老後破産を回避する働き方!老後の生活資金を貯める方法

老後破産を回避する働き方!老後の生活資金を貯める方法
「老後破産」口に出して言うことはしないけど、老後の生活費に不安を抱いているアラサーは少なくないようです。

今はハイヒールを履いて、通勤の満員電車に乗って出社して、バリバリ働いているのかもしれませんが、そんな安定した収入が得られているのもあと●●年・・・とくに、会社員のあなたの場合、定年退職後の生活を考えると不安で仕方ないときもあるのではないでしょうか?

年金といってもいくら出るの?

足も動かなくなっているのに、そんな“不安”を解消するために、できる女は“ある行動”に出ているみたい。

そこで今回は老後の不安を解消するために「老後破産を回避する働き方」についてお伝えします。

老後破産を回避する働き方!老後の生活資金を貯める方法  

– 老後破産しない生き方 –

老後にどの程度お金が必要なのかを考えてみる


老後にどの程度お金が必要なのかを考えてみる
老後破産しない生き方として、まずは老後の生活費を稼ぐために貯金をすればいいのではないか?と漠然と思う方もいると思いますが、しっかり目標をもって貯金をしなければ結局お金はたまらないままになってしまいます。

老後に生活していくためには、必要な経費を洗い出していくことも大切なのです。

たとえば、経費として必要なものは以下のものになると思います。

・食費
・医療費
→これが一番大切。
からだが動かなくなると必然的に病院にかかったり、老人ホームに入らなければいけなくなる時も近くなります。手術などをすると医療費は馬鹿になりませんから、しっかり医療費についても考えておくといいです

・家のリフォーム費
→家に手すりをつけたり、よりバリアフリーな生活にしたければその分お金が必要になります

・家のローン返済
→一軒家ならばこれが残っている場合が多いです。この出費が意外に多かったりするので注意が必要です。

だいたい以上のものがあるので、これをしっかり洗い出すことから始めてください。

 

保険を見直す


保険を見直す
しっかり老後の生活費などを保証してくれる保険に入っているかはかなり大切なことになってきます。
終身保険でさらに積立式で掛け捨てでないものに入っておけば、なにもなければ一定の年齢になると返してくれる保険などもあります。

また、老人になるとかかりやすい病気などがしっかり保証されているのかも考えてみましょう。些細なところで転んで大怪我につながる場合もありますので、怪我の保証もついているのか確認してください。

保険一つとっても老後破産しないように今から見なおしておきましょうね。

 

毎月の給料から積立をする


毎月の給料から積立をする
保険にいくら入っていても、お金はたまっていればいざという時に使えるものです。それが老後に使うのもありですし、緊急時に使えるようにお給料から決まった額をしっかり貯金できるようにしておきます。

定期積金にしておくと、いちいち口座にお金を移動しなくてもよくなります。あくまでも無理のない程度に積立額を決めると続きやすいですよ。老後破産しないよう今からコツコツと対策をしておきましょう。

 

こどもにどれだけ投資するか考える


こどもにどれだけ投資するか考える
子どもは義務教育が終われば、どのような道に進んでもいいことになっています。

もし自分の子どもが医学部に進みたい、海外に留学したい、などと要望を言ってきたとき、全額負担してしまうと、老後の前に多大な出費をすることになってしまいます。

こういったことを避けるために、まず子供にどれだけ投資するのか考えてみましょう。

【例】子どもが大学に行くと言うならば、公立ならば払う。しかし私立の場合は奨学金などを使ってしっかり計画的にお金を借りれるようにする。

海外に行く場合も同じです。一番お金がかかる子どもの出費をあらかじめ計算しておくといいです。

 

 

老後に住むところを考える


老後に住むところを考える
家族と一緒に住むのか、二人だけで暮らすのか、アパート暮らしをするのか、一軒家を買って住むのか、これによっても出費がかなり変わってきます。
賃貸で住むならば、基本的に老後の生活費だけで家賃を払うのが厳しくなります。よって、働くこともしっかり前提に入れなければ賃貸は厳しいです。
アパートやマンションなどをいまのうちに買ってしまうといいでしょう。
一軒家もローンが高すぎて老後の生活費に負荷をかけてしまうこともあるので、しっかりローン期間なども計算しましょう。

 

いつまで仕事をするか考える


今の職場が引退後も引き続き雇ってくれるのか、はたまた別の仕事先を探さなければいけないのかもかなり大切になってきます。
よって、今の会社でどれくらいまで雇ってもらいいくらもらえるのかも視野に入れながら、アルバイトなどを別途はじめるならばあらかじめツテを作っておくといいでしょう。これも老後破産を未然に防ぐコツですよね。

 

健康的な生活をする


健康的な生活をする
医療費を使わないようにするには、普段から健康な生活を送ることで大病をするリスクは減っていきます。

また、健康的な生活によって生活習慣病やガンの発症率も下がってきます。
忙しい今だからこそ、健康的な生活を送り老後の生活費を医療費に注ぎ込むことがないようにすることが必要です。

 

とはいえお金の貯め方がわからない・・そんなあなたにはこちらの記事がおすすめです。
アラサーの「堅実な貯金の仕方」と知らなきゃ損する「財形貯蓄」

 

今日のまとめ

老後破産を回避する働き方!老後の生活資金を貯める方法 

– 老後破産しない生き方 –

いかがでしたでしょうか。意外にわからない老後破産を回避する方法。

これを考えておかないといざ老後の生活費を見たときに、借金をしないと生活できないようになってしまいます。

少子化の今、年金は期待できません。ぜひ、今からしっかり計画をたてておきましょう。

・ 老後にどの程度お金が必要なのかを考えてみる
・ 保険を見直す
・ 毎月の給料から積立をする
・ こどもにどれだけ投資するか考える
・ 老後に住むところを考える
・ いつまで仕事をするか考える
・ 健康的な生活をする