いつも上司と言い合いになってしまう女が見なおした5つの態度

いつも上司と言い合いになってしまう女が見なおした5つの態度
上司と言い合いになってしまったら、あなたはどのように振る舞いますか?

失敗したなぁ、あんな言い方をするつもりじゃなかったのに・・・気が付いたら反抗的な態度をとっていました。そんな後悔をいつもしてしまう、という悩みを抱えている女性も少なくないはず。

そんな時は簡単です。あなたのその言い方を少し変えるだけで、上司との関係がグッとよくなリますよ。

では、どのように見直したらいいのでしょうか。

上司と意見がぶつかりそうになったら、上司と言い合いになってしまったら、上司から罵倒されてしまったら、いったいどう言えばいいのか、どう振る舞うべきなのか、具体的な事例を元に理想的なトークスクリプトをまとめてみました。

さっそく、明日から職場で活用してみてくださいね。

いつも上司と言い合いになってしまう女が見なおした5つの態度

 

この件について○○(上司)さんは如何お考えですか?


この件について○○(上司)さんは如何お考えですか?
上司と言い合いをしてしまって気まずくならないためには、まずは徹底して上司の意見を仰ぐといいです。しかし、自分も仕事に責任を持って頑張ってきたという誇り高き女性も多いのが現代社会です。

ですが、出来れば、上司と同じ土俵には乗らず、一線を引いた態度が望ましいでしょう。

自分の態度が悪かったと思ったら、いったん自分の意見を置いておき、上司の意見を聞いて、理解する姿勢を示しては如何でしょうか?

できる女性は、仕事をする姿勢に余裕を感じさせるものです。常に冷静でありたいですね。

間違っても、上司に感情的に機関銃のように話すのはやめましょう。

 

○○さんの意見はもっともです。ですが、参考までに私の意見を少し聞いていただけますか?


○○さんの意見はもっともです。ですが、参考までに私の意見を少し聞いていただけますか?
相手の意見を一旦受け入れて、話を聞いてから自分の意見を言うと、その場の雰囲気が悪くなりませんよね。何がなんでも相手をやり込める必要はないし、上司を尊重する気持ちが伝わればいいのですから・・・・

たとえ上司が間違っていようと、相手の意見を否定するのは良くないでしょう。上司は、仕事ができるから、上司になれたのです。

案外、上司の言い分は妥当かもしれませんし、上司の意見を取り入れたほうが上手くいくかもしれないので、相手の話をよく聞いた方がお互いのためですよね。

上司に限らず、誰にたいしても相手をたてながら話す姿勢をとったほうが、敵を作らなくてすみますよ。

業績のあがる職場は、チームワークが良いといいますから。

 

すみません、出過ぎた事を言いました。


すみません、出過ぎた事を言いました。
反省して謝ると良いですよ!
特に男性上司の場合には、先に謝ったほうが心証がよくなります。

よく「男性はプライドの塊だ」と言いますが、実際にそうなんです。よほどできた人間でない限り、自分を立ててくれない部下は嫌われます。
理不尽かもしれませんが、それが人間の感情なのです。

覚えておいて損はないですよ。

有能な女性社員は、したたかに立ち回る事に徹することも大切なことですよね。

 

 

私の勘違いで余計な事を言いました。訂正してもよろしいでしょうか?


私の勘違いで余計な事を言いました。訂正してもよろしいでしょうか?
上司と言い合いになったら、この言葉がとっさに浮かばなくても、謝罪と再度説明する旨を伝えられればいいのでは?

素直に謝られたら、悪い気はしないですよね。

それに、言葉が足りなくて相手に誤解を与えてしまうこともあるので、丁寧に説明するにこしたことはないです。

円滑なコミュニケーションのためにも、正しく話す訓練が必要では?
でも、これが一番難しいかもしれませんね。

 

・・・・・・・(ひたすら沈黙)


「沈黙は金、雄弁は銀」という「ことわざ」をご存じでしょうか?
気まずいときには、言い訳や謝罪をペラペラ喋ると「うるさいなぁ」と上司に嫌がられる恐れが・・・・

さらに、緊張して言わなくていいことまで言ってしまう可能性があります・・・・

たとえ、沈黙の時間が耐え難くても、周囲の冷たい視線を感じても、ひたすら耐えてみてはいかがでしょうか?

案外、気まずい雰囲気を打破するために、周囲の人が助け船を出してくれるかもしれませんよ!

でも、上司と自分しかいない場合は、この方法はお勧めできかねますが・・・・

ここはひとつ!黙って上司の出方を見るのも良いのではないでしょうか?

 

今日のまとめ

いつも上司と言い合いになってしまう女が見なおした5つの態度

職場での上司との会話には、気をつけていても、お互いに言葉がたりなかったり、言わなくても解るだろうという甘えがでたりと、なかなか難しい面がありますよね。

コミュニケーション能力を磨くことはもちろん大事ですが、感情を抑えること、人の意見を理解すること、などなど本当に人間関係は難しいです。

そういえば、一説には社会での人間関係に親子の葛藤が関係していると言います。

何故か上司とぶつかってしまう、上司に嫌われる、上司を好きになれないなどの問題には、実は自分の両親への隠れた問題があったりして・・・・?

以前、受けた研修での講師(男性)の方の体験談によると、その方は上司(男性)から嫌味を言われたり、大勢の人の前で恥をかかされたり、辛かったらしいのですが、あるとき気づいたんだそうです。

「父よりも自分のほうが学歴が上になり、心の底では父を馬鹿にしていた。そして今は、上司を、仕事が出来ない人だと、陰で軽蔑していた」と・・・・

それに気づいてからは、心から反省し、上司を尊敬する努力をしたそうです。結果、上司からの嫌がらせは消えて、上司は他部署へ異動されたとのことです。

人生の全てに意味があるんですね。

・ この件について○○(上司)さんは如何お考えですか?
・ ○○さんの意見はもっともです。ですが、参考までに私の意見を少し聞いていただけますか?
・ すみません、出過ぎた事を言いました。
・ 私の勘違いで余計な事を言いました。訂正してもよろしいでしょうか?
・ ・・・・・・・(ひたすら沈黙)