やる気が出ない何もしたくない!やる気スイッチを入れる方法

やる気が出ない何もしたくない!やる気スイッチを入れる方法
職場の暖房が効きすぎだからかなぁ。最近、集中力が・・・締め切り間近なのに、どうしてもやる気が出ない。しかも何もしたくない、体がだるい。

そんな時には次の対処の仕方を試してみてください。オトナ女子ならではの「やる気スイッチ」の入れ方を教えちゃいます。

仕事が上手くいかない、捗らない、そんな時は迷わず行動あるのみです。だって、思っているだけじゃ何も変わりませんから。

やる気が出ない何もしたくない!やる気スイッチの出し方

 

小さい目標を立てる


小さい目標を立てる
目標や、目的を達成できた時に人は、やる気が起こります。しかし、大きすぎる目標をかかげてしまうとそれは、それがプレッシャーになりやる気が起きない場合があります。
ここでポイントは小さい目標を立てることです。
週末1食はおいしいごはんを作ってみる。とかでもいいのです。その他の日が外食でもコンビニでも週に1回は自炊する。それならできる気がしませんか?
小さな目標から達成していってみましょう。手帳に目標を書くのもおススメ。
だめですよ!1ヶ月に5キロ痩せる!とかいう無謀な目標は。。。

 

期待することをやめる


期待することをやめる
期待して何も起きないと、それまたやる気がうせてしまいますね。
そもそも期待をしないでみましょう。「こんなもんか」の姿勢で過ごしていくとだんだん心が楽になってきます。
期待していたところで、完璧な人なんて誰もいないわけで、完璧な機械だっていつかは壊れるし古くなる。そう思えば、何事にも失敗も落ち度もあるわけです。
そう考えたら、少しは楽になりませんか?

 

自己評価を少し下げる


自己評価を少し下げる
頑張りすぎちゃっている、完璧主義者のひとがやる気が一気になくなってしまう傾向にあります。
前項でも述べましたが、完璧な人はいないのです。そんな自分もいることに気づきましょう。
前はできたのに、こんなこともできない自分を責めてばかりいたらだれも前には進めません。
今できることはこれだけだけど、やればこれならこなせる。と念じながら行動してみてください。
一つ一つの積み重ねからまた、やる気、自信がみなぎってきますよ。

 

人間関係を見直す


人間関係を見直す
人間関係、あなたは好きな人だけが周りにいるでしょうか?

いつも愚痴ばかり言う友達ばかりそばにいませんか?

いつもあなたに頼ってきたり、変なお願いごとをしてくる友達いませんか?

なんとなく付き合う友人関係の中にも、やる気が出ない存在に大きくなる人たちはいるのです。

そう、やる気をそぐヤカラです。そういう人というのは人の妬み嫉みを食べて生きているような人で、そういう人はたとえあなたが「新しくこんなことしようと思っているんだよねぇ。」とキラキラした発言をしたとしましょう。

すると、そういうヤカラは「えー○○ちゃんに向いてる?それ?キャラじゃなくない?」などとやる気を起こさないように持っていき、「でさーあたしってー」と自分のことばかり話すヤカラなのです。

こういう人とは一切断ち切りましょう。

付き合いが悪いと思われても構わないのです。付き合わない方がいいですから。きっとその人とかかわらなくなったことで、他の良い人たちとの時間が増え、やる気がまた起こるのです。

ぜひ、人間関係の断捨離を試みてくださいね。

 

 

好きなことを一日一回する


好きなことを一日一回する
一日一回好きなことをする。これはなかなか難しいように考えますが、簡単なことです。

例えば、愛犬、愛猫を愛でる。これも好きなことですね。

おいしいコーヒーをゆっくり飲む。とかそんな程度でいいのです。

ちっちゃなおしゃれをして会社にいくとかですね。時間の余裕があるときにできるものを探しましょう。

好きな香りを頭に振り掛けてリセットしていたこともありましたね。周りの人の迷惑にならない程度にやりましょう。

 

無理やり動く


無理やり動く
荒療治です!やる気がなくても無理やり動く。これは究極の対処法です。しかし、無理やり動いたときにラッキーなことって起こるんですよね。

例えば、すっごい行きたくなかった有名店、絶対に並ばないと入れない・・・・やる気がでない・・・でも結構前からの約束だし、もう約束の時間が迫ってる・・・行かなきゃ。行ったら空いていて、しかもすごくおいしかった。これが荒療治の効能です。行ったという達成感と、おいしかったという結果があれば、またやる気が起きるものです。

やる気が起きないのは、行動しないからそのままの状態ですごすと景色も、環境も変わらず、やる気がないままになるということです。

すこしでも外へ出ることで変化が生まれ、発見があり、やる気が生まれるのです。

 

運動などをしてみる


運動などをしてみる
運動していると、血流が体内に回り志向がクリアになります。そして運動してでる、「セロトニン」という成分がやる気につながると言われています。

軽いウォーキングや、ジョギングなどがリズム運動により、セロトニンが生成されます。

セロトニンがでることにより、リラックス効果も期待できるので、夜はぐっすり寝られるし、やる気も起きるという一石二鳥の効果があげられます。

運動へのやる気まで出ない人は週一とかの小さい目標を立てましょう。

 

今日のまとめ

やる気が出ない何もしたくない!やる気スイッチの出し方

やる気がでないときの対処法いかがでしたか。後半はだいぶハードな対処法ですが・・・本気でやる気、気力がなくなった場合はどこへも行きたくなくなるのはわかります。けれども、いつかは動かなくちゃいけない、働かなくちゃいけないわけですから、対処法というか、予防策として、運動などは取り入れておきましょう。体調と、心の管理ができてしまえば、スーパーキャリアウーマンです。

・ 小さい目標を立てる
・ 期待することをやめる
・ 自己評価を少し下げる。
・ 人間関係を見直す
・ 好きなことを一日一回する
・ 無理やり動く
・ 運動などをしてみる