婚活中に「結婚なんかしなくてもいい」と思ってしまう瞬間

婚活中に「結婚なんかしなくてもいい」と思ってしまう瞬間
独身貴族という身分は、既婚者よりも高い地位にいるかのように優雅なものです。今でも女性は結婚して家庭に入ることが幸せだとされている風潮が多く残っています。

そんな中、なぜアラサー独女は婚活していたにもかかわらず、自ら「独身貴族の道」を歩んでいくのか・・・一度はウェディングドレス姿を夢見たはずなのに・・・それにはきっと結婚なんかしなくてもいいという理由が必ずあるはずです。

そこで今回は、アラサー独女が思う「結婚しなくていい」と思う理由をまとめてみました。

婚活中に「結婚なんかしなくてもいい」と思ってしまう瞬間

 

そもそも相手が見つからない


アラサー独女が結婚相手を見つける上で条件にするのが、「年上の男性」ということ。
確かに、精神的にかなり成熟しているアラサー女性にとって、年下の男性と結婚生活を共にするのは厳しい話ですよね。
20代の男性がとても子どもに見えることでしょう。
しかし、アラサーになってみて、年上の男性を探すというのは意外に難しいことなんです。
仮に35歳以上と年齢をくくったとしても、結婚前提の彼女がいるか、20代前半の若い女の子が好みか・・もしくはバツイチ。
良い相手が目の前にあらわれることなんてあるのか・・とめまいがしそうです。

 

結婚のメリットを感じない


今の状況を捨てて結婚をするということは、今の生活が180°変わってしまうということですよね。
それは、長年独身貴族の道を歩んできた女性にとっては、大きなリスクを伴います。
実際に、既婚者の友達や同僚に話を聞いても「幸せいっぱい」なんて話は聞かないからです。
当然ですよね。
愛し合っているとはいえ人間同士、しかも他人なのですから、共に生活するというのはとても難易度が高いことです。
そんな中で結婚を選ぶというのは、「メリットを感じない」という女性が多くなっているのですね。

 

アラサー独女の求める男性はものすごく希少


独身貴族と言われる女性たちが求めている結婚相手の条件をご存知ですか?
「年収1000万以上」これ、よく言われますよね。
年齢を重ねて、役員などになれば年収1,000万も夢ではありませんが、結婚相手なのですからお父さんに近い人と結婚するわけにはいきません・・・35歳以下で年収が1,000万円以上ある男性は、全体の0.14%しかいないそうです。
この人数の男性に巡り合う確率、そして好きになってもらえる確率は0に近いですよね・・

 

「デキる女」はモテない


アラサー女性も、独身貴族を楽しむ前は、周囲の結婚報告に焦ったり、羨んだりしたことでしょう。
そして、羨むばかりでなく、結婚に近づくための努力をしたのです。
家の掃除はすみずみまで行い、洗濯も完璧。
シャツにしわひとつつけません。
料理教室に足しげく通い、その辺のレストランなら家で食べた方がいいと思わせる料理の腕を持っています。
一見、すぐにでも結婚できそうな完璧な女性ですが・・・意外と完璧すぎる「デキる女」は結婚相手にしたい女性には選ばれないようですね。
どこか隙があって可愛らしい女性の方が、男性も安心するのではないでしょうか?

 

一人が好き…。になってしまった


アラサー女性は、一人が好きです。
ずっと独身でいたいと願っているわけではなくても、ひとりで気ままに過ごす毎日がそれなりに気に入っているのですね。
結婚によって一人の時間が奪われるのは耐えられない!という女性が多いのもうなずけます。
この考え方は、どちらかというと従来の男性の考え方に近いのではないかと思いました。
「結婚しても独身気分が抜けないうちの旦那は・・」なんて愚痴はよく聞きますが・・
こういった感情に近いですよね。

 

 

パートナー選びに妥協できない,


自分の完璧を求めたアラサー女性は、相手にも完璧を求めたがります。
自分の好みにぴったりの男性で、それ以上でも以下でもない・・そんな男性と結婚したいと思っているものです。
そして、その条件はたくさんあるにもかかわらず、何一つ妥協ができません。
つまり、女性の年齢が高くなるほど、結婚相手に求める条件が高くなっていくということなんですね。
相手を探す段階にいる女性、または、今の彼氏との関係につまずいている女性にとって、妥協できないというのは大きな壁になりそうです。

 

経済的に自立している


独身のアラサー女性は、ある程度社会人経験もあり、キャリアも積んでいます。
要するに、経済力を持っているんですね。
貯金もあって、毎月の給料は好きに使える・・そんな生活に慣れてしまっている女性にとって、「専業主婦になって夫に養ってもらう」という考えは浮かばないのかもしれません。
共働きが主流になっている今、キャリアというのはあって困るものではありませんが・・それが原因で結婚に踏み切れないとなると、考えものですね。
経済的な問題は、「一緒に頑張ろう」というスタンスを持つのが重要だと思います。

 

今日のまとめ

婚活中に「結婚なんかしなくてもいい」と思ってしまう瞬間

いかがでしたか。30歳の独身女性は、年々増えています。
大人の女性の魅力も出てきますが、「結婚」を意識したお付き合いはなかなかできないんですよね。
周囲からも結婚に対するマイナスの意見ばかりを耳にします。
しかし、日本人は「自慢っぽく聞こえる話はしない」人が多いんです。
マイナスしかないのではなく、マイナスしか話さないというだけなんですね!
みんなが素敵な人に出会い、みんなが幸せな結婚をできるといいですね。

・ そもそも相手が見つからない
・ 結婚のメリットを感じない
・ アラサー独女の求める男性はものすごく希少
・ 「デキる女」はモテない
・ 一人が好き…。になってしまった
・ パートナー選びに妥協できない
・ 経済的に自立している