飲み会で目の前にいる好きな人へさりげなくアピールする方法

飲み会で目の前にいる好きな人へさりげなくアピールする方法
仕事ばかりで出会いが無い!そんなオトナ女子のあなたに朗報。

会社の飲み会に転がっている様々なチャンスをモノにすべきですよ。だって、飲み会でいつ好きな人(気になる人)と出会うかわからないですからね。

もし出会ったらすかさず「いい女」を演じてください。目の前に座っているあなたの大好きな人から「魅力的で素敵な女性だな」って認められたら・・・どうする?

大恋愛に発展しちゃうかも。だからこそ、毎日の服装はもちろん通勤バッグなどの持ち物ににだって気は抜けませんよね。仕事運や恋愛運は普段の行動を見直すだけでも上がります。

そこで今回は、魅力のある素敵な女性が飲み会でやっている気遣いやアピール方法についてまとめてみました。

飲み会で目の前にいる好きな人へさりげなくアピールする方法

 

あいさつや自己紹介はしっかり聞く


あいさつや自己紹介はしっかり聞く
歓迎会でも合コンでも、自己紹介で始まるパターンの飲み会は多いですよね。知らない人のあいさつならともかくも、同僚や上司のあいさつは何回も聞いているから、ついついだらけがち。近くの人と喋ってしまったり、「何をたのもっかなぁ」なんて暇潰しにメニューをダラダラ見ちゃったりしていませんか?

緊張して喋っている側からすると、あからさまに興味のない態度で聞かれていると、とにかく目立ちます。感じ悪い!なんて思われてしまうと、思わぬ時に思わぬ邪魔をされてしまうかも。それに、しっかり聞いておけば、後々の話題にもなります。自分が話したことを後から話題にしてもらえると、「ちゃんと聞いててくれたんだ」ってドキッとしますよね。

イマイチな相手だったとしても、好きな人が喋るときの準備運動だと思って、話を聞く癖をしっかりつけておきましょう。いきなり王子さまは落とせませんよ!

 

グラスが空いたら周りにも一言


グラスが空いたら周りにも一言
飲み物が無くなったら、飲み放題ならどんどん頼めば良いでしょう。しかし、中には何となく遠慮してしまって頼めない人もいます。もしかしたら、あなたもその一人かもしれませんね。

そんな時は、「私、おかわり頼みますけど何飲みます?」と飲み物が少なくなってきた周りの人に、一声かけてみましょう。自分一人だと頼みにくいけれど、人のもあると頼みやすいし、気が利く子のように見えるし、周りにペースを合わせて飲むことができて、一石三鳥です。頼みたいけれど頼めなかった人には、その一言を言ってくれたあなたが天使のように見えることでしょう。

ただし、あまり飲みたくない人もいるので、無理に勧めないようにしましょうね。

 

好きな人への気遣いは適度に


好きな人への気遣いは適度に
料理がくれば取り分け、空いたお皿は隅に寄せ、汁がこぼれれば拭いてあげ…私ってなんて気が利く魅力的な女性!なんて思っていたら、大間違いです。適度な気遣いは良いのですが、やられ過ぎると男性は落ち着きません。

まずは、何よりも自分が飲み会を楽しみましょう。楽しく過ごす中で、最低限の目配りができていることが、魅力的な女性の条件です。「たばこに火を点けてあげる」「グラスの水滴を拭いてあげる」それはやり過ぎです。プロのホステスさんがするようなことまで、普通の飲み会でする必要はありません。

飲み会でプロっぽく見えても、肝心の好きな人からは決してモテませんよ!

