災害時に使えるTwitter!気になる地域の被害状況を把握する方法

災害時に使えるTwitter!気になる地域の被害状況を把握する方法

地震や豪雨など全国各地で様々な被害が出ている日本。

もちろんニュースでもそういったニュースは取り上げられています。

しかし、ひどい状況だということは分かっても、全体的にどうなのかというところしか見えてきません。

「もっと深く災害情報について知りたい」と思うことがありますよね。

そういった場合、情報リテラシーが高い人たちは口を揃えて、

「SNSを見た方がいい」
「ネットで調べよう」

と言います。

SNSは災害時に以下のような役割を果たします。

・fecebook(個人の安否確認ができる)
・Instagram(被害状況が写真やストーリーから伝わる)
・Twitter(詳細情報がやりとりされる、救援要請ができる)

つまり、活用すれば情報収集がスムーズになるんです。

中でも災害時に使えるSNSで断トツなのはTwitterです!

今回は、Twitterを使った“災害情報の集め方”や“救助要請のやり方”などをお伝えします。

家族や友人、気になるあの人が住んでいる地域のことなど、
「大丈夫かな?どうしているかな・・・」と不安になることが多いですよね。

この記事を読めば、そういった時にできることが今より増えます。

それから、ご自身の身に災害が降りかかってきた時にも役立つはずです。

何があるか分からないこのご時世。
Twitterの使い方をマスターして、できることを少しでも増やしておきましょう!

“災害時に使えるTwitter!気になる地域の被害状況を把握する方法” の続きを読む