男にドン引きされるアラサーの「悪魔の口癖」ワースト3

男にドン引きされるアラサーの「悪魔の口癖」ワースト3
どんなに奇麗で性格が良くて、仕事ができる女性だったとしても男性社員からドン引きされてしまっては意味がありません。そんなアラサー女子の共通点は悪魔のような口癖。言えば言うほど損をする、悪魔の口癖ワースト3を大公開しちゃいます!ん?あなたは大丈夫ですか。

男性社員をイラっとさせてしまうような口癖は今すぐ使わないようにしてくださいね。

男にドン引きされるアラサーの「悪魔の口癖」ワースト3

 

第3位:「私って…」


先日、学生時代の同級生たちと合コンに行ったんです。合コン相手も質が高くて、私達も張り切ったんですよ。
その時に、私は初めて男性が真顔になる瞬間を目撃しました!その発端はどうやら同僚が放った『ホラ!私って料理上手じゃないですか!』だったんです。
私にはその男性のおでこに電光掲示板のように流れる『知らんがな…なんのアピールやねん…』の文字が見えましたよ、笑。
こんな些細な言葉で簡単にドン引きってされるんですねぇ…。
いやぁビックリしたけど勉強になりました!

確かに全員初対面だったわけですから、そんな個人的な情報を相手の男性は知らないですよね?
それをさも知っているのが当たり前のように言われてもねぇ…となりますよね、苦笑。
しかもこの言葉、言う人に限って真逆な事が多いんです。
女性なら知ってますよね?コレ。
この女性の場合は『料理上手』ではなく『料理下手』と同性にアピールしているようなものなんです。
言えば言うほど損をする、悪魔のような言い回し!『私って~じゃないですか!』

アラサーになると途端に合コンが増えて、初対面同士で自己アピールのためにいろいろと自分のことを話すんですが、相手の男性をドン引きさせてしまったら本当に出会っただけで何も進展がないまま終わってしまいますよね。
ツンデレを感じさせるこの言葉、マニアックな一部男性にはウケても、一般男性にはまだまだなようです。
結局この『ホラ!私って料理上手じゃないですか!』と言った女性も出会いに繋げられなかったらしいですよ。

『あぁそうなんだ…』としか返せないこの言葉、あなたは大丈夫ですか?

でも大丈夫!『私~なんですよ』と、ちょっと変えるだけでOKなんです。『私って…』と言いかけても修正出来ますので、言いかけた時に気づきさえすれば大丈夫!

少し変えるだけで周囲の男性はあなたのことを『押しが強そうなツンデレ風味の女性』から『常識的な女性』『近寄っても安全そうな女性』へと認識を変えてくれますよ!

 

第2位:「絶対!」


たまに残業で帰りが一緒になったらそのまま後輩の男性社員と飲みに行くんですが、先日、この後輩から彼の彼女に対する愚痴を延々聞かされました…。
その後輩は彼女の意外な言葉が引っかかってるのだそうです。
なんだかおもしろそうなので、取引先の部長さんとその後輩の男性と3人で飲みに行って来ちゃいました、笑。
イイ感じに酔いがまわった頃、後輩に彼女の話を振ってみるとホントに意外な言葉が悪魔の言葉になっていました!

僕の彼女なのですが、やたら『絶対!』って言うんですよ。
『私、絶対35歳までに結婚しなくちゃ!』とか『初めて一緒に行く海外旅行は絶対ハワイでなきゃ!』とか、ちょっと飲み物入れてきてって頼んでも『絶対無理!』とか、しょうもないぬいぐるみを見ても『これ絶対かわいい!』とか、『今度の休日には絶対水族館に連れてって!』とか、苦笑。
『絶対!』ってかわいいじゃない!その若い感じがする言い回しがとてもいいと思うけど?
と言ってみたら、わざわざ『絶対!』ってつけなくてもいいようなことばかりだと思うんですよ。
すごく押し付けがましいというか、自己主張が激しいっていうか…。
これは譲れない!って内容ならともかく、そこまで主張しなくても35歳までに結婚すればいいと思うし、旅行先くらい合わせるし、飲み物もいったん手に持っているものを置く時間くらい待てるし、かわいいなら普通にかわいいって言えばいいし、行きたいなら水族館に連れて行くくらい僕は構わないんですよね…。

