結婚相手は焦らずに決めたい!婚活中の焦りを紛らわす方法

結婚相手は焦らずに決めたい!婚活中の焦りを紛らわす方法
来月もまた同僚の結婚式・・・30代にもなるとホントのところは、日々結婚に対する焦りを感じます。

でも、焦って不安になって慌てて結婚してもしようがありません。とは言え、焦ってしまうのがアラサー独女。

そんな独女のために、結婚への焦りを紛らわす方法をご紹介します。

結婚相手は焦らずに決めたい!婚活中の焦りを紛らわす方法

 

なんで焦るの?


残酷な問いかけであることは、承知です。
でも、まわりを見渡してみてください。
あなたよりずーーっと年上で、独身で・・・という人、一人や二人、いませんか?
みんなが結婚する・・・のではなく「結婚する人もいる」と表現するのが正解です。
その逆に「結婚しない人もいる」という表現もあります。
その人、その人が何を選択するかの違いだけで、みんな結婚するわけではないんです。
だから、焦る必要なんてない・・・と、思えたらこの記事を読んでいませんよね。
なぜ、結婚を焦るのか、その理由と対処法を一緒にひも解いていってみましょう。

 

誰のための結婚か考えてみよう


「女の子なんだから、いい人と結婚して幸せになってね」
女子に生まれたからには、親や親戚からこのような言葉をかけられたことがない人っていないんじゃないでしょうか。
そうなんですよね。
自分は焦るつもりはないんだけど、まわりがあなたに抱く結婚願望にせっつかれて、「結婚しなきゃいけない」と自分を焦る方向に駆り立てている人、いるかもしれません。
でも、よく考えてみてください。
結婚するのは、あなたのお母さんではなくあなたなんです。
旦那さんは、そう簡単に返品、交換がききません。
親孝行のために、誰かのために・・・結婚したい、結婚せねばと思うのならば、考え方をちょっと変えて、自分を落ち着かせましょう。
「女優の誰それじゃあるまいし、結婚すれば相手も変わると信じて結婚を焦ったら結局、半年も持たずに離婚なんて、それって親孝行なのか?」
そして、お母さんに伝えましょう。
「私は本当の親孝行をしてお母さんの喜ぶ顔が見たいから、今はまだ結婚しないだけなんだよ。私のこと心配してくれてるって、分かっているよ。ありがとう。」って。
「お母さんは、そう言うけど!」と、感情的に言い返してもお互いに気持ちが悪くなるばかり。
でも「ありがとう」という相手に、それ以上、あれこれは言いにくくなりますよ。

 

なんのために結婚するのか


この答えがあやふやだと結婚って、難しいんですよね。
例えば「安定した生活のために・・・」と、思うのなら今のこの時代、何をしている人なら安定していると言えるのか?
答えなんて、ありません。
しかも、安定した生活のためにまず条件で相手を見るようになります。
すると、ハードルはどんどん高くなるばかり。
そんな相手がまわりにいる確率はどんどん下がるんだから、余計に焦ります。
あなたは、なんのために結婚したいのか?
じっくり考えてみると、おのずと答えが出てきて焦らなくなります。

 

結婚したらそれで幸せになれるのか


先ほどの女優の例ではないですが、芸能人の結婚、離婚劇は本当にいい人生勉強を見せてくれます。
結婚報告の時は、それこそ、この上ない笑顔で記者会見を開きます。
見ていてうらやましいくらい幸せそうです。
でも、結婚ってゴールではなくスタートですよね?
ゴールだと思うから、その幸福そうな笑顔がうらやましくなりますが、その笑顔を続けられるかどうかは、そこからの二人の努力です。
病める時も、健やかなる時も、笑顔でいようと努力を続けるのはけっこう大変です。
結婚したら幸せが待っている・・・という、チルチルミチルが青い鳥を探しにいくような思いを捨ててみましょう。
今、一人でいるこの間に、寂しさや不安を乗り越える訓練をしている。
この訓練を超えることが、将来結婚して、その結婚生活の中で不安が出てきても必ず乗り越えられる力となり、だから私は幸せになれるのだ・・・
と、考えてみましょう。

 

 

本当に結婚したいのか


本当に結婚したいですか?
本当に結婚したいなら、できます。それは、決意としてあなたの行動を変えます。
行動が変われば、性格が変わります。
性格が変われば、人生は変わるからです。
口では「結婚したい」というものの、心の底ではそうは思っていない場合、結婚相手に巡り会いにくい、会っても気づかないということになりがちです。
なんとなくおつき合いする相手はできるものの、あなたの中で決意がかたまっていないために「この人だ」とは思えないでしょう。
「結婚したいのだ」と、心の底から決めて男の人を見てみましょう。
今までとは、男の人の見方が変わります。
そうすると、自分が相手に対して本当に求めているものはなんなのか?
などが、明確になってきてそういう相手に出会えるような行動につながっていきます。
しっかり決意できていれば、今、結婚していないことに焦りはなくなりますよ。

 

結婚を忘れてみる


結婚はあなたの決意ですが、決意として心に刻み込んだら忘れましょう。
そして、あなたが思う理想の相手に、いつどこで出会っても大丈夫なように自分を磨くことに集中してみましょう。
磨くといっても、エステに通うことを指しているのではありません。
例えば、あなたが結婚相手に「寛容さ」を求めるのであれば、それにふさわしい「寛容さ」を自分も身につけるべく、暮らしてみるのです。
日常のささいなことの積み重ねで、自分磨きは可能です。
人に求めるよりも、自分をそのレベルに引き上げるべく努力する。
その努力に集中している間に、結婚できる・・・これが、理想ですよね。

 

今日のまとめ

結婚相手は焦らずに決めたい!婚活中の焦りを紛らわす方法

いかがでしたでしょうか?
結婚に焦っている・・・と、感じた時こそあなたが女性として、人として、ステップアップする、この上ないチャンスなんです。
「焦りが出てきた、チャンス到来!」と、受け止めて飛躍してみましょう!

・ なんで焦るの?
・ 誰のための結婚か考えてみよう
・ なんのために結婚するのか
・ 結婚したらそれで幸せになれるのか
・ 本当に結婚したいのか
・ 結婚を忘れてみる