カラオケで上司ウケする90年代の名曲を選曲して盛り上げる方法

カラオケで上司ウケする90年代の名曲を選曲して盛り上げる方法
歓送迎会の二次会でカラオケに行ったんです・・・上司が意外と歌がうまくて、思わずキュンとしちゃいました。しかも、選曲のセンスが抜群で、90年代の名曲ばかり!

宇多田ヒカルの「Automatic」、Mr.Childrenの「Tomorrow never knows」、スピッツの「ロビンソン」、Every Little Thingの「Time goes by…」などなど。当時のヒット曲ばかり。定番といえば定番ですが、女性ボーカルでもオッケーなところが超素敵でした。

ほかにも篠原涼子やTRF、globe、華原朋美、安室奈美恵など・・・ものすごいレパートリー。これで普段の仕事もできたら、文句なしの課長なんだけどな(笑)

カラオケに行っても、上司の歌う歌がわからなかったら楽しくないし、カラオケなのに気分が乗らないとノリの悪い部下になってしまいかねません。

そこで、上司がよく歌う歌を歌手別ランキング形式でお伝えしますので、きちんと予習しておきましょうね。

カラオケで上司ウケする90年代の名曲を選曲して盛り上げる方法

 

5位 米米CLUB


浪漫飛行

米米CLUBは90年代の代表といっても過言ではありませんね!
全盛期は80年代後半から90年代前半です。
ヒット曲は数えきれないほどありますが、中でも有名なのは1992年「君がいるだけで」や1990年「浪漫飛行」などですね!
どちらの曲も、親しみやすいメロディが人気の曲です。
2006年に再結成されてから、再び話題にあがったアーティストでもあります。

 

4位 スピッツ


ロビンソン

1991年にメジャーデビューしたスピッツは、90年代に数々のヒット曲を発表しています。
空も飛べるはず」は1994年に発売され、今では誰もが知っている名曲になりましたが、発売当時の売り上げ枚数は7万枚程度だったそうです。
1996年にドラマの主題歌に起用されてから、大ヒットを記録しました。
スピッツの最初の大ヒット曲は「ロビンソン」です。
1995年に発売されたこの曲は、オリコンチャート初登場TOP10入りし、その後もロングセラーを記録、総売り上げ枚数は162万枚の大ヒットとなりました。
そのほかにも、「チェリー」や「渚」など様々な名曲を残しています。
メロディはもちろんのこと、歌詞までも心に響く曲が多いですね。

 

3位 SMAP


夜空ノムコウ

90年代のアイドルとしては、今も名を残す数少ないグループです。
1991年にデビューしてから、名曲やヒット曲を次々と発表しています。
特に90年代後半に人気の合ったアーティストで、「青いイナズマ」や「SHAKE」ではオリコン1位を獲得し、「夜空ノムコウ」ではミリオンヒットを達成しました。
SMAPといえば、年配の方から若手の後輩たちまでみんな盛り上がれる曲なので、リサーチしておいて損はないですよ!
みんなで盛り上がる曲として、上司が歌うのを盛り上げることも、自分が歌って盛り上げることもできますね!

 

2位 槇原敬之


どんなときも。

80年代後半にデビューしてから、今でもヒット曲を連発しているマッキー。
どんなときも。」「冬が始まるよ」「もう恋なんてしない」は90年代の大ヒット曲です。
槇原敬之の曲は、カラオケでもランキング上位にあがってくることが多いほど、広い世代に支持されるアーティストだと思います。
上司とのカラオケの対策にリサーチし始めても、いつのまにかマッキーの魅力に夢中になってしまうかもしれません。
若い人のファンもたくさんいるんですから、当然かもしれませんね!

 

1位 Mr.Children


イノセントワールド

ミスチルはやっぱり王道です。
今でもニューシングルが発売されたら高確率でオリコンチャートにあがってきます。
特に90年代に発売された曲は名曲が多いんです!
1992年にデビューしてから「innocent world」や「Tomorrow never knows」でオリコンチャート1位を獲得し、「名もなき詩」ではミリオンヒットも達成していて、瞬く間に人気アーティストにのぼりつめました。
上司世代から新人までファンはたくさんいます。
男性からだけでなく、女性からの支持が厚いのも人気の秘密かもしれませんね。
ミスチルは曲や歌詞はもちろんですが、ボーカルの桜井和寿の声がとっても魅力的なんですよね。
ハスキーな声の持ち主に、ミスチルをチョイスされると、キュンとすること間違いなしです。

 

 

番外編として、女性ボーカルの曲もご紹介!

安室奈美恵「CAN YOU CELEBRATE?」


CAN YOU CELEBRATE ?

1997年にリリースされたこの曲は、今でも結婚式の定番ソングとして親しまれています。
みんなが知っている定番ソングとしてカラオケでも人気があるんですよ。
バラードなので、音程をとるのが少し難しいですね。
男性でこの曲を歌えたら、きっと歌がうまい人なんだと思います。

 

ZARD「負けないで」


負けないで

超有名な曲ですよね!
音楽の教科書でみかけたり、合唱コンクールなどで歌われたりすることから、10代の若い人たちまで知っている曲になっています。
ZARDの曲は歌いやすいリズムで、特に歌詞がいいので、歌詞が文字で見られるカラオケではおすすめかもしれません。
このほかにもたくさんの名曲があります。

 

PUFFY「アジアの純真」


アジアの純真

1996年に発表したPUFFYのデビュー曲です。
ノリのいいリズムが、カラオケでも人気ですよ!
みんなで歌っても楽しい曲なので、カラオケにはおすすめです。
このほかにも、PUFFYはノリが良くて楽しい曲をたくさん発表していますので、上司とのカラオケで女性が歌う曲としてもおすすめできます。

 

今日のまとめ

カラオケで上司ウケする90年代の名曲を選曲して盛り上げる方法

いかがでしたか。カラオケが苦手な人なんかは特に「上司とカラオケ」なんて緊張してしまいますよね。
でも大丈夫です。
上司の好きなアーティストや、年代に合わせてどんな歌か知ってさえいれば、気負う必要は全くありません。
なんせ、歓送迎会の二次会ということは、お酒が入っているんですから、ノリよく合わせていれば好感度も上がりますよ!

・ 米米CLUB 「君がいるだけで」
・ スピッツ 「ロビンソン」
・ SMAP 「夜空ノムコウ」
・ 槇原敬之 「どんなときも」
・ Mr.Children 「Tomorrow never knows」
・ 安室奈美恵 「CAN YOU CELEBRATE?」
・ ZARD 「負けないで」
・ PUFFY 「アジアの純真」