レディーススーツのインナー!夏のおしゃれな着こなしコーデのヒント5つ

レディーススーツのインナー!夏のおしゃれな着こなしコーデのヒント5つ
男ウケするのは受付嬢のように清潔感のあるスーツを着こなすこと。でも、リクルートスーツみたいなこなれてない着こなしはしたくない。

レディーススーツのコーデのポイントはインナーだけど、インナーにはどんなシャツを着たらおシャレになるの?

今回は夏のレディーススーツのおしゃれな着こなしコーデのヒントをお伝えします。

レディーススーツのインナー!夏のおしゃれな着こなしコーデのヒント5つ

 

まず、ジャストフィットするレディーススーツ選びから!


まず、ジャストフィットするレディーススーツ選びから!
レディーススーツにも季節感があり、同じセットアップでも春夏と秋冬では質感や雰囲気が変わります。春夏のレディーススーツでは、スーツの定番色の黒・紺・グレー・ベージュでも、秋冬スーツよりも明るい色調のものを選んで、颯爽としたさわやかさを演出するのが◎。

シャープな印象のストライプ柄のスーツも一着そろえておくと、シンプルなインナーを合わせるだけで引き締まったコーデが完成します。単色レディーススーツのコーデにストライプ柄をうまく取り入れると、着こなしのいいアクセントになってくれますよ。

スーツのジャケットはサイズが大きすぎても小さすぎても決まらず、だらしない着こなしになってしまいます。お店できちんと試着してあなたの体形にジャストフィットするスーツを選びましょう。

そして、スーツの着こなしで一番大切なのが、スーツの肩幅があなたに合っているかどうか。肩幅が合っていないと背中にシワができてとても残念な姿になってしまいます。ジャケットのボタンを留めた時のボタン周りのシワ、腰のくびれ、胸元、脇のシワなども、試着でしっかりチェックしておきましょう。サイズの合わないスーツを着続けると型崩れにつながり、スーツの寿命も短くなりますよ。

サイズの合ったレディーススーツこそが、あなたを一番美しく見せてくれて長く付き合えるベストアイテムなのです。さあ、これでレディーススーツのおしゃれな着こなしのための準備は万端です!

 

レディーススーツのインナーのテッパンアイテム、「白」を徹底活用してみよう!


レディーススーツのインナーのテッパンアイテム、「白」を徹底活用してみよう!
レディーススーツのインナーとして世代を超えて好印象No.1なのが白のインナーです。白は明るくて清潔感があるため、ジャケットやボトムのカラーを選ばずに合わせられる最強カラーのインナーです。でも、誰もがレディーススーツに使うインナーカラーで、ちょっとコーデが画一的になりがちなことも。

そんな、白のインナーにちょっと物足りなさを感じているあなたに、提案です。シンプルな白のインナーといっても、素材やデザインで表情はガラッと変わり、思った以上に変化のある飽きの来ないコーデが楽しめるんです。

ワイシャツなら襟の形が丸襟か角襟か、マオカラーかで。ブラウスでもボウタイやリボン、フリルやギャザーやドレープで、フェミニンからマニッシュまでその印象は変幻自在です。

白のインナーの素材は綿やポリエステル、絹、レーヨン、羊毛などがあり、素材によって質感や光沢が違います。だから同じ白のインナーでも、マット感のあるかっちりした着こなしからツヤ感のあるフェミニンで華やかな着こなしまで、シーンに合わせたいろいろな演出ができるのです。

白のインナーなんて代わり映えしない・・・と敬遠気味のあなた!白ってレディーススーツの女性の顔映りを良くして、美しく見せてくれるカラーなんですよ。今まで挑戦してなかったテイストの白のインナーも取り入れてコーデの味方にしてみませんか?

 

白の反対は黒、レディーススーツのインナーにブラックはどうなの?


