職場のイライラを解消したい!人間関係の悩みを改善する方法

職場のイライラを解消したい!人間関係の悩みを改善する方法
職場の人間関係ってめんどくさいし、イライラしてしまうことが多いよね。でもそれくらいのことでイライラしたりしていたら損・損!あなたのちょっとした工夫で、上司や同僚たちとのコミュニケーションにおけるつまらないイライラって避ける事ができるんです。

イライラ解消とストレス発散に、あなたの大切なお金を使ってしまうのは非常にもったいないことです。大丈夫です、ご安心ください。確実に、あなたのイライラは解消することができますから。

では早速、職場のイライラを解消し、人間関係を劇的に改善する上手な処世術をお伝えしますね。

職場のイライラを解消したい!人間関係の悩みを改善する方法

 

相手に対して期待を持ちすぎないこと


相手に対して期待を持ちすぎないこと
どうしてそんなこともできないの?って、ちょっとできない子にはつい言いたくもなりますよね。

ちょっとしたコツを押さえれば簡単なのに、いくら説明してもイマイチピンときていないみたいだし、職場でそんな子を見ているとついイライラ。上司も偉そうにしている割にはぜんぜん仕事が進んでいないみたいだし、遅れた分は私の方に仕事を振ってくるし、ほんとうに勘弁して頂戴って、言いたくもなるよね。ここで発想を切り替える必要があります。

「どうしてそんなこともできないの?!」

「どうしてそんなにのんびりしてるの?!」
って思ってしまうあなた。

他の人の仕事の進み具合まで気にするのはすっぱりやめちゃいましょう!どうせあなたが心配しても、ほかの人はマイペースを崩しません。

むしろ、「どうして私の仕事のことに口をはさむの?そんなに余裕があるならちょっと頼まれてよ!」と、仕事を更に押し付けられるということにもなりかねません。

視野が広くて色々な事を把握できて、段取りを付けるのが得意な人ほど、ほかの人の手順の悪さに疑問を持ってしまいがちですが、ほかの人のキャパなんてそんなものです。期待をすることを止めて、自分の仕事だけに集中するようにすれば、自分の作業効率も上がります。

 

無理にニコニコする必要はない


無理にニコニコする必要はない
自分らしく仕事で輝く素敵なビジネスウーマンを目指すあなたにとって、笑顔とはいったいなんでしょう。

周りを明るくする方法?自分の気分をアゲる方法?もしくは、ビジネスを行う上での処世術?笑顔はもちろん大事だけど、いっつもニコニコしているのって、疲れちゃいます。自分の本当の気分とは違う表情をしていると、人間は普段の倍もストレスを感じやすくなるそうです。

もしあなたが心から楽しくて笑顔になっているのではないのなら、その笑顔は特別な時のために取っておいて、普段からニコニコするのはやめちゃいましょう。ニコニコしていないと不安かもしれません。でも、無理に作った笑顔は、実はけっこう分かりやすい。

「この子無理してるな」って思われてる可能性もアリ!?無理して表情を作るのを止めて、自然体のあなたで勝負!

もちろん、たまには疲れてブサイクな表情になってしまうときもあるけど、そんな時もある自分を認めてあげましょう。

笑顔でなくても、最低限の礼儀正しささえ保っていれば、そうそう嫌われることもありません。

 

会話の中に、相手のよく使う言葉を取り入れてみる


会話の中に、相手のよく使う言葉を取り入れてみる
ちょっとした会話でグンとあなたの印象を上げるテクニック、教えちゃいます。会話をするときに、相手の言葉に注意してみてください。

例えば後輩のあの子
「先輩聞いてください!昨日マジでビックリしたことがあったんです。私マジで驚いちゃって」みたいに、「マジ」という言葉が口癖みたい。

いい年して、「マジ」なんて使うの、そろそろ止めたほうがいいんじゃないかなあとあなたは思うかもしれません。それはその通りです。でも、後輩ちゃんは無意識に「マジ」という言葉を使っているので、それが普通なわけです。

