使ってはいけない言葉!職場の人間関係を悪化させるフレーズ

使ってはいけない言葉!職場の人間関係を悪化させるフレーズ
人間関係が苦手な人なら誰しもが、何気ない気持ちで言った言葉で相手をすごく傷つけてしまった経験があるはず。言葉って使うのが難しいですよね。そんなつもりじゃないのに・・と思ったこともきっとあることでしょう。

職場の人間関係が上手な女性は言葉の使い方が上手です。相手の気持ちが理解できる素敵な女性は、絶対に使ってはいけない言葉を心得ています。悪気がなくても人を傷付けてしまう、使ってはいけない言葉があることを知っています。

そこで今回は、人間関係が上手な女性が決して口にしない「使ってはいけない言葉」をまとめてみました。

使ってはいけない言葉!職場の人間関係を悪化させるフレーズ

 

「私なんか・・」


「私なんか・・」
日本人って、謙遜の心が強いので、この言葉を多用しがちなんです。
別に自分を卑下しているわけではないけれど、褒められると、「私なんか全然すごくないですよ!」なんて言っちゃう・・そんな女性もいるはず。この言葉を使う人の多くが、謙遜のつもりで使っていて、相手に悪い印象を与えるなんて思っても見ないことがほとんどなんです。

私なんか・・って言われたときのことを考えてみてください。言われた方は、「あ、この人マイナス思考なのかな」という印象を持ちます。自分を必要以上に卑下しているとか、本心で褒めているのに受け取ってもらえないとか、プラスのイメージはつかないんですね。

人間関係が上手な女性は、褒められると素直に「ありがとうございます」とニコニコできます。特に仕事でのこの言葉は、絶対に避けた方がいいですね。

 

「できません」


「できません」
仕事で指示を受けたり、例えば飲み会の幹事を頼まれたとき・・自分には荷が重いと思ってすぐに「できません」と口に出していませんか?

確かに、絶対にできない仕事を易々と引き受けるのはいただけませんが、「できない」という言葉を口にすることもマイナスイメージを植え付けます。何か頼みごとをした相手に「できない」という返事をもらったら、チャレンジ精神のない人なんだな・・と思いませんか?

特に女性は、上司からの指示に「できません」と返答すると、チャレンジの機会が減少する傾向にあります。それは、「やる気がない」と早々に見放されてしまう場合が多いからなんですね。意欲的な姿勢は絶対に忘れてはいけません。イエスマンになればいいわけではありませんが、何もかも断らず、自分のできる範囲での仕事は精いっぱいやりましょう。

また、仕事以外でも人のためになるならと少々無理をしてでも動くことは、人間関係を良好に築くためにも効果的ですね。

 

「だから何?」


「だから何?」
この「使ってはいけない言葉」を何気なく気軽に使ってします女性は多いです。特に若い女性に多い言葉なんですが・・これって、言われた側はすごく威圧的に感じてしまうんです。上から目線でキツイ言い方をする女性だな・・と避けられてしまう場合も少なくありません。

相手が後輩だったりすると、立場も下の人ですから、先輩の威圧的な態度に、相手も委縮してしまいます。

 

「あの人って○○だよね」


「あの人って○○だよね」
女性同士の噂話に花を咲かせた経験はありませんか?

同僚でも、同級生でも、女性が数人集まると、話題はそこにいない誰かの話になることもしばしば・・・しかし、主語がそこにはいない第三者の会話は、話している女性の印象も悪くしてしまいます。

それが例えば良くない話だったりする場合・・この人は他人を批評する上から目線なひとなんだなと思われる場合も。悪印象になってしまいがちです。悪口なんてもってのほか。

人間関係が上手な女性は、本人のいないところで褒めはしても悪口なんて絶対に言いません。

 

 

「前にも言ったと思うけど」


「前にも言ったと思うけど」
この「使ってはいけない言葉」、同僚や後輩相手に使っていませんか?

特に、仕事を教える立場にある女性は使ってしまいがちな言葉です。この言葉の裏には、「何度も同じことを言わされている」という苛立ちを感じることができますね。

相手に、前にも言ったことがあることを知らせるために使う女性もいますが、そうでない場合は要注意!無駄にイライラを伝染させてしまっているかもしれません。なんだかため息が聞こえてきそうなフレーズですね。

無意識で使っている女性は特に注意しましょう。

 

「どっちでもいいよ」


「どっちでもいいよ」
これ、一概にダメとは言えないんじゃ・・・と思った女性も多いと思います。確かに、本当にどっちでもいい時ってありますよね。本心なんだから別に使ってもいいでしょ?と思うのも確かなんですが、「どっちでもいい」という言葉は使った人は「どっちでも楽しそう」というポジティブな意味でも、受け取る側は「どっちでもおんなじなんじゃない?」というネガティブな言葉に変換されがち。

問いかけの内容に興味がないのかな?とか、どちらも気に入ってもらえなかったんだ・・と受け取ってしまう人の方が多いのです。

ポジティブな意味合いで使いたいなら、

「私はこっちがいいと思うけど、どちらでも楽しいと思うよ」

などという風に、とりあえずどちらかの意見を伝える方がいいですね。その上で「どちらに決まっても反対じゃないよ」ということを伝えてあげましょう。

 

「○○の割には・・」


「○○の割には・・」
これは、女性として絶対に使ってはいけない言葉かもしれません。これを何かの前置きに使う女性は、○○に入る事柄をけなしていることを示します。

女性の肌がきれいと褒められていたとしても、「40歳の割には肌きれいですね」と言われたらうれしくないですよね。これは、40歳という事実を馬鹿にされていると感じるからなんです。見下しているようでとても失礼な言葉だと思いませんか?

褒め言葉には、余計な飾り言葉は不要!肌がきれいと思ったなら、

「肌がきれいですね」

とそのまま褒めればいいのです。

 

今日のまとめ

使ってはいけない言葉!職場の人間関係を悪化させるフレーズ

いかがでしたか。女性として避けたい言葉をまとめてみました。
全体的に、「上から目線に見られる言葉」は使わない方がいいように感じます。相手のプライドを傷つけたり、相手を馬鹿にしたりしているように聞こえる言葉は、使わない方が良いんですね。無意識で使ってしまっている女性がいたら、ぜひ意識してみてくださいね!

・ 「私なんか・・」
・ 「できません」
・ 「だから何?」
・ 「あの人って○○だよね」
・ 「前にも言ったと思うけど」
・ 「どっちでもいいよ」
・ 「○○の割には・・」

 

美しくなって幸せに暮す唯一の方法

今すぐ、こっそり受け取ってください。
この記事を読んだあなたは最高にツイてる(^_-)-☆

人間関係が上手な女性になりたい!だったら、腸内環境を整えて体質改善を・・・

綺麗なオトナ女子になるプログラム。

便秘、肌荒れ、ほうれい線、女性特有の悩みもスッキリする「エンザイムで若返る方法」を始めてみませんか?
※ブログじゃ言えない・・・実体験を包み隠さず暴露中。最新の幹細胞コスメ情報もお届けしています。