幹細胞化粧品の種類と成分の違い!ヒト由来が一番人気な理由

幹細胞化粧品の種類と成分の違い!ヒト由来が一番人気な理由
最近話題の幹細胞化粧品はもうリサーチ済みですか?

幹細胞化粧品にはヒト由来、動物由来、植物由来という種類があって、それぞれ成分が違います。中でも「ヒト由来」の幹細胞化粧品が一番人気です。

幹細胞化粧品でスキンケアするなら、購入前にきちんと成分を調べておきましょう。シミやしわ、ほうれい線など、肌トラブルの内容によって幹細胞コスメを使い分ける必要があるからです。

そこで今回は、肌トラブルの内容にあった幹細胞化粧品の種類をお伝えします。

幹細胞化粧品の種類と成分の違い!ヒト由来が一番人気な理由

 

驚くべき抗酸化作用?!「植物由来」の幹細胞化粧品


植物由来の幹細胞化粧品は意外とたくさんあります。一番有名なのは、スイスの「ウトビラー・スパトラウパー」の幹細胞を使ったコスメ。

このウトビラー・スパトラウパーってなんでしょうか?・・・実はリンゴなんです。それも、ただのリンゴではありません。3~4ヶ月も腐らない、魔法のようなリンゴです。

その抗酸化作用、驚きが隠せませんよね・・そんなリンゴが開発されたの?!・・・そう思いませんでしたか?

筆者も始めて知った時はそう思いました。でもこのリンゴ、実は18世紀中ごろに作られたものなんです。当時はまだ、冷蔵技術がなく、長期間腐らない食材は重宝されました。長期保存目的で作られたリンゴだったんですね。
ちなみにこのリンゴ、酸味が強すぎて食用には向かず、現在はスイスに20本しかない希少品種なんです。とっても珍しいために、果実そのものはもちろん使うことができません。

よって、このリンゴの幹細胞の培養液を利用します。驚きの抗酸化作用によって、表皮細胞を活性化し、表皮のシミを改善します。

次に多いのが、モロッコの「アルガンツリーの新芽」を使ったコスメ。これは幹細胞コスメ以外でも耳にしたことがある方は多いと思います。

アルガンツリーもまた希少植物で、暑さへの抵抗力がとても強い植物です。アルガンツリーの新芽を使ったコスメは、リンゴと違って主に真皮に作用するので、肌のハリを取り戻し、シワやたるみを改善します。

植物由来の幹細胞を使ったコスメは、確かに効果もありますが、なぜ効果があるのか明らかでないものも多いので、少し安心性には欠けますね。

 

よく耳にするあの成分・・・?!「動物由来」の幹細胞化粧品


動物由来の幹細胞は主にプラセンタから抽出しています。美容液などによく「高濃度プラセンタエキス配合」という謳い文句を目にしませんか?

美容には欠かせないといっても過言ではない、とてもいい成分です。プラセンタとは主に、羊の胎盤を指す言葉で、プラセンタ以外にも、幼羊の毛根からつくられる幹細胞コスメもあります。

幼羊の毛根は、ヒトの皮膚細胞に近いとされていて、羊を使う理由としては、ほかの動物よりも安全性が高いということがあげられます。
動物由来の幹細胞コスメは、皮膚の幹細胞を活性化し、肌を健康的に若々しく保ってくれるのです。ストレスのない牧場で飼われている方が、良質なプラセンタができます。
ということは、動物由来幹細胞コスメを使う場合、原材料として使われている動物が、どんな環境で育ったかは重要になってくるということなんですね。

羊が食べているものや、飼育環境を調べてから購入する必要があります。動物愛護の観点からもさまざまな意見があり、幹細胞コスメの中でも動物由来の幹細胞コスメはほかのものに比べて数が少ないようです。

 

 

一番人気は「ヒト脂肪由来」の幹細胞コスメ


これは、ヒトの脂肪から抽出した幹細胞を培養し、その培養液をたっぷり含んだコスメのこと。ヒト幹細胞コスメに関しては、幹細胞そのものが入っているわけではありません。ヒト幹細胞の中でも、「体性幹細胞」と呼ばれるものを使っています。

そのほかには「iPS細胞」や「ES細胞」などがヒト幹細胞として有名ですが、これらは発がん性が認められるために実用化には至っていません。
その点、体性幹細胞は実際の再生医療の現場でもたくさんの実用化の事例がありますので安心して使うことができます。

ヒト由来の幹細胞コスメは、主に脂肪から幹細胞を抽出しますが、これには「少ない脂肪からたくさんの幹細胞が抽出できる」という理由があります。

さらに、脂肪から抽出した幹細胞は、脂肪以外にも皮膚・骨・軟骨・神経・靭帯・血管など様々な細胞に分化し、様々な器官になることができる多様な可能性を秘めた細胞なのです。

培養液には、サイトカインやグロースファクターと呼ばれる情報伝達因子が豊富で、成長因子とも呼ばれています。これらの成長因子が、実際の肌の幹細胞に働きかけ、幹細胞が活性化することで効果が得られるのです。

肌に残っていたメラニンをターンオーバーで排出したり、真皮に働きかけて肌のハリを取り戻します。元々持っていたけど加齢とともに衰え失った力を、もう一度呼び起こすのがヒト由来幹細胞の効果なのです。

ヒト由来幹細胞に入っている成分自体、もともと私たちが持っていた成分なので、コスメで肌が荒れやすい人もアレルギー反応を起こしにくくなっています。その安心感が、一番人気の秘密なのかもしれませんね。

 

今日のまとめ

幹細胞化粧品の種類と成分の違い!ヒト由来が一番人気な理由

いかがでしたか。幹細胞コスメの様々な種類の違いをわかっていただけたでしょうか?それぞれに持っている効果は違いますので、よく考えて購入することが重要です。

誰もが実践したいアンチエイジング、美容整形はせずに若いころのハリのある肌を取り戻したい!そんなアラフォー女性にはおすすめのコスメですよ!

一度使ってみてはいかがでしょうか?

・ 驚くべき抗酸化作用?!「植物由来」の幹細胞化粧品
・ よく耳にするあの成分・・・?!「動物由来」の幹細胞化粧品
・ 一番人気は「ヒト脂肪由来」の幹細胞化粧品