一週間で美肌になる!ぷるるんと弾むうる肌を作るスキンケア

一週間で美肌になる!ぷるるんと弾むうる肌を作るスキンケア
夏の強い日差し、冷房による乾燥・・・など、肌にトラブルを抱えているアラサーも多いはず。まさか、日頃のお手入れをちゃんとしているから大丈夫!とか、一週間もあればぷるるんと弾力のある「うる肌」を取り戻して、美肌になるわよ!なんて油断していませんか?皮膚のトラブルを改善する正しいスキンケアをきちんと理解して実行していますか?そこで今回は、代表的な肌のトラブルにオススメなスキンケアをお伝えしますね。

一週間で美肌になる!ぷるるんと弾むうる肌を作るスキンケア

 

できていますか?正しい洗顔で美肌


毎日行う洗顔、あなたはちゃんとできていますか?

間違った洗顔方法を行っている方は、肌荒れやシミ、くすみといったトラブルを抱えていたり、かゆみ、痛み、赤みなどの敏感症状が発生したりと肌のトラブルを抱えていたりします。

お肌の角質層は、サランラップほどの厚さしかないそうです。だから、ただ洗顔料をつけてゴシゴシ洗うだけでは、お肌は悲鳴をあげているはず!

どんな洗顔料を使っていますか?クレンジングと洗顔が一緒になっている洗顔料はできれば避けたいものです。なぜなら、クレンジングと洗顔は、それぞれ役割が違うからです。

クレンジングとは、“皮膚表面の汚れを取り除くことです!”それは、メイク汚れと、皮膚表面にでてきた皮脂と汗です。

洗顔とは、毛穴の汚れを取り除くこと!です。皮脂腺、汗腺の入り口の汚れを取り除くことが目的なのです。

では、正しいクレンジングとは、どのようなものでしょう。

まず、ポイントメイクを落としましょう。一気に洗ってしまうと、アイシャドウやマスカラのラメが、毛穴に詰まってしまい、ニキビや吹き出物の原因になるからです。優しく、くるくると円を描くようにクレンジングを行ってください。

次に洗顔方法ですが、まず弾力のある硬い泡を作ります。指で肌をこするのではなく、泡を転がすようにして泡で洗いましょう。毛穴の汚れをすっきりと取り除き、透明感のある潤ったお肌になるように続けてみてください。

 

化粧水をつけるのは、手とコットンどっちがいい?


洗顔後、最初に使う化粧水。あなたは、直接手でつけますか?それともコットンに染み込ませてパッティングしますか?

ある統計によると、圧倒的に手でつけるという人が多いようです。理由は様々なようですが・・・
洗顔後、肌の皮脂が少なくなり一時的に潤いが不足します。ですから、10分以内に行うことが必要とも言われています。

実は、コットンにつけてお肌にこすりつけたり、パンパンと叩きつけるのは、よくありません。

敏感肌の方は、その摩擦で肌を傷つけてしまいますし、叩くのはシワやシミの原因になると言われています。

化粧水をつける時は適量を手のひらに取り、温めるようにしてから、顔全体にやさしくなじませます。

その後、10秒ほど手で覆い浸透するようにイメージすると良いでしょう。

目元・口元など、乾燥が気になるところは重ねて何度かつけてあげると効果的です。時間がある時は、美容マスクを使うのもオススメです。

シートマスクにお気に入りの化粧水を浸透させて使うのもいいでしょう。

 

美容液は必要?


美容液といえば、高価なイメージがありませんか?興味はあるもののイマイチ手が届かない・・・美容液とは、化粧水よりも1歩踏み込んだ効果を持たせたものと思ってもいいかもしれません。

美容液を使わなくてもキレイな肌をキープできる!美肌になる!というのなら、特に美容液は必要だとは思いません。しかし、何かが物足りないとかもっとキレイになりたいという気持ちが大切かもしれませんね。

美容液には、潤いや保湿といった効果だけではなく、美白やたるみ、小ジワなど、具体的な悩みを解決する有効成分がしっかり説明してあったりします。

美肌を手に入れるために今の自分には何が必要なのかしっかり吟味してみてください。美容液が悩みを解決してくれるとは限らないのです。

1つのスキンケアアイテムとして、毎日のお手入れと無理なく続けていくのが基本です。

 

乳液はどのように使う?


化粧水を塗った後にその水分を逃がさないようにするためにも、化粧水の後の乳液は欠かせないポイントです。

化粧水で水分を補ってもすぐに蒸発してしまいます。

モチモチの肌を維持するためには、乳液の油分でしっかり肌をコーティングしましょう。でも、ただ塗りこむだけでは、上手な使い方とはいえません。逆に小ジワや黒ずみの原因になるかもしれません。

乳液も他のアイテム同様、じっくりなじませるようにするのが効果的です。ゆっくり肌の奥に浸透させるようにするのがポイントなのですね!

そして、顔全体に広げるのではなく、乾燥しやすいところには少し多めに。ベタつきやすいところには薄めにつけるなど工夫してみるといいでしょう。

 

 

ピーリングで角質ケア


ピーリングとは、ニキビやニキビ跡、くすみや乾燥など、いろんな肌トラブルに効果を発揮することができるスキンケアではないでしょうか?

ふだん使っている化粧水なども浸透しやすくなり、相乗効果できれいなお肌へ改善する効果が期待できるでしょう。

また、お肌の奥にできてしまったメラニン色素を排出したり、ニキビの原因となる毛穴の詰まりを掃除したりすることで、シミやくすみ、毛穴の黒ずみ、ニキビなど、様々な肌トラブルの予防や改善効果も期待できます。

ピーリングのし過ぎは禁物です。ピーリング剤の使用は、週に1回〜2回にしましょう。ピーリングを行った後の肌はバリア機能が弱まっているため、し過ぎると逆に肌トラブルの原因となる事もあります。

ピーリング剤にも、いろいろな種類があります。保湿成分が配合されたものや、天然塩成分が配合されたものなど、あなたの肌の状態に合うかどうか、パッチテストを行う事をオススメします。

使い方は、ピーリング剤を顔全体に伸ばし、指先でやさしく円を描くように、くるくると30秒ほどマッサージします。

そうすると、要らなくなった古い角質がぽろぽろとむけ始めるので、あとはぬるま湯でしっかり洗い流しましょう。

ピーリングを行った後は、保湿やUVケアを忘れずに!

 

今日のまとめ

一週間で美肌になる!ぷるるんと弾むうる肌を作るスキンケア

いかがでしたか。スキンケアは、洗顔→化粧水→美容液→乳液が基本です。仕事や家事、育児にと忙しい現代女性。疲れてしまい、さっと化粧水を塗って、乳液をつけて布団へ・・・という方も多いかもしれません。

ですが、疲れた時こそ美しく!ちょっとした事を気をつけるだけです。毎日のスキンケアで健康な肌を作りましょう。もちろん、肌の状態を整えるのは、化粧品だけではありません。毎日の食事や睡眠も大きく影響してきます。

今回紹介したのは、ほんの一部かもしれませんが、どうかあなたの肌がぷるるん美肌になりますように!

・ できていますか?正しい洗顔で美肌
・ 化粧水をつけるのは、手とコットンどっちがいい?
・ 美容液は必要?
・ 乳液はどのように使う?
・ ピーリングで角質ケア