メンタルが強い女性に学ぶ!アラサーの美しくしなやかな仕事術

メンタルが強い女性に学ぶ!アラサーの美しくしなやかな仕事術
職場には、ちょっとやそっとじゃへこたれない、メンタルが強い女性が存在しますよね。

気が弱いアラサー女子には羨ましい限り・・・

そこで今回は、「メンタルが強くて美しい女性」の会社で上手く生き残る処世術をご紹介します。

メンタルが強い女性に学ぶ!アラサーの美しくしなやかな仕事術

 

いつもポジティブ


いつもポジティブ
メンタルとは精神面のことですね。メンタルが強いということは男女問わず、世の中をわたっていくには大事なことです。

メンタルが強いと言われる女性はどんな特徴を持っているのか?そして、どんな仕事術を持っているのか、気になります。

私が思う「メンタルが強い女性」の特徴としては、ポジティブであるということです。

私の尊敬する先輩の中に、いつもポジティブに物事を捉えている女性がいます。

彼女は上司から注意されたら、それは自分の為を思って言ってくれているんだ、期待されているからこその注意なんだとプラスに捉えるそうです。決して、「私は嫌われているから注意されている」なんて考えません。それも無理してではなくて、自然とそういうふうになれるんだそうです。

これは彼女の性格もあるかもしれませんが、自分でも少し意識するだけで変えられるところなのではないかと思うのです。ぜひ、まねしたい良い考え方ですよね。

 

頑張らない、無理しない


頑張らない、無理しない
メンタルが強い女性は決して頑張らない、無理をしない人なんです。

「頑張らないってなんかおかしくない?」って思うかもしれませんが、全く頑張らず怠けるということを言っているわけではありません。頑張りすぎない、ということです。

例えばある仕事を任されて、今日はとても出来そうにないなと思ったら、メンタルの強い人は正直に上司に話して、「今日は時間内に出来そうもありません。次の日にきちんとやりますので今日は帰ります」と言います。(今日中にどうしてもやらないといけない仕事は別ですが)

メンタルの弱い女性は、「そんなこと言ったら怒られるかもしれないから、無理をしてでも片付けて帰ろう」と思うかもしれません。でも、時間を見て考えた結果、今からやっても終わるかわからず、いい仕事ができないと思ったら、次の日にきちんと集中してやったほうが効率もいいし、はかどるし、いいものができるはずです。

メンタルの強い女性は無理して気に入られようとはしません、しっかりと

「今からやってもいいものができないので、明日しっかりとやって片付けます」

と言えるのです。

無理をする人は、結局いいものができない上に、その後身体を壊して余計会社に迷惑をかけたりすることもあります。きちんと上司に自分の意見を言えるかどうかはとても大事なことです。

きちんとした上司なら、自分の意見をはっきり言えばわかってくれるはずですからね。

 

人の目を気にしない


人の目を気にしない
メンタルが強い人は、やたらと人の目を気にしたりしません。

「いい年をしてこんな服を着ていたら同僚に笑われちゃうかな?」とか、人によく思われたいと思ってちょっと背伸びをしたり、少なからず「人の目」というのは気になってしまうものですよね。

でも、メンタルが強い人は人がどんなふうに自分を見ているとか、自分についてどんなふうに言っているなんて気にしません。

ハリウッド女優として大成功しているキャメロン・ディアスはインタビューで、人の評価を全く見たり聞いたりしないと言っていました。そういう、人からの評価を聞いてこなかったからこそ今までこの世界でやってこられたのかもしれない、とまで言っていました。いい評価も悪い評価もどちらも耳に入れないできたということなんです。

これってとても大事ですよね。なかなか出来ることではありません。でも、いいことを言われていたから喜んで、悪いことを言われたら落ち込んで・・・こんなふうに過ごしていたらそれは人の評価に自分が踊らされることになってしまいます。

自分がいい仕事を出来たと思ったら自分で評価する、人が褒めようが、自分が納得いかなかったなら、きちんと反省して次にそれを活かす。そういうふうに自分で自分を正しく評価できることが大切です。

 

 

自分を知る


自分を知る
メンタルの強い人は自分のことをよく知っています。自分を過大評価することもなく過小評価することもなく、きちんと客観的に見ている気がします。
自分の悪いところや苦手なところを冷静に見つめて、どうしたらよくなるのか、わかっているのです。

一番初めに、自分の悪いところ、苦手なところを紙に書いてみましょう。悪いところというのは、自分が客観的に見て「こういうところがちょっと嫌いだな」と思うところのことです。苦手なところというのは、自分の苦手な分野で、例えば、計算するのがちょっと苦手だとか、人と話すのが苦手だとか、そういうことですね。

いくつか書き出したら今度はそれをどうやったら克服できるかを考えます。

怒りっぽいところが嫌だ、と思っているならどうやったら怒らないようにできるだろうか、と考えます。怒りそうになったら深呼吸してみるとか、自分なりに考えるのです。

苦手なところも同じように考えてみます。

こうして、自分の悪いところ、苦手なところを知ることで、それを意識して変えようと思うことができます。少しずつ変わっていけば自分を好きになる、自分を好きになることで人からどんなことを言われても、揺るがない自分になれるということです。

メンタルが強い人は、自分を知っていて、ナルシストということではなく、自分のことが好きな人なのです。

 

変化に強い


変化に強い
メンタルが強い人は環境の変化に強い人だと言えます。

実は私は環境の変化にものすごく弱い人間なのです。でも私の周りのメンタルが強い女性は環境の変化に強いです。

新しい部署に行く時でも、「ワクワクしている、とっても楽しみ」といいます。

上司が変わる時も、「どんな人なのか、早く会いたい」と言っています。決して「元の職場が懐かしい」とか「前の上司の方が良かったな・・・」なんてことは言いません。

これはポジティブであるということに共通することかもしれません。

環境の変化というのは必ずやってくるもの、いちいちそれに対して一喜一憂していたら時間の無駄です。

環境の変化が楽しい、私はもっとよくなる、と思える人は周りから見ても気持ちがいいです。

自分はそんな人間じゃない、と思う人がいるなら「私はこれからの変化が楽しみ」と言ってしまいましょう。本当はそう思っていなくてもいいのです、人にそう公言することで自分が変わっていけるのです。

 

今日のまとめ

メンタルが強い女性に学ぶ!アラサーの美しくしなやかな仕事術

メンタルが強くなりたい、という人は変わりたいと思っている証拠。なりたいと思うものには、自分の心がけ次第で必ずなることができると私は信じています。

無理をして頑張って変わる、というのではなくて、メンタルが強い人ならこんな時どう言うだろう?と考えながら行動することで、変化していくのではないでしょうか。

・ いつもポジティブ
・ 頑張らない、無理しない
・ 人の目を気にしない
・ 自分を知る
・ 変化に強い

 

精神面を強化したいのなら、こちらの記事もおすすめですよ。
週末に本を読む!イライラする心を落ち着かせる読書の癒し効果