年齢肌の隠れ炎症に効く!乾燥や赤みを改善する5つのスキンケア

年齢肌の隠れ炎症に効く!乾燥や赤みを改善する5つのスキンケア
それって隠れ乾燥肌かもしれませんよね。元々の肌の赤みってなかなか治らないんです・・・ただただ「治らない」って悩んでいませんか?

冬でもないのに赤面したみたいに頬が赤い、顔の一部だけ赤くなっている部分があるなど、肌の赤みといっても症状や原因は様々です。その原因を知ることがスキンケアの第一歩です。

そこで今回は、年齢肌の隠れ炎症に効く!乾燥や赤みを改善するための5つの方法をお伝えしますので、ぜひ試してみてくださいね!

年齢肌の隠れ炎症に効く!乾燥や赤みを改善する5つのスキンケア

 

まずは、自分の肌を知るところから!


自分の肌質がどんなものか、きちんと知っていますか?
意外に知らない人って多いんです。
オイリー肌だと思っていた人が実は乾燥肌だったり、乾燥が原因のオイリー肌や、隠れ乾燥肌なんていう人もいるんです。

まずは、自分の肌質がどうなのか、確実に知ることから始めましょう。それがわかったら、肌質に合ったスキンケアを開始します。
オイリー肌の人はさっぱりタイプの化粧水、乾燥肌の人はしっとりタイプの化粧水など、自分に合ったものを使うだけで、肌質は改善されるかもしれません。

さらに、生活習慣も大きく関わっています。不規則な生活、食事の乱れ、睡眠不足などになっていませんか?
それが原因で肌がトラブルを起こしていることも十分に考えられます。

また、カフェインやタバコ、アルコールなどは赤ら顔の原因になると言われていますので、症状がひどい人は改善してみるといいかもしれません。

 

炎症が治まるまではビタミンCが効果的!


肌トラブルといえばニキビなどの炎症ですが、顔にニキビができた場合、日ごろのスキンケアを念入りに行うことが大切です。

そして、効果的な成分はビタミンC!

特にビタミンC誘導体という、ビタミンCを肌に浸透させやすくしたものが効果大です。
ビタミンCには抗酸化作用があり、炎症を抑制するという効果があります。

化粧品の表示成分を見る際は、「リン酸パルミチン酸アスコルビル3Na」(APPS、アプレシエ)や「リン酸アスコルビン酸Na」(APS)などの表記がビタミンC誘導体に当たりますので、探してみてくださいね!

クリームや美容液などにも多く含まれる成分ではありますが、化粧水が一番浸透しやすく効果的です。

 

炎症がおさまったらビタミンK


赤ら顔の原因として考えられる疾患に、毛細血管拡張症という疾患があります。顔の皮膚の表面に近い毛細血管が拡張して浮き出しやすくなるという疾患です。

ビタミンKには、血管のつまりや栓を取り除き、血液循環をスムーズにする効果があります。血液がスムーズに流れることによって、血管が広がりにくくなり、結果的に赤ら顔の改善につながります。

さらにビタミンKは、赤ら顔だけでなく、目元のクマなどにも効果がありますので、化粧品を購入するときはぜひ検討してみてくださいね!

 

 

肌に刺激を与えないことが大切!


洗顔後、化粧した後、顔がかゆくなったり赤くなったりする人は、刺激の与えすぎかもしれません。

まずは、洗顔するときも優しく丁寧に、もっちりした濃密な泡で洗うようにしましょう。

クレンジングをするときも、決してゴシゴシこすってはいけません。クレンジングとメイクを優しくなじませるようにしてメイクオフしてください。

また、肌に合わないと思った化粧品や、アルコールなどが入った刺激の強い化粧品は使用を避けましょう。うるおいを与えるには、セラミド・ヒアルロン酸・アミノ酸などが配合されている化粧品がおすすめ!
自分の肌に合った化粧品を使うことが大切です。

さらに、年齢を重ねるにつれて、化粧品の数が多くなっている人は要注意!どれが自分に合っていないのかわからなくなる可能性があります。

たくさんのアイテムを使うことがいいことではありません。真のキレイは、意外とシンプルなところにあるものです。

 

よくならない場合は皮膚科を受診して!


ストレスや生活習慣から来る肌荒れや、赤ら顔は誰にでも起こりうることですが、化粧品を変えても、生活習慣を改善しても全く赤ら顔が治らない!という場合は、迷わずに皮膚科を受診してください。

ただの肌荒れと思っていても、皮膚の疾患の可能性は十分にあります。必要があれば形成外科や血管外科などに紹介状を書かれることも少なくありません。

皮膚疾患の場合、治療法は光療法・レーザー療法、硬化療法などがありますが、レーザー治療にのみ保険が適用されます。長い間赤ら顔で苦しんだ人は、なかなか治らない場合もありますが、根気よく治療を続ける必要があります。

 

今日のまとめ

年齢肌の隠れ炎症に効く!乾燥や赤みを改善する5つのスキンケア

いかがでしたか。自分の肌が今どんな状態か、きちんと知っている人は少ないと思います。

日ごろのスキンケアはとっても大切ですが、ただやればいいってものでもありません。自分に合った方法を見つけられるといいですね。

百貨店などの化粧品売り場では、肌年齢診断や肌質診断などを無料でやってくれるショップもありますので、一度出かけてみてはどうでしょう。サンプルがもらえる場合もあるので、お得感満載です。この機会にぜひ肌質診断、受けてみてくださいね。

・ まずは、自分の肌を知るところから!
・ 炎症が治まるまではビタミンCが効果的!
・ 炎症がおさまったらビタミンK
・ 肌に刺激を与えないことが大切!
・ よくならない場合は皮膚科を受診して!