上手な伝え方! 正直な意見を上司や同僚に伝えるテクニック

上手な伝え方! 正直な意見を上司や同僚に伝えるテクニック
上司や同僚にどうしても言いたいことがある!

でもストレートに言うと角が立ったり、相手を傷つけてしまったり、嫌な気分にさせちゃったら、本音を伝えてもいいこと、あまりないよね。正直な意見を言いつつ、相手に納得してもらうのができる女。

伝え方を少しだけ工夫することで、言いたいこと、ちゃんと伝わります。

ここではそのための5つのテクニックを紹介します。

上手な伝え方! 正直な意見を上司や同僚に伝えるテクニック

 

相手の時間に余裕がある時を見計らう


なにか言いたいことがあるとき、自分の気持ちだけで突っ走ってない?

どうしても相手に伝えたいことがあるときは、タイミングがすごく重要。

忙しくて目も回りそうなときに難しい話を切りだされたら、あなただって困ってしまうでしょ?

なるべく忙しくない時間を見計らって、更に機嫌がよさそうな時だといいかもね。

相手の様子を伺って、話を切り出して受け入れてもらえそうな時を選ぶのがとても重要。

 

ネガティブな内容だったら言葉の選び方がより大事


例えばその話したい内容が、仕事の進め方で他の人と食い違いがある、とか。

同僚の言動に迷惑をしている。

…というようなことだったら、言葉の選び方がとっても大切。

自分のことについて話す以上に、他の人の、それもネガティブな内容だったら、相手をこき下ろすような言葉づかいにならないように注意が必要かな。

誰だって自分のこと否定されたくないし、他の人の汚い言葉づかいを聞くと嫌な気分になるでしょ?

自分が話したいことの話題に引っ張りこまれずに、客観的に、優しい言葉づかいを心がけると、聞く側も落ち着いてあなたの話に耳を傾けることができると思わない?

丁寧に説明をすれば、優しい言葉遣いだったとしても、相手にはあなたが迷惑していたり不愉快に思っていること、ちゃんと伝わります。

気遣いのできる働き女子たちは、言葉の選び方がとっても綺麗☆

 

急がずにゆっくり話す


どうしても伝えたいことがあると、ついつい焦って早口で喋ってしまってない?

でも、早口で喋ってしまうのはとっても損!

あなただって、いきなりマシンガントークでまくし立てられたら、びっくりしてしまって、話の内容が頭に入って来なかったりするでしょ?

一緒に進めているプロジェクトの話、とか、この間の会議について、というような、相手と前提を共有できている話だったら早口で喋っても大丈夫かもしれない。

けれども、ここであなたはどうしても伝えたいこと、ということで話をしているのだから、相手にとっては多分、初耳だよね。

相手にとって初めての話は、その場で聞いて、咀嚼するのに少し時間がかかったりします。だから、あなたがゆっくり話すように気をつけるだけで、相手に理解してもらえる度合いがグンと上がるの。

自分の話し方は早すぎないかな?ということに気をつけて、気持ちゆっくりを心がけると、相手も落ち着いてあなたの話を聞くことができちゃいます。

 

 

どうしてそう思うのかなど、理由をはっきりさせる


「どうしてそれが問題なの」と言われた時、

「だって、そうなんですもん」だけでは、理由にならないっ!

どうして自分はそのことを伝えたいのか。

伝えることでどうしたいか。

何か問題がある場合は、どうしてそれが問題だと思うのか。

その問題は周囲にどういう悪影響があるのか

…というようなことを、相手を納得させるように説明できないと、ただの「でもでもだってちゃん」になっちゃいます。

自分の中でモヤモヤがあったとしても、そのモヤモヤを言葉にすることで自分の気持ちがいまどういう状態なのかを確認できるから、これは自分を納得させるためにも有効!

ゆっくり落ち着いて、自分の話したいことと、その理由を考えてみてね。

 

問題を解決することで、全体にどう影響があるのかを伝える


「あなたがそのことを問題だと思うことは分かった。でも、あなたの気の持ちようで変わるんじゃない?」

…って言われたらどうする?困っちゃうよね?

それはね、その問題があなただけのものではなくて、みんなで共有しなければならないものだってちゃんと説明できていないから。

相談された相手だって、仕事で忙しいんだし、わざわざあなたのためだけに行動できるほど余裕がないかもしれないよね。

問題が全体から見て、どういうマイナスを招いているかを、説得力があるように具体的に話ができると、「それは大変だ、早急に手を打つ必要がある!」と理解してもらえます。

たとえばそれは「私がすごく困っていて、仕事に滞りがあって、これじゃあ皆さんにご迷惑をおかけしてしまうかもしれないんですよ〜。助けてもらえませんか?」でもいいんです。

自分のパフォーマンスが下がることで、みんなにも悪影響が出てくるかもしれないと納得してもらえれば、相手はあなたのこと、助けてくれます。

 

今日のまとめ

上手な伝え方!正直な意見を上司や同僚に伝えるテクニック

いかでしたか。毎日顔を合わせるんだから、言いたいことを言ったとしても、人間関係は壊したくないよね?

ちょっとしたテクニックだけど、これらのことを気をつけるだけで、あなたの言いたいこと、ちゃんと伝わります!

聞いてもらったら、ちゃんとお礼を言うことを忘れずにね!

・ 相手の時間に余裕がある時を見計らう
・ ネガティブな内容だったら言葉の選び方がより大事
・ 急がずにゆっくり話す
・ どうしてそう思うのかなど、理由をはっきりさせる
・ 問題を解決することで、全体にどう影響があるのかを伝える