白の反対は黒、レディーススーツのインナーにブラックはどうなの?
一般にレディーススーツやジャケットの上着とインナーとの配色のルールは、「インナーの色はアウターよりも明るく」が基本です。なので、黒・紺・グレー・ベージュなどのアウターにブラックインナーはルール違反のような気もします。でも、ブラックカラーのインナーは就職面接の場でもNGとされないカラーです。

だから、ブラックインナー着てみたいけど、外してしまわないか心配・・・だったら、思い切って着ちゃいましょう!ブラックインナーでコーデする時のポイントは、レディーススーツのインナーとアウターの基本ルールをそのまま逆にしてしまうことです。

ブラックインナーに淡い色調のアウターを持ってくるのです。すると、いつものレディーススーツの基本のコーデが逆になるので、スパイスの効いたモード感のある大人びた着こなしに早変わりです。

ブラックインナーでコーディネイトすると、基本のスーツスタイルの落ち着きと上品さよりも、クールさやモード感が前面に出てくるので、フォーマル感を周囲から期待される場にはふさわしくない場合もあります。

外しちゃいけないかしこまった場に出席する時には、ブラックインナーOKかあらかじめドレスコードを確認しておいた方がいいですね。

 

 

脱!リクルートスーツ、アラサー女性の女っぷりを上げるレディーススーツとは?


脱!リクルートスーツ、アラサー女性の女っぷりを上げるレディーススーツとは?
アラサー女性としては、スーツ姿も板についてきているので、新人社員のリクルートスーツのように見える着こなしは避けたいもの。では、その対策をしてみましょうね。

リクルートスーツの大道は2つボタンのテーラードジャケットにタイトスカートの組み合わせです。ここから脱出するために、ジャケットはシングルボタンのテーラードジャケットにします。ワンボタンの強みであるボタン開きでも決まるスタイルにしておくのです。

ジャケットのVゾーンの開き止まりはウエストから5cmくらいの位置で、ラペルは広くも狭くもないもの。ポリエステル混素材やジャージー素材だと、とろみ感が出て体の動きにもスーツが自然についてくるので、こなれ感のある上級な着こなしができます。

ジャケットオープンとクローズで見せるインナーの表情も随分と変わります。オープンの時はスカーフやアクセサリーでレディースジャケットのVゾーンの印象はいくらでも変えられるので、このあたりの着回し力の強さも押さえておいてほしいところです。

 

アラサー女性のイメージにピッタリの上級レディーススーツの着こなしは?


アラサー女性のイメージにピッタリの上級レディーススーツの着こなしは?
アラサー女性がレディーススーツの着こなしで演出したいのは、仕事のできる素敵な女性の魅力です。スカート派のあなたも、パンツスーツタイプのコーデも取り入れてみませんか?

インナーもシャツなら丸襟以外とか、シャツ以外のカットソー素材のインナーを持ってくると、グッと大人っぽくなります。丸首カットソーなら雰囲気優しめに、Vネックカットソーならシャープな印象になりますが、いつも甘めの印象の人ならタイトめに、シャープな印象の人ならちょっと優しめと、いつもの雰囲気をインナーで微調整しながらスーツをコーデしていくと、こなれて粋な着こなしにブラッシュアップしていきますよ。

慣れたら、朝、自分なりに着ていくレディーススーツのテーマを決めてコーデしてみましょう。「今日は頼りがいのある先輩風」「今日は大人の女性のかわいさをワンポイント」という具合です。こうして1着のスーツでもインナーによって色んなテイストの着こなしができます。いろいろ研究してみましょう!

 

今日のまとめ

レディーススーツのインナー!夏のおしゃれな着こなしコーデのヒント5つ

春夏は、アウターを脱いでインナーを前面に押し出したコーデもできる贅沢な季節。
レディーススーツにとってジャケットクローズ、オープン、オフという、1着で3タイプの着こなしの楽しめる、贅沢な季節でもあります。この機会に手持ちのアイテムを総動員して、レディーススーツの新コーデにどんどん挑戦しちゃいましょう!

・ まず、ジャストフィットするレディーススーツ選びから!
・ レディーススーツのインナーのテッパンアイテム、「白」を徹底活用してみよう!
・ 白の反対は黒、レディーススーツのインナーにブラックはどうなの?
・ 脱!リクルートスーツ、アラサー女性の女っぷりを上げるレディーススーツとは?
・ アラサー女性のイメージにピッタリの上級レディーススーツの着こなしは?