めんどくさい女と思われたくない!職場でイライラしない方法

めんどくさい女と思われたくない!職場でイライラしない方法
女性は感情的な生き物。ちょっとしたことで嬉しくなったり、イライラしちゃったり、落ち込んだり。ですが、それがあまり度をすぎるようだと要注意です。コミュニケーションの中では感情を抑えて、相手に接することも時には必要。特に、自分の不快な感情を周りに撒き散らしてしまうなんてもってのほか!一度や二度なら、周りも気を遣って声をかけてくれるかもしれませんが・・・それが度々繰り返されるようなら周りはこう思います。「めんどくさい女だな!」ってね。

一度、「めんどくさい女」と思われたら最後。周りは誰も近寄ってきません。なぜなら、わざわざ近寄って波風立つのが「めんどくさい」から!みんな「めんどくさい女」は大嫌い。そうは思っていても、ついついやらかしちゃう事ってありますよね…。「あ、あたし今、めんどくさい事言ってる」って、わかってるのに止められない!感情が抑えきれずに、爆発しちゃう前に、心を落ち着かせてリラックスしましょ。イライラを抑え、どこでもリラックスできる方法をマスターしたら、あなたの人間関係は大幅に改善されること間違いありません。

めんどくさい女と思われたくない!職場でイライラしない方法

 

イライラを忘れるために日記を書く


場合によっては、ますますストレス溜まるんじゃ…という事もあるかもしれませんが、日記を書くには良い点がたくさんあるんです。

・ 書き出す事でストレスを発散する

・ 問題点を整理する

・ 書いたら忘れる!

誰に見られるものでもないので、普段自分が吐き出せないでいる想いをぶつけちゃいましょう!
書いているうちに、解決策が浮かんできたり、自分自身わからなかった考えがまとまってスッキリできたりします。

あとは、書いたら忘れる事。

忘れた頃にペラペラめくってみると、結構、同じことで悩んでて、笑っちゃったりしますよ。

パソコンや携帯で書くと変に格好つけて書いちゃうから、手で文字を書くのがオススメ。手帳とかにちまちま書くんじゃなくて、でっかい文字で感情の向くままにガシガシ書いちゃう。

日記を書き慣れないと、「日記を書かなきゃ…」って思っちゃうのが余計窮屈になっちゃうから、気が乗らない日は書かない!

相手が紙とペンなら遠慮することはありません。自分の想いをめいっぱいぶつけて、スッキリしちゃいましょう!

 

自分の好きな事を楽しんでやる


日常的な仕事や、家事から離れて、リフレッシュできるような娯楽や気晴らし方法はありますか?

映画を見る、本を読む、お買い物をする、ジムに行って体を動かす、ライブに行く、旅行に行く、絵を書く…挙げてみると本当にたくさんあります。

すでに見つけているのであれば、それを楽しんでやる時間を定期的に作りましょう。

時間がない!と言わずに、次のお休みは絶対これをすると計画を立ててしまえば、それを励みに仕事にも力が入りませんか?

まだ、見つけていない人や新しく何か始めたいと思っている人も、思いつく限り楽しい事を書き出して、自分にぴったりの楽しい事を探してみましょう。

時にはお友達も巻き込んで、心から楽しむ時間を過ごすと疲れも悩みも吹っ飛んじゃいます。

 

心も体もリラックス、リラクゼーション


アクティブに動くのも疲れちゃったら、コレ。エステやマッサージなんて最高ですが、毎日は続けられないので、お家でもできる自分なりの方法を見つけるのがオススメです。

アロマの香りでゆったりなんていうのもいいですね。

気分をリフレッシュしたい時には柑橘系のレモンやフルーツの匂い。

集中力を上げたい時は、いらいらを解消したい時にはローズ系の香りがいいそうです。

気持ちを落ち着かせてゆっくり休みたい時にはラベンダーの香り。

いい匂いって、心を落ち着かせてくれますよね。アロマの香る部屋で、ハーブティーを頂きたい。

なんだかそれだけで充実した気分になれそうですよね。

 

 

スッキリ、サッパリ!お風呂に入る


お風呂好きの女性も多いのではないでしょうか?

そんな、お風呂の入り方にも場面に応じた入浴方法がありました!

・ 体の疲れをとりたいときは、ぬるま湯にゆっくり浸かって、入浴後はすぐに寝ること。

・運動不足の解消には、熱めのお風呂に入って汗をかいたら、あがって休憩。

これを何度も繰り返すこと。休憩中に足に水をかけると効果が上がって、新陳代謝が良くなるそうです。

・ 朝、すっきりと目覚めるには、起きてすぐに42度~43度の熱いシャワーを浴びると、交感神経が刺激されて元気に動ける。

入浴剤や、お気に入りのボディクリームなんかを見つけて、リフレッシュできるバスタイムを楽しみましょう。

 

リラックスして、寝る


なんだかんだ言っても、一番大切なのはゆっくり眠る事ですよね。

一日の締めくくり。明日への準備ですから、気持ち良く眠りましょう。

疲れているからと言って、テレビをつけたまま、電気をつけたまま眠ってしまうのはNG。

電気の明かりが睡眠を妨げてしまって、後からベッドで寝直したとしても、疲れがそのまま残ってしまうそうです。

眠る前には読書や音楽。ストレットなど、リラックスした状態で眠りましょう。携帯電話やパソコンの明かりも、神経を刺激してしまって良くないそうなので、注意して下さいね。

ストレス解消にお酒を飲む人も多いと思いますが、就寝前のアルコールも眠りを浅くしてしまって良くないそうです。

眠れないからといって、アルコールを飲んで床に就くのはダメ。

お風呂に入ったり、ノンカフェインの暖かい飲み物などを飲むなどして、リセットしてからゆっくり眠りましょうね。

 

今日のまとめ

めんどくさい女と思われたくない!職場でイライラしない方法

いかがでしたか。忙しいからと時間に追われて、ホッと一息を忘れていませんか?

元気に動くためには体と心を落ち着かせることが必要なのです。自分なりのリラックス方法をいくつか身につけて、充実した毎日をおくりましょうね!

・ イライラを忘れるために日記を書く
・ 自分の好きな事を楽しんでやる
・ スッキリ、サッパリ!お風呂に入る
・ スッキリ、サッパリ!お風呂に入る
・ リラックスして、寝る