人生の転機をつかむために!アラサーがやっておくべき7つのこと

人生の転機をつかむために!アラサーがやっておくべき7つのこと
30代というのは、人生における5月病にかかりやすい時期かもしれません。学校を卒業して就職し、20代には少し無理もしてがむしゃらに走って、キャリアと人に言えそうなものを身につけたあなた。

30代になってすこし立ち止まり、このまま進んでいいのかしらとちょっと不安になっていませんか? でも、人生の転機は空から降ってくるものではありません。人生の転機は、人生の転機につながる色々な道を歩んでいる人にだけ訪れるものです。

そこで今回は、人生の転機をつかむために30代でやっておくべきことを7つ提案します。

人生の転機をつかむために!アラサーがやっておくべき7つのこと

 

結婚するのかしないのかを、決め「ない」こと


結婚するのかしないのかを、決め「ない」こと
30代になって独身でいると、結婚する気はあるの?と聞かれることが増えます。特に結婚したいと思う人もなく仕事を優先してここまで来たのでしたら、心配する親に結婚しないの?と聞かれたら、「いい人が現れたら結婚する」とだけ答えておきましょう。

でもあなた自身の心の中では、結婚するとか結婚はしないとか、決める必要はありません。結婚は目的ではなく結果です。仮に今結婚しないと決めても、結婚してもいい素敵な人は突然現れるかもしれません。それは来週かもしれないし、60歳を過ぎてからかもしれません。逆に結婚すると決めても、すぐに相手が現れるとは限りません。結婚を目的にすると、肝心の相手よりも「結婚」という事実にだけ目が向いてしまいます。

結婚することに人生の転機を求めるのではなく、貴女自身の人生における一つの節目になる、という位置づけで考えてみませんか?

 

子供が欲しいかを考えておく


子供が欲しいかを考えておく
結婚するかしないかは決めなくても、子供を持ちたいかは、自問しておきましょう。

結婚相手は60歳になって突然現れることだってありますが、女性の場合出産には、残念ながらタイムリミットがあります。40歳を過ぎると無理ではありませんが少ししんどいので、30代のうちに、遅くても45歳くらいまでには子供を産みたいかどうか、子供を育てる人生にしたいかだけは、決めておいたほうが良いでしょう。

結婚しないで子供を持つもの一つの選択ですし、最近はそういう女性も増えていますから、結婚と切り離して考えても良いのではないでしょうか。結婚そのものは人生の転機にならなくても、子供を持つことは人生の転機になります。

 

1年仕事をしないで暮らせるだけの貯金をする


1年仕事をしないで暮らせるだけの貯金をする
何かあったときに、1年くらいは収入がなくても生活出来るだけの貯蓄はしておきましょう。つまり年収分ですね。

人生の転機を転職に求める場合もありますが、転職先はすぐに見つかるとは限りません。またすぐに仕事を見つけないとという不安があると、あせって思う通りの転職も出来ません。1年くらいは仕事がなくても食べていけるという、気持ちの余裕が大切です。

食べて行けるだけのお金プラス、その間に旅行にも行けるくらいの貯蓄があると、尚良しですね。

 

何をするのが好きかを自覚する


何をするのが好きかを自覚する
今の仕事、残業も苦にならないくらい好きですか?

全体的には好きだけど、この仕事は嫌いで苦手、というものはありますか?

キャリアは、どうせ積むなら好きなことをして積みたいですよね。もし仕事をすることではなく、仕事の内容で苦痛に思うことがあったら、その仕事は続けない方が良いのではないでしょうか。

長く続ければ続けるほど抜け出すのが難しくなりますから、30代の今のうちに、何をするのが好きで何をしている時が楽しいのかを見極めて、それが出来る仕事を得る努力をしてみませんか。

結婚して専業主婦になるのでない限り、仕事は貴女の伴侶になりますから。

 

 

知り合いを整理する。嫌いな人と無理に付き合わない


知り合いを整理する。嫌いな人と無理に付き合わない
20代は、交友関係を広げるためになるべく沢山の人と知り合って、沢山の友達や知り合いを作ることに専念していたのではないでしょうか。でも皆が皆好きになれる人とは限りません。あまり気が合わないけれど将来的にメリットがあるかもしれないからとか、義理でお付き合いしている人がいたら、そういう人は30代では思い切って距離をおいてみましょう。

知り合いが多いほど出世する、なんてことは全然ありません。むしろ、負のエネルギーをもらってしまうような人もいますから、30代に入ったら自分にとって居心地の良いプラスのエネルギーをもらえる人、人生の転機が来たら頼りになりそうな人を選んで、長くお付き合いすることを始めるチャンスです。

 

やったことがない事をやってみる。行ったことがない所に行ってみる


やったことがない事をやってみる。行ったことがない所に行ってみる
何か今までやったことがないことをやって、今まで行ったことがない所に行ってみましょう。

大げさに考えずに、些細なことで十分です。今まで着たことがなかった赤い服を買ってみる、ネールサロンに入ってみる、お料理教室に通ってみる、今まで一度も降りたことがない駅で降りてみる、15階のオフィスに階段で上がってみる、少しふんぱつして最高級ホテルに泊まってみる、焼酎を飲んでみる、禅のお寺に泊まってみる、用もなく紳士服売り場に行ってみる、駅前で手相を見てもらう。

何か新しいことをする度に、人生の転機への道が沢山編まれていきます。

 

引越しする


引越しする
引越ししたことがある人は引越しの度に、どうしてこんなに色々物が出てくるんだろうと、びっくりした経験があるのではないでしょうか。遊牧民のモンゴル人は、定期的に家を替えることで、「気」の入れ替えをするそうです。

生の転機をつかむ前に、引越ししてみませんか。そして引越しする時には、何となくとっておいた不要なものをきれいさっぱり捨てましょう。買ったけど2~3回しか着ていない服、古い書類、もう読まないだろう本、しまっておいた空き箱。いつか使うかもしれないと思ってとっておいたけれど結局1年間使わなかったものは、今後も絶対に使わないはずです。全部捨てましょう。
思い切って旧いモノを捨てないと、新しいモノは入ってきません。

大切なものは全て、あなたの頭と心の中にあるはずです。

 

今日のまとめ

人生の転機をつかむために!アラサーがやっておくべき7つのこと

運命って、生まれた時から決まっているのでしょうか。人生は編み物を編むようなもので、一日は毎日編む網目。

あなたの編む網目が運命になり、転機につながっていくのかもしれません。

何が起こるのかわからないのが人生ですが、あながた今やっていることは、人生の何らかの方向付けにつながっていくはずです。

素敵な人生の転機につながるように、上の7つのことを試してみませんか?

・ 結婚するのかしないのかを、決め「ない」こと
・ 子供が欲しいかを考えておく
・ 1年仕事をしないで暮らせるだけの貯金をする
・ 何をするのが好きかを自覚する
・ 知り合いを整理する。嫌いな人と無理に付き合わない
・ やったことがない事をやってみる。行ったことがない所に行ってみる
・ 引越しする

 

この記事を読んだあなたはホントにツイてる(^_-)-☆