日焼けからすっぴん美肌を守るスキンケア!幹細胞化粧品の使い方

日焼けからすっぴん美肌を守るスキンケア!幹細胞化粧品の使い方
夏です、日焼け対策はバッチリですか?すっぴんで紫外線を浴びると角質はますます厚く、硬くなってはがれにくくなります。たかが日焼けなどと侮ることないようにきちんと紫外線対策をしてレジャーを楽しみましょう。

すっぴん美肌をキープするもしないもスキンケアしだいですが、肌の再生を促すには、とにかく水分補給して角質を柔らかく剥がれやすくさせる必要があります。

じゃ、どのようにして、お肌に潤いを与えたらいいの?

日焼けからすっぴん美肌を守るスキンケア!幹細胞化粧品の使い方

 

アラサーは夏に年を取る!


夏の洗濯。冬に比べると楽ですよね。あっという間に洗濯物が乾いて、ちょっと干しすぎるとパリパリになってしまいます。これは、強力な紫外線があるからです。
短時間で洗濯物が乾くというのは、忙しいアラサー女子にはありがたいことですが、アラサー女子の肌にとっては、迷惑以外の何物でもありません!
強い紫外線は洗濯物同様に、お肌を必要以上に乾燥させます。これは、紫外線の中でもUV-Bが表皮に与える影響です。
表皮が乾燥すると、表皮の一番上に存在する角質層もまた乾燥します。
普段は適度な水分を含んで、一つ一つの角質層がぴったりくっついていますが、角質層が乾燥すると、その層の一つ一つが焼いたスルメのように反り返ってきます。
すると、肌の一番表面で肌内部を守る役割を果たしていた角質層が剥がれ落ちていきます。
一番上の「盾」を失った肌は、角質層をどんどん作らねば、刺激が肌の奥深くまで入ってくる・・・と、ばかりに必要以上にどんどん角質層を作り出します。
角質層が必要以上に出来上がると、今度は剥がれるべきスピードと生産量に差が生まれます。
結果、一つ一つの細胞がどんどん成長し厚くなり、剥がれにくくなる・・・これが夏のゴワゴワ肌の原因です。
ゴワゴワのお肌では、いくら美白ケアをしてもその化粧品自体が浸透していきません。
これを改善するには、角質層を作りすぎてしまう細胞へのアプローチが必要になってきます。
現代の化粧品で、この細胞に働きかけてその機能を正常に戻すことができるのは「幹細胞化粧品」だけになります!

 

紫外線を浴びた・・・と、思ったら細胞ケアを即始めましょう


紫外線という刺激を浴びた途端、私たちのお肌の内部では細胞が活発に活動し始めます。
細胞が元気になるなら、いいじゃない・・・と、思ったあなた!
違うんですよ。
この時、活発に動き出すのはシミの元を作り出す「メラノサイト」という細胞。
肌を健やかに保つ「幹細胞」は、紫外線の刺激で逆にダメージを受けて働きが劣化します!
肌を健やかに保つ幹細胞が劣勢で、シミの元となるメラノサイトは元気はつらつ・・・こんな状態でほっておいたら、あっという間にシミだらけのお肌になります。
元気を失った肌内部の幹細胞の働きを補助する幹細胞コスメで、肌本来の機能を正常に戻していくことが、将来のシミを予防する最善の方法になります。
職場の仲間とBBQで盛り上がった・・・
そんな日は、幹細胞化粧品のローションでいつもより丁寧にローションパックをしてあげたいところです。

 

さらに、さらにアラサーは夏に老けこむんだから


シミ以上に怖いのは、UV-Aが真皮に及ぼす影響です。
肌表面の乾燥のみならず、肌の内部から乾燥すると・・・お肌のハリの元となるコラーゲンがボロボロになります。
ボロボロになったコラーゲンでは、肌の弾力を保つことができず、やがてはシワだらけのお肌へと変化していきます。
ここで、従来のスキンケア品でコラーゲンケアをしてもあんまり効果は出ません。
なぜなら、この肌内部の乾燥によりコラーゲンを生み出す「幹細胞」もまた、ダメージを受けているからです。
いくら外からコラーゲンに栄養を与えても、本来コラーゲンを作り出す細胞そのものが弱っていてはスキンケアはイタチごっことなってしまうだけ。
改善にはつながらないのです。
こんな時は特に「ヒト由来」の幹細胞成分を配合した幹細胞コスメがおすすめ!
コラーゲンを作りだす細胞に作用して、お肌の奥深くまで紫外線ダメージをケアしてくれます。

 

 

特に夏におすすめの幹細胞配合の炭酸パック


紫外線を浴びたから、しっかりケアを・・・と、思いながら寝てしまった・・・こんな経験は、多忙なキャリア女子なら一度や二度ならずあるでしょう。
分かる、分かる。
毎日が戦争、疲れ切って帰ってくるんですもの。
だから、もうアンチエイジングなんて無理・・・と、あきらめないでくださいね。
夜がだめなら、朝がある!
しかも、朝から暑い夏場にぴったりの幹細胞配合の炭酸パックなら、さわやかにお肌のお手入れができるんです。
洗顔後、いつものスキンケアの合間に簡単アンチエイジングです。
なにより、うれしいのはその日のメークのノリから変わること。
紫外線ケアだけでなく、つい飲み過ぎて寝不足・・・
なんて時にも重宝します!

 

日焼けってやけど、ケガですから!


たかが、日焼けとあなどるなかれ。日焼けは、やけどの一種、立派なケガです。ですから、本来なら日焼けをしたら薬による治療、場合によっては医師にかかってもおかしくないんですよ。
やけどというケガでダメージを受けた肌を修復するのは、実は肌自身です。
肌内部に存在する「幹細胞」が元気であれば、ケガは早くきれいに治るのです。
幹細胞の働きは、様々な種類の細胞を生み出す能力を持っています。
この能力により、病気やケガで組織がダメージを受けても幹細胞が新しい細胞を生み出し、その組織は再びきれいに再生すると考えられています。
幹細胞の持つこれらの特殊な能力を上手く活用しているのが、幹細胞化粧品です。
暑苦しい夏の夜にも気になりにくい浸透力の高いエッセンスタイプの幹細胞コスメをお手入れにプラスして、夏のトラブルを乗り切りましょう。

 

今日のまとめ

日焼けからすっぴん美肌を守るスキンケア!幹細胞化粧品の使い方

いかがでしたか。夏をどう過ごすか、紫外線ケアをどう行うかで、若々しくいられるかどうかが決まります。
話題の幹細胞化粧品を試すなら、紫外線が最大限に猛威をふるう「夏」がおすすめです!!
この夏を乗り切って、いつまでもすっぴん美肌を維持して誰からも憧れられるステキな美魔女になりましょう!

・ アラサーは夏に年を取る!
・ 紫外線を浴びた・・・と、思ったら細胞ケアを即始めましょう
・ さらに、さらに女は夏に老けこむんだから
・ 特に夏におすすめの幹細胞配合の炭酸パック
・ 日焼けってやけど、ケガですから!