいて損はない、と人事部長が言ってけど…。
実際に転職面接を受けた人の体験談を見る

この記事を読んだあなたは最高にツイてる(^_-)-☆

 

今日のまとめ

転職に踏み切れない時こそ確かめたい踏み切るタイミング7つ

いかがでしたか。あなたはいくつ当てはまりましたか?一旦会社を辞めてしまうと、そう簡単に元の職場には戻れないですし、勇気のいる決断です。

今回お伝えしたチェック項目を参考に、冷静に考えて、あなたらしくイキイキと働ける道を選んでくださいね。

「まずは自分が変わらないと、転職しても状況は好転しません。前向きな転職なら成功します。けど、後ろ向きな転職なら、一旦保留しましょうね。まずは自分磨きから始めましょう!」

・ いくらやっても成果が出ないなら転職もありかも
・ 仕事への不満が消せない!そんな時は転職を
・ 収入面の不満は転職するしかないかも
・ 会社の先行きに不安があるなら転職してもいいかも
・ 休めない会社・・・今すぐ転職を
・ 1日が長い、仕事の愚痴ばかり
・ 人間関係がうまくいかない時は転職して環境を変えてみる!?