言われてみれば確かにすごく強い言葉ですよね、『絶対!』って。
この男性の話を聞いているうちに、私にもこの『絶対!』が悪魔の言葉だと気づきました。
本人は何気なく軽い気持ちで『絶対!』と言っているんでしょうが、言われた方は『譲れない!』と聞こえてしまいます。
いつもいつも『絶対!』と言われたら、自己主張が激しくて付き合いづらいと思われてしまいそうですね。

『あなたが譲る気がないことはよくわかりました』と答えたくなるこの言葉、あなたは大丈夫ですか?
『絶対!』を使う前に、本当に譲れないことなのかまず考えてみましょう!
言葉の最初や途中に『絶対』を使わずに、最後に使うようにしましょう。
そうしたら話している途中に、本当に譲れない事柄なのか考えることができますよね?
本当に譲れない事柄なら、最後に『絶対!』とつければ念も押せて効果的です、笑。

『絶対!』を連呼せずに要所要所で使うだけで、周囲の男性はあなたのことを『自己主張が激しい幼稚な女』から『自分なりのこだわりを持っている女性』『芯がある女性』へと認識を変えてくれますよ!

 

 

第1位:「前にも言ったと思うけど…」


この春、新人研修を受け持った後輩社員がいるんです。
新人がなにかの書類を、彼女に持っていった時に事件は起こりました。
オフィスに彼女の怨念が漂ったのです。

書類の不備を指摘し、訂正を求めるところまではいつもの平和なオフィスだったんですが、最後に言った彼女の一言がオフィスを凍りつかせました…。

『前にも言ったと思うけど…』
その後にひたひた押し寄せてくる、怨念のような彼女の心の声…!
…あなた覚えてないのね?何回同じ事を言わせれば出来るようになるのかしら?いったいどういうつもりなの?やる気ないんじゃないでしょうね?まさか覚える気がサラサラないとか言うつもり?…。

彼女の滴るような怨念に、オフィスのみんなは振り向くことさえ出来ませんでした…。
キャ~!!いくら真夏でも、こんな怪談みたいなオフィスは恐ろしいですよね!耳にしたすべての人間に怨念を振りまくこの言葉、『前にも言ったと思うけど…』と言いたくなる気持ちは理解できるんですが、この言葉にドン引きしない人はいません。

フォローもしにくいこの言葉、あなたは大丈夫ですか?
『言っちゃってる…』と思ったあなた!怨念を振りまくこの言葉を『頑張ってるね!』『あとちょっとだね!』『ここまでOKだったんだから次は出来るよ!』といったフォローワードに変えてみてください。
それだけで周囲の男性社員はあなたの印象を『怨念の女』から『明るい励ましが嬉しい女性』『やる気を出させてくれる女性』に認識を変えてくれますよ!

 

今日のまとめ

男にドン引きされるアラサーの「悪魔の口癖」ワースト3

さて、いかがでしたでしょうか。悪魔の口癖、あなたは大丈夫でしたか?自分ではあまり気がついてなかったり、気がついていてもそこまで直す必要性のない!と思うような言葉ばかりでしたが、自分で思うのと、男性社員が受け取る印象にはこのようにずいぶんな差があるようです。

この言葉はどう受け止められるかな?と考えるようにする癖をつければ、自然と印象はアップします。悪魔の口癖を封印して、男性社員の誰もが振り向くような素敵な女性に変身しちゃいましょう。

第1位:「前にも言ったと思うけど…」
真夏の怪談!オフィスが怨念で凍りつく!前向きフォローで変身しよう!

第2位:「絶対!」
幼稚な自己主張にバイバイ!芯のある素敵女子に変身しよう!

第3位:「私って…」
初対面のアピールはツンデレよりも良識!マニア受けはもうやめて出会いをチャンスに☆彡