日焼け後の肌にやるべき美白スキンケア5つのこと

日焼け後の肌にやるべき美白スキンケア5つのこと
紫外線対策をしないまま、海水浴をしちゃった!あとから大変なのが日焼け後のケアです。真っ黒になったらどんどん肌の質が落ちてしまうかも?!

こんな時、どうすればいいのでしょうか?

そこで今回は、日焼け後の肌のスキンケアについてご紹介します。この夏の日焼け対策の参考にしてくださいね。

日焼け後の肌にやるべき美白スキンケア5つのこと

 

日焼けをしたら、まずはメイクや汚れをオフ!


顔や体の汚れやメイクを落とすことから始まります。
注意が必要なのは、「肌に刺激を与えない」こと!
できれば流水だけで洗ってください。
どうしても石鹸やクレンジングを使う場合は、なるべく低刺激なものを使い、優しくなじませて洗い流すようにするのがいいです。
ゴシゴシこするのは絶対にNG!
ダメージを受けた肌がボロボロになってしまいます・・・

 

冷却してからの水分補給


実は、日焼けは軽い火傷なんです。
あまり無理に焼きすぎると、水ぶくれができてしまうことも・・・こうなったら「軽い」ではなく完全な火傷です。
まずは保冷剤や氷の入ったビニールなどをタオルやガーゼで包んで、延焼しているところを冷やしましょう。
注意するのは同じ場所にずっと当て続けないこと!
逆に肌を傷めてしまう場合があります。
冷たいシャワーなどもおすすめです。
冷却しながらしっかり水分補給をしましょう。
ミネラルウォーターやスポーツドリンクが最適です。
そして、赤みが引いたら、化粧水で肌の水分補給も忘れずに。
ポイントは「赤みが引いたら」というところです。
赤みがあるうちはまだ肌が炎症しているので、化粧水などの化学物質をのせるのはNG。
赤みや痛みが引いてからにしましょう。
惜しみなく使えるプチプラの化粧水をいつもの5倍くらい入れ込みます。
手よりもコットンにたっぷりと染み込ませて優しくくるくるなじませた方が効果があります。
もしシートマスクなどを持っていればそれでもOKです。
冷蔵庫で冷やしておくと、より気持ちいいですよ!

 

水分補給ができたら肌にふたをして!


肌にのせた化粧水が渇いた後、「ん?化粧水を塗ったのに、肌が乾燥しているなあ」なんて思ったことはありませんか?
そうなんです、特に水に近い成分の化粧水を使っている場合、化粧水が蒸発するときに肌の水分と熱を奪ってしまい、より乾燥してしまうのです。
なんと、乾燥予防のために塗っていた化粧水が、乾燥を助長させていたなんて・・ショックですよね。
そこで、化粧水を塗ったら必ず上から蓋をします。
乳液が手軽でおすすめです。
そのほかにも、ニベアの青缶やワセリンは乾燥を防ぐ効果がありますし、高価な化粧品ではありませんので、たっぷり使えるのも魅力です。

 

 

美白コスメを使ってケア


ここでやっとホワイトニングケアです。
本当だったら最初から美白コスメを使いたい!という人が多いですよね。
でも美白コスメは、肌の炎症が治まってからの方が効果が高いのです。
肌は日焼けしてから2~3日後にメラニンが急に増加し、黒くなっていきます。
ビタミンC配合の化粧品はおすすめですよ!
ビタミンCには、メラニンの生成を抑える効果があります。
化粧品だけでなく、食物から摂るのもgood!
レモン、グレープフルーツ、緑黄色野菜などに多く含まれています。
ビタミンEと一緒に摂るとさらに効果がアップするってご存知ですか?
ビタミンEには日焼けした肌の回復効果がありますので、ぜひ摂取したい栄養素ですよ!
アボカドや大豆、ゴマ、ナッツ類などに多く含まれます。

 

さらに日焼けを重ねないように対策!


日焼けでダメージを受けている肌に、さらなる紫外線はもってのほかです。
次の日からはきちんと紫外線対策を行ってくださいね!
日焼けの原因は紫外線ですが、その紫外線にも3つの種類があります。
A波は肌が黒くなる原因となるもので、私たちが住んでいる地上に一番多く届く紫外線です。
肌が黒くなるだけでなく、コラーゲンやエラスチンという肌の深い層まで届くので、シミやシワの原因にも・・
アラサー女子としては絶対に避けたいですよね。
対策するには日焼け止めのPA表示を見てください。
+の数が多いほど、紫外線A波をカットできる効果が高くなります。
B波は地表には1割くらいしか届かないと言われている紫外線ですが、油断は禁物。
1割程度しか届かないのに、パワーがとっても強いため、皮膚がんの原因にもなると言われています。
肌が赤くなるのは、紫外線B波のせいなんだそうです。
カットするにはSPFが高いものを選んでください。
日常生活で使うならPA20でも問題ないですが、海に行ったり炎天下でスポーツしたりする場合はSPF50あった方が安心ですね。
C波というのも存在しますが、今は私たちの住んでいる地表にはほとんど届かないので、心配する必要はありません。
紫外線カットと一口にいっても色々種類があるんですね。
きちんとわかったうえで対策しなければいけません。

 

今日のまとめ

日焼け後の肌にやるべき美白スキンケア5つのこと

いかがでしたか。
日焼けしてしまっても、「まあいいや」「ただの日焼け」と軽く見てはいけません。
あまり焼きすぎると火傷になったり、若いうちの日焼けは高確率でシミやシワの原因になります。
十分に対策して、歳を取っても綺麗でいられるようにしたいですね!

・ 日焼けをしたら、まずはメイクや汚れをオフ!
・ 冷却してからの水分補給
・ 水分補給ができたら肌にふたをして!
・ 美白コスメを使ってケア
・ さらに日焼けを重ねないように対策!