忙しい上司と社内恋愛するために知っておくべき5つのこと

忙しい上司と社内恋愛するために知っておくべき5つのこと
毎日残業で忙しいので、あまりデートしてもらえない。「わたしのこと嫌いなの?」とネガティブになってしまうことも・・・その気持ちはよくわかります。

けど、「なんで二人きりで会ってくれないの?」とそのまま感情をぶつけてしまうと、上司でもある彼氏は困ってしまいます。そんなときのために、ちょっとしたコツを知っておくと難しい社内恋愛もうまくいくかもしれません。

付き合っている人が、同じ職場の上司という場合、関係はかなり難しいですよね。素直に自分の気持ちを伝えたいけど、わがままになってしまって困らせてしまうかもしれない。職場での彼が忙しい人だということを知っているからこそ、なかなか素直になれない・・なんてこともあるはず。

そこで今回は、職場の上司と社内恋愛するうえで、知っておいた方がいい5つの心得をお伝えします。

忙しい上司と社内恋愛するために知っておくべき5つのこと

 

彼に対して常に尊敬の意を持つこと


彼に対して常に尊敬の意を持つこと
誰かを尊敬するというのはなかなか難しいことですよね。でも、ただでさえいろんな障害があったりと、普通より厳しい社内恋愛。彼に対して尊敬の念がなければ、続く関係も続きません。

「仕事ばっかりでかまってくれない!」と怒りをあらわにするのではなく、「毎日あんなに忙しくお仕事頑張っていて素敵」という風にプラスの考えにすり替えてみましょう。
同じ職場で働いているからこそ、仕事中彼がどんなに必死で仕事をしているか知っているはず。
寂しい思いは彼も同じだと思って、頑張っている彼をまず尊敬してみて。
考え方が少し変わってくるはずです。

そして、そんな素敵な上司と付き合っている自分に自信を持って、もっと素敵な女性になるべく、精進しましょう。

彼が忙しくて会ってくれないなら、自分の時間はたっぷりあるはず。エステに行ったり、新しい習い事を始めたり、彼に時間ができて二人で過ごすようになる前に、自分に投資するのも素敵な女性になるための第一歩ですよ!

 

仕事は仕事、プライベートはプライベート


仕事は仕事、プライベートはプライベート
公私混同はしないのが大切ですね。彼とうまくいってなくても、たとえケンカしていても、仕事はきちんとこなせる女性になりましょう。とはいっても、職場でしか会えないからこそ、相手の気持ちは気になってしまいますよね。

職場ではできるだけ仕事でアピールしていくのがベストです。社内恋愛は、まわりに公言していない場合が多いですよね。なかなか社内でプライベートな会話はできません。
なので、彼も必死でやっている仕事をあなたも必死で手伝うのがいいですね。一緒にいる時間を大切にしたいからこそ、あなたも一緒に仕事を頑張る時期なのかもしれません。

別の会社に勤めていたら、忙しいとそれこそ、まったく会えなくなってしまうこともあります。一緒の職場に勤めていることをむしろラッキーと思えるようになると、寂しいと思っていた気持ちも薄れるかもしれませんね!

 

ネチネチしない


ネチネチしない
どんなに包容力のある男性でも、わがままばっかりやネチネチした女性が好きだという人は少ないもの。同じ職場の上司ならなおさら、めんどくさい女性とは付き合いたくない、と思っているはずです。

寂しいという気持ちが暴走しすぎて、面倒な女性になってしまってはいませんか?そうなると、会えないばかりか、別れを切り出されるなんてことも十分にあり得ます。

さっぱりとした気持ちで、彼を待ってみましょう。彼女は間違いなくあなたなのですから、焦る必要はありません。どうしてもネチネチした気持ちがおさまらないなら、二人でルールを決めてみるのもいいかもしれませんね。

寝る前は5分電話する、とか
月に1回記念日だけは休みを取る、など。

なんでもいいのですが、「彼氏と彼女だから特別」と感じられるような決まりごとの方が、女性にとってはうれしいのではないでしょうか?

 

 

周りに気を遣える女性になる


周りに気を遣える女性になる
社内恋愛で難しいのが、そのほかの同僚との距離感です。先ほども少し触れましたが、社内恋愛しているということを隠しているカップルも多いはずです。そんななか、彼との関係がばれない様に仕事をするのはなかなか難しいですよね。

ただ、公言したらしたで、今度は周りが気を遣います。上司である彼にとっては、それは避けたい事態のはず。そんな彼の気持ちをちゃんとわかってあげましょう。

付き合っていることがばれないように、あなたの口も堅く閉ざしたまま、自然にふるまうことが大切です。二人で過ごす時間が長くなれば、彼もきっと「部下たちに報告してもいいかな」と思うようになるでしょう。

 

自分自身は積極的に


自分自身は積極的に
彼が忙しいのは知っている。けど、会えないのは寂しい・・・そんな気持ちは誰しもが抱いている気持ちです。遠慮はせずに、彼をデートに誘うなり、週末に彼の部屋へ泊まるなり、自分から積極的に会いに行きましょう。

彼も、今は忙しくて受け身になってしまっているだけかも。そんな時、週末のお泊りを許可されたら、彼の疲れを癒すために頑張りましょう。せっかく会えたから、とはしゃぎたくなる気持ちはわかりますが、あなたといると頑張らないといけないから疲れる・・・と思われては、元も子もありません。

「せっかくの休みは一人で休みたい」ではなく、「せっかく休みが取れたから、あなたに癒されたい」と思ってもらえるような女性になることが大切です。

彼に余裕ができたとき、きっとあなたへお返ししてくれますよ!

 

今日のまとめ

忙しい上司と社内恋愛するために知っておくべき5つのこと

いかがでしたか。難しい社内恋愛ですが、社内恋愛だからこそのメリットや楽しさも少なからずあります。
さらに、難しいからといってみんなが失敗しているわけではありません。社内恋愛に悩んでいる人が、少しでも楽しめるようになりますように。

・彼に対して常に尊敬の意を持つこと
・仕事は仕事、プライベートはプライベート
・ネチネチしない
・周りに気を遣える女性になる
・自分自身は積極的に