天然?それともバカ女?上司を不安にさせる部下の行動

天然?それともバカ女?上司を不安にさせる部下の行動
気づけば、あっという間にアラサーに。すでに結婚と出産を経て職場に復帰している同僚もちらほら。そんな中で自分は着々とキャリアを前進中。

どうせこのまま独女でいくなら、とことん出世しまくってみせる!

確固たる信頼を得るためにも、部下として、天然なの?バカ女なの?などと上司が不安になってしまうような行動は慎んで、せっかくのキャリアを台無しにしないようにしましょう。

天然?それともバカ女なの?上司を不安にさせる部下の行動

 

メールを読んでこっちが冷や汗…日本語がきちんと使えない部下


仕事上のメールのやりとりと言えば、取引先とのメールを報告や連絡の意味も兼ねて、CCやBCCで上司や同じチームの仲間に送る機会もあるかと思います。

そんな時、注意したいのがメールの文章。
どんなに取引先の担当者と自分が仲良かったとしても、それをメールで感じさせてはいけません。二人の関係性を知らない上司に、無駄な心配をさせてしまうことにもなり得ます。

また、最近スマホでLINEのようなチャット感覚でのやり取りが多くなったせいか、口語をそのままタイプしてしまっている場合もあったりする。 そんな時こそ、きちんと読み返しが必要です。

メールを送る際には、ちゃんと自分が書いた文章をきちんと読み返し、「それは、どういうことでしょうか?」なんて恥ずかしいミスは絶対送る前に見つけましょうね。

 

ちゃんと人の話を聞いて…思い込みが激しい、勘違い部下


仕事と言うのは基本、人と人との関わり合いがないと成立しません。
それが部下であったり、お客様であったり、どんな関係性にしろ、お互いが理解し合った上で初めて先に進めると言うもの。

それからもわかる通り、コミュニケーション能力、理解力は社会人にとってとても大事な要素ではありますが、この2つの能力が乏しい人よりももっと厄介なのが、思い込みが激しい人です。

せっかく上司が説明しているのに、序盤の話だけを聞いて勝手に結論を見つけ出し、その時にはすでにやるべき事を考え始めてしまっている。

仕事は早いが、上司の話を途中までしか聞いていないので、結局上司の思惑と全然違うものが出来上がってしまう。。。これでは、いくら仕事が早くても使い物になりません。

まずはコミュニケーション。しっかり相手の思惑を理解した上で、仕事に取り掛かりましょう。

 

おいおいおい。空気が読めない、定時ダッシュに命をかけている部下


アラサーと言えば少なからず1人や2人、後輩が出来ている世代。仕事の量も部下より多いとは言え、そこは経験。毎日淡々と仕事を進めることのできる「出来る女」がいることも確かです。

そんな「仕事が出来る女」だとしても、その「出来る」っぷりが毎日定時ダッシュに命をかけているからこそだとしたら。

仕事の少ない時期はともかく、多い時期もとにかく定時に帰りたいが為に、やみくもになって就業時間内ピリピリモード全開。それでは、いくら仕事ができるとは言っても仕事に対する熱意があるわけではなく、その上情緒不安定な人だと思われてしまいます。

たまには、忙しい後輩や上司の仕事状況も把握し、一緒に残業して手伝ってあげるくらいの余裕のある女になりましょう。

 

よくもそんな、前向きなとらえ方をしたもんだね…嫌味を素直に受け取る天然の部下


部下が失敗をした時、注意するのが上司の役目。もちろん、上司も怒りたくて怒っている訳ではないとは思いますが、そこは人間。時には嫌味の一つや二つ言いたい事もあるでしょう。

そんな上司の珍しい嫌味を、嫌味と気付かず、完璧に前向きにとらえてしまったとしたら。。。
上司は肩透かしを食らった気分になると同時に、その部下の事を、ちょっとイタイ子だと認識するでしょう。

嫌味を嫌味と気付かない人に、気づくようになりましょうと言っても難しいことは分かっています。
ですので逆に、嫌味ばかり言う上司には天然のふりをして、毎回わざと前向きにとらえてしまうのも、一つの手なのかもしれません。笑

 

 

あんな大ニュースの事さえも?…ニュースを全く知らない非常識部下


最近では、テレビを持っていない若者も多くいると言います。
確かにインターネットが普及している現代社会では、パソコンさえ持っていれば大部分の知りたい情報を手に入れる事が出来ますし、テレビの動画も時間を選ばず見る事が出来るので、忙しい若者にはちょうど良いのかもしれません。

でもここで注意なのが、インターネットはあくまでも検索が主体だと言う事。

テレビのように、勝手に情報が流れてくる訳ではありませんので、自分から率先してニュースのあるページを開かない限り、ニュースが一切入ってこない生活になってしまいます。

あなたは社会人として最低限の時事問題。きちんと頭に入っていますか?

 

極度の恋愛体質…人によって態度が変わる部下


女性と男性では、やはり女性の方が恋愛体質の方が多いと思います。
いつも彼氏のいる女子が、彼氏と別れた途端、会社の男子に変に気を使い始めたり、明らかに甘えた声を出していたり。。。

周りから見ても、「明らかにあれ、狙っているな。」と分かる態度は、その人がいくら仕事のできる人だとしても、残念な印象しか与えません。

女性・男性関わらず恋愛はプライベートで。

会社内での態度には、節度とマナーを保つように心がけましょう。

 

この子、ちゃんとプライベートあるのかな?仕事に命をかけ過ぎている、仕事生き甲斐部下


毎日朝から晩まで人の何倍も働き、お昼はコンビニおにぎりをデスクでながら食い。土日も市場調査・サンプル試験などに時間を費やしている仕事生き甲斐部下。

仕事に熱意がある事は良いことですが、あまりに度が過ぎてしまうとその熱意っぷりに圧倒され、上司としても「この子プライベートで友達いるのかな?」と余計な心配をしてしまいます。

何事もバランスをとることはとっても大事。

仕事だけの毎日にならない様プライベートも充実させて、仕事以外の会話も上司と楽しめるようになれば、上司からの信用も今まで一味違う、より深いものになるのではないでしょうか?

 

今日のまとめ

天然?それともバカ女なの?上司を不安にさせる部下の行動

いかがでしたか。人それぞれ癖がある、個性がある、とは言っても、「・・・おいおい、だいじょうぶかよ。。。(汗)」と不安にさせてしまう行動は自分の信用問題にかかわります。上司の自分に対する無駄な心配を取り除き、「こいつなら、この仕事を任せても大丈夫だ!」と思わせる事が出来たら、それはあなたの手柄。

ぜひ皆さんも上司を安心させ、上司から信頼、そしてより大きな仕事を与えられるようになってください! (文:水川わら)

1. メールを読んでこっちが冷や汗…日本語がきちんと使えない部下
2. ちゃんと人の話を聞いて…思い込みが激しい、勘違い部下
3. おいおいおい。空気が読めない、定時ダッシュに命をかけている部下
4. よくもそんな、前向きなとらえ方をしたもんだね…嫌味を素直に受け取る天然の部下
5. あんな大ニュースの事さえも?…ニュースを全く知らない非常識部下
6. 極度の恋愛体質…人によって態度が変わる部下
7. この子、ちゃんとプライベートあるのかな?仕事に命をかけ過ぎている、仕事生き甲斐部下