できる女になりたい!男性上司が女性部下に求める仕事スキル

できる女になりたい!男性上司が女性部下に求める仕事スキル
もしあなたが上司にとって理想の部下なのであれば、きっと上司はこう思っているはず。

「仕事ができる女性で良かったぁ」とね。当然、仕事がしやすくて喜んでいることは間違いありません。あなたの評価もうなぎのぼりに高まります。

そこで今回は、男性上司が女性部下に期待する仕事能力・・・仕事をする上で身につけて欲しい「スキル」をまとめてみました。

上司が求めるスキルを身に付けて、さらに評価を上げていきましょう。

できる女になりたい!男性上司が女性部下に求める仕事スキル

 

的確に上品に話ができる「敬語スキル」


「人は見た目が9割」だそうですが、あなたの外見はどうでしょう。もちろん、スーツをピシっと素敵に着こなして、どこからどう見ても素敵なキャリアウーマンかとは思います。さて、ここでちょっと注意してみてください。あなたの口調は大丈夫?どれだけ外見が素敵な女性でも、話しぶりが雑だと魅力は半減です。あなたはきれいな敬語を使えていますか?

「なんとなく使っていて、これまで注意されたこともないし、大丈夫だと思うけれど、ちゃんと勉強したことがないからもしかして間違っているかも」という心当たりのある人は、この機会に勉強をしてみましょう。

勉強をしてみると、これまで正しいと思っていた言葉遣いに、ところどころ間違いがあることに気がつくと思います。会社の中ではなんとなくな敬語でも甘く見てもらえますが、取引先の人たちやお客様と接する時、変な敬語を使って「なんかこの人のしゃべり方はおかしいぞ」と思われたら、あなたの仕事がどんなに良くても信頼には結びつきません。

そんな部下を、上司は連れて歩けませんよね?きれいな言葉遣いと正しい敬語を使うことができれば、それだけで信頼感に繋がります。ですから、上司はそんな「敬語を使いこなせる女性部下」を求めているのです。

 

誤字脱字はありませんか?書類の不備を見ぬく「チェックスキル」


上司はとても忙しいので、作成した資料に穴があったとしても気が付かないこともあります。次から次に舞い込む仕事に忙殺されて、細かいところまで手が届かない!そんなときに、あなたの出番です。上司の資料の作成を手伝う時、ただ言われた部分だけを作成するのではなく、データを手元において、数字は合っているか、引用は間違っていないか、漢字の使い方はあっているか、文脈や構成は適当か、文章に変な部分はないかをチェックするのです。

上司の作ったものに赤ペンを入れていくのはどうなんだろう?とあなたは思うかもしれません。でも上司の書類にミスがあって、そのまま外に出回ってしまったら、恥をかくのは上司ですよね。あなたがミスを事前に発見して、あなたが出来る範囲で修正したり、上司に報告することによって、上司はとても助かります。そんなわけで、「書類の最終チェックを任せることのできる部下」がいると、上司は心強いでしょう!文章の校正スキルを身につけると喜ばれること間違いありませんよ。

 

 

いつも縦横揃ってます。職場を綺麗に整える「整理整頓スキル」


作業中の案件をデスクに出して、それがいくつも重なると、デスク周りはうず高く積まれた書類の山に……!ちょっとでも引っかかるとバサバサバサっと崩れたりなんかして、危ないことこの上ないですね。

忙しい上司は自分の周囲を片付ける時間も惜しくて、とにかくその必要な山の中から資料を引っ張りだして、必要な部分を確認して、また上の方にぽんと戻したりして、とにかく出しっぱなし。片付けしない。汚い。埃っぽい。でも気にしてる余裕なし!

そんなときには、あなたが気を配ってあげましょう。上司の机周り、もちろん使い勝手があるでしょうから、勝手に資料を片付けたりしてはいけませんよ。上司にこう一声かけてみてください。「なにかお済みの資料はありますか。片付けておきますよ」といえば、一つか二つは使用済みのものがあると思います。手渡されたものをきちんと分類して所定の場所にしまってあげましょう。

デスク周りが埃っぽい場合は、ハンドクリーナーを片手に、「どこか拭く場所はありますか。ちょっと掃除してもいいですか」と聞いてみましょう。掃除や片付けの際は、上司の許可無く、上司のテリトリーにあるものの配置を変えてはいけません。でもその点にさえ配慮して掃除をすれば、上司のデスク周りは多少きれいに快適になるでしょうし、上司はテリトリーにむやみに侵入してこないあなたの整理整頓の仕方に感心するはずです。

というわけで、「触ってほしくないところには触らない整理整頓スキルのある部下」がいると、上司はいつも良い気分で仕事ができるのではないでしょうか。

 

君の笑顔はホッとするね。お疲れの上司に沁みます「笑顔スキル」


上司は責任もあり、仕事の量も半端無く多く、疲れていることもしばしば。そんなとき、フロアの空気もギスギスしていると、ギスギスにギスギスが掛け合わされて、息が詰まるような空気になってしまったりしますよね。というか部下たちは上司の機嫌を伺ってますので、上司の機嫌が悪いと「うわぁ、機嫌悪いよ、近寄らないでおこう」なんて、よそよそしく遠巻きに眺めて、上司はそんな部下たちにイライラ。

ああ悪循環。といった具合になること、ありますよね。あるある。こんなときだからこそ、あなたの明るい対応が必要です。デスクで深い溜息を付いている上司に「お茶はいかがですか」と声をかけてみましょう。

親切な対応をされて嫌な気持ちになる人はいません。お疲れでしょうからお茶でも、というあなたの親切な気持ちは伝わるでしょう。疲れた時に笑顔を向けられるほど沁み入るものはありません。こんなふうに、「上手に気配りのできる笑顔スキル」がある女性は、やはり「できる女」といえるでしょう。

 

今日のまとめ

できる女になりたい!男性上司が女性部下に求める仕事スキル

さてさて、いくつかスキルをお伝えしてきましたが、いかがでしたか。

ここでご紹介したのはあくまで一例ですので、上司の性格によってそれぞれ違う対応を求められることもあるでしょう。

でもそんなとき、柔軟に手際よく上司のサポートをすることができるのが、「仕事ができる女性」というものなのです。

・ 的確に上品に話ができます「敬語スキル」
・ 誤字脱字はありませんか?書類の不備を見ぬく「チェックスキル」
・ いつも縦横揃ってます。職場を綺麗に整える「整理整頓スキル」
・ 君の笑顔はホッとするね。お疲れの上司に沁みます「笑顔スキル」