そこで注意するのもいいけれど、ここでテクニック。あなたが後輩ちゃんと会話をするときは、あなたの発言の中に「マジ」という言葉を取り入れてみるのです。

「先輩、昨日ですね、合コンに行ったら、高校の同級生がいて、私マジでびっくりしちゃったんです」

「え、マジで?そんなことってあるんだねー。すごおい!」

こんな感じで、あなたもちょっとでいいので「マジ」という言葉を使うと、後輩ちゃんは無意識にあなたに親近感を抱きます。自分と同じような言葉づかいをする人には、深層心理の部分で深い親しみを感じるそうです。お試しあれ。

 

 

人の話を上手に聴く


人の話を上手に聴く
人は自分の話を聞いてもらいたい生き物です。先輩、後輩、上司に、取引先のあの人この人。みんな自分の話を聞いてもらいたくてウズウズしてます。自分の話を聞いてもらえると心地いい。それはあなたもよくご存知のはず。あなたも自分のことを話したいかもしれないけれども、ここはぐっと抑えて、聞き役に徹してみてください。

人は自分の話を聞いてもらうと、気分がよくなります。あなたが相手の話を聞いてあげるだけで相手は気分が良くなるし、そうすれば相手は「この子と一緒にいると楽しいな」と思ってくれます。ここでポイントなのが、あなたは相手の話をぜんぶ真面目に受け取る必要はありません。

真面目さんほど相手の話を全部聞いて、その内容の全部に反応しようとしてしまうのですが、あなたががんばって相手のボールを拾おうとすればするほど、相手はイライラします。

何でか分かる?

それは、相手は自分の話したい話の内容と、そのストーリーとオチまで考えて話をしているからです。話をしたい人ほど、自分の話の内容を練りに練っています。あなたがその練りに練られたストーリーの些細な部分に興味を示すほど、話が前に進まなくて、「そんな細かいことはいいからもっと話をさせろよ!」と相手は思ってしまいます。

ではどうすればいいか。

簡単です。

話を聞き流せばいいのです。
相槌は「そうなんですか~」
「それでそれで?」
「へえ!」
という、これぐらいを使えれば上等です。

相手の話を邪魔せず、相手の話を上手に促してあげると、相手は気分よく喋ってくれます。そしたらしめたものです。

 

都合の悪いことは忘れてあげる


都合の悪いことは忘れてあげる
どれだけテクニックを駆使しても、衝突してしまうことはままあります。だって、人間だもの。疲れているとちょっとしたことも気になるし、相手の言葉が刺さってしまうことはあるし、あなたが他の人にきつい言葉をぶつけてしまうこともあるかもしれない。

でもそれは、お互い様です。あなたが気まずい思いをしているときは、大抵相手も気まずい思いをしています。そんなつもりじゃなかったのにな。悪かったな。嫌なこと言われたな。私のミスじゃないのにな。心のなかがモヤモヤしちゃうかもしれません。家に帰ってもモヤモヤ。寝ようと思ってもモヤモヤ。だんだん、モヤモヤがイライラに変わってきます。イライラ。つぎの日も仕事です。気まずい相手と顔を合わせました。さてどうする?

つい「昨日の件なんだけどさ……」と、前の日の行き違いについて話をしたくなるかもしれません。でもここであなたが言うべきことは一つです。

「おはようございます!今日は天気がいいですね!」
あえて前日の行き違いには触れず、明るく振舞ってみてください。

せっかく時間が経っているのに、前の日の嫌なことに触れる必要はありません。

相手が突っかかってきたら
「ごめんね」と謝っちゃえばいいのです。

これこそが、仕事ができる女性の処世術。悪いことは忘れてあげて、前だけを見て頑張っていれば、自ずと相手もそんな過去のトラブルなんて「ま、いいか」という気分になるものです。

 

今日のまとめ

職場のイライラを解消したい!人間関係の悩みを改善する方法

いかがでしたか。ぜひ、職場の人間関係を改善する5つの方法を実践してみてくださいね。

・ 相手に対して期待を持ちすぎないこと
・ 無理にニコニコする必要はない
・ 会話の中に、相手のよく使う言葉を取り入れてみる
・ 人の話を上手に聴く
・ 都合の悪いことは忘れてあげる