 

 

好きな人の前では適度に酔う


好きな人の前では適度に酔う
「私飲めないんで」ってウーロン茶飲んじゃう。「私飲めるんで」ってベロンベロンになっちゃう。どちらも残念女子決定です。アルコールが飲めなくても、せめてノンアルコールのカクテルを飲みましょう。「お酒は飲めないんですけど、楽しいお酒は好きです」の一言が言えると、周りも安心して飲み会を楽しめます。

ベロンベロンになるまで飲んでしまうのは、女性としてというより、社会人としてダメです。大人なんですから、自分の限界に他人を巻き込んで挑戦するのは止めましょう。

ヤバいと思ったら、トイレでこっそり吐くなりしばらくお水を飲むなり、調整しながら飲むようにしましょうね。適度にお酒が入ってほわほわした女性が嫌いな男性はいません。断言しちゃいます。

特に、普段「仕事できる」タイプの女性ほど、そのギャップの魅力には抗えないものがあります。お酒の席は無礼講、遠慮なくほわほわしちゃいましょう。

 

下ネタにはにっこり


下ネタにはにっこり
酔いが回ってくると、下ネタが入ってくる人もいますね。空気を読んで一緒に盛り上がってあげたりしてませんか?あるいは、露骨に嫌な顔をしたり。

残念ながら、どちらも不正解です。男性は現金な生き物。下ネタで盛り上がってくれる女の子に、「こいつ、良い奴―!」と好印象は抱いても、ちゃっかり恋愛対象からは外されます。もちろん、女の子の前で、盛り上がると勘違いして下ネタを披露するようなバカにはモテなくても良いでしょうが、他の男性全員からも恋愛対象から外されてしまうのはイタイですよね。

かといって、「えー、ヤダー」なんてぶりっ子すれば、女子から総スカンを食らいます。

女の敵は女、できれば敵を作らず上手に立ち回りたいもの。そんな時は、笑顔で流しましょう。経験人数だの、SかMかだの、得意技だの、下らない質問には一応考える振りだけして、「う~ん…どうかな?(ニコッ)」。これが正解。

露骨に嫌な顔をするくらいなら、「明日早いから」とか何とか言って帰りましょう。

不機嫌丸出しで飲み会に居座ると、彼女候補から外される以前に、しっかり嫌われます。

 

携帯は見ない


携帯は見ない
テーブルの上に携帯を置いて、光るたびにいじる。いじらなくても、携帯がしょっちゅう鳴ったり、光りっぱなし。はっきり言いましょう。失礼ですよ。仕事中やらないのは当たり前ですが、それはマナー違反だからですよね?

たとえプライベートの飲み会であっても、失礼なことを平気でやってしまう女性は、その程度にしか扱ってもらえません。「楽しむ気がないんだな」と思われては、雰囲気も白けてしまいます。携帯は音を消してバッグの中に入れておきましょう。

どうしても重要な用件で連絡がある可能性がある場合は、一言「連絡が入るかもしれないので、ごめんなさい」と事前に言っておくなどの配慮をしましょうね。

 

二次会で帰る


二次会で帰る
一次会で帰るのは、早すぎます。二次会が男だらけになっても可哀想ですし、もう一軒くらい付き合ってあげると男性も「女の子たちも楽しかったんだな」と喜んでくれるでしょう。かといって、三次会以降もダラダラ居続けるのは、「いつでも遊べる暇な女」に見られてしまいます。「もうちょっと話したかったのに」と思われるタイミングで帰る。これが大事です。

ただし、友だちが気分が悪くなっていたり、「もう帰る」と言っている時には一緒に帰りましょう。それでも残るのは、「お持ち帰りスイッチをONにして下さい」と言っているのと同じです。それでは残念ながら「魅力的な女性」とは言えません。

それに、ちょっと冷静になってトイレで鏡をチェックしてみましょう。気合いを入れて巻いた髪、ばっちり上げたまつ毛、しっかり叩き込んだファンデ、まだ完ぺきですか?お直しをしたとしても、誤魔化せるのはせいぜい二次会まで。メイクの魔法は二次会で切れます。

どんなに楽しくても、二次会が終わったら爽やかに帰りましょう。

 

今日のまとめ

飲み会で目の前にいる好きな人へさりげなくアピールする方法

さて、いかがでしたか。魅力的な女性になって、仕事ばかりの干物女を卒業してみませんか?素敵な恋愛を始めましょうね。

・あいさつや自己紹介はしっかり聞く
・グラスが空いたら周りにも一言
・好きな人への気遣いは適度に
・好きな人の前では適度に酔う
・下ネタにはにっこり
・携帯は見ない
・二次会で帰る