幹細胞化粧品とは?今までの化粧品との違い 肌再生効果 まとめ

幹細胞化粧品とは?今までの化粧品との違い 肌再生効果 まとめ
「幹細胞」って聞いたことありますか?スキンケアやコスメという言葉と一緒によく耳にしますよね。あらゆる肌トラブルに効果があるということで今後ますます注目されそうですが、そもそも「幹細胞化粧品」とはいったい何なのでしょうか。

今回は幹細胞化粧品と従来のコスメとの違いについて詳しくお伝えします。

幹細胞化粧品とは?今までの化粧品との違い 肌再生効果 まとめ

 

幹細胞化粧品のすごい特長


幹細胞コスメのすごい特長
幹細胞化粧品・・・というからには、化粧品です、間違いなく。でも、これは従来のスキンケア化粧品とは全く違う理論から誕生してきたということが幹細胞化粧品の最大の特長です。

そもそも、今まであるスキンケア品は「乾燥」「シミ」「シワ」など、できてしまったトラブルに対処する対処療法が主な目的でした。

それに対して、幹細胞化粧品はこういった様々な肌トラブルの改善はもとより、肌内部の細胞にアプローチすることにより、トラブルそのものが発生しにくいお肌に整えていくというものです。

これは、西洋医学と東洋医学の違いと似ているかもしれません。現代の医学は外科的手術を中心とする「悪いところが出てきたら、そこを切るなり、投薬するなりして、その症状に対応していく」という西洋医学が中心ですが、東洋医学では「人の体は本来自ら健康に保とうとする働きがあるので、漢方を中心とした日々の食生活などで病気になりにくい体を作る」という思想の元で治療が行われています。

この考え方と幹細胞化粧品の理論はよく似ています。できてしまったトラブルをなんとかしよう・・・ではなく、トラブルそのものを遠ざける肌を作る。それを可能にしたのが、幹細胞化粧品です!

 

化粧品が作用する場所が違います


化粧品が作用する場所が違います
乾燥が気になる場合、従来の基礎化粧品はまず「角質層」という肌内部の水分を抱え込む働きを持つ部位に不足したうるおいを与えることを最優先の目的としていました。

でも、一番考えなければならないのは「なぜ、角質層の水分を抱え込む力が落ちたのか?」という、原因です。これを辿っていくと、答えは「細胞」に行きつくのです。

角質層を作り出す肌内部の「幹細胞」が、加齢やストレスなどで衰えた結果、健康な角質層を作り出せない・・・だから、

化粧品としてアプローチしなければならないのは「肌」ではなく「肌内部の細胞」なんですよね。

ここを改善しなければ、化粧品をつけた直後はしっとりするけれど、時間とともに

また乾燥し、つけてもつけても改善しない・・・という、事態に陥ります。しっかりお手入れしているのに、今一つ効果が実感できない・・・これは、化粧品を作用させる部位が間違っていたからなんですね!

 

今までの化粧品では無理だった「医療」に近いケアが自宅でできる


今までの化粧品では無理だった「医療」に近いケアが自宅でできる
幹細胞をお肌に補うことがエイジングケアに劇的な効果があることはハリウッドセレブの間では早くから知られていました。

しかし、幹細胞を肌に入れていくには美容クリニックで注射による導入しか手段はなく、しかも1回150万!本当に限られた人々だけが試すことのできる夢の治療法だったわけです。

しかし、とうとうその幹細胞を補う成分を化粧品に配合した「幹細胞化粧品」の開発が進みました。「美容」の世界の化粧品が「医療」の世界の化粧品と変わったのです!

自宅にいながらにして、美容クリニックに近いケアができる・・・これは、今までの化粧品では決してできなかったことです!

 

 

肌内部は表皮と真皮の2階建て


肌内部は表皮と真皮の2階建て
私たちのお肌の中をのぞいてみると、肌表面に近い「表皮」と呼ばれる部分とその「表皮」を支え土台となる部分の「真皮」という部分の2階建て構造となっています。

年齢を重ね、お肌に様々なトラブルが起こってくるのは実は土台である「真皮」が衰えてくるから。でも、普通の化粧品をこの肌の奥深くにある「真皮」まで浸透させるには非常に高い技術力が必要です。
なので、一般的な化粧品では一番栄養を与えたい「真皮」ではなく肌表面までしか栄養を届けられないというのが現実です。

しかし、幹細胞化粧品は違います。特に「ヒト由来」の幹細胞化粧品は、肌のエイジングケアのために一番栄養を必要とする「真皮」に届いて、そこに存在する細胞にアプローチしていきます。

真皮の幹細胞が元気ならば、土台から整いシワやたるみなどの手ごわい肌悩みを解消することが可能なんです。

 

肌を作り直すから従来スキンケア品とは効果実感が絶対的に違います


肌を作り直すから従来スキンケア品とは効果実感が絶対的に違います
あなたがスキンケアを始めてから、今日まで何社の化粧品会社を試しましたか?ずっと、同じ・・・と言う人は、ごく少数なのではないでしょうか?

では、あなたはなぜ化粧品を変えるのでしょうか?

色々な答えはあるでしょうが、その答えを端的にまとめると「今使っているものより、効きそうだから」が、女性が化粧品を変える最大の理由ではないでしょうか?

今使っているものより、効きそう・・・言い換えると、今使っているものでは、思うほどの効果が出ていないということ。

肌を再生させていく幹細胞化粧品は、もう浮気したくないと思える効果実感が味わえます。そして、それが今まで使っていた従来のスキンケア化粧品との大きな違いです!

 

今日のまとめ

幹細胞化粧品とは?今までの化粧品との違い 肌再生効果 まとめ

いかがでしたでしたか。今、こうしている間にもips細胞を始め、細胞研究はどんどん進んでいます。

時代は「細胞」をキーワードに進化しているんです。近い将来「幹細胞化粧品」が主流となるかもしれませんよね。

どうせエイジングケアするなら確実に効果がでる幹細胞化粧品を使った細胞美容を始めてみませんか。

・ 幹細胞化粧品のすごい特長
・ 化粧品が作用する場所が違います
・ 今までの化粧品では無理だった「医療」に近いケアが自宅でできる
・ 肌内部は表皮と真皮の2階建て
・ 肌を作り直すから従来スキンケア品とは効果実感が絶対的に違います