男社会を勝ち抜け!総合職の女性が身に付けるべき仕事術

男社会を勝ち抜け!総合職の女性が身に付けるべき仕事術
出世を望む女性社員が上手く仕事をして男性社員よりもいい結果を出す為には、男性社員の3倍以上の努力が必要だ!と言われるくらい、日本の会社は男社会なのです。

だから、会社の中で好感を持たれる仕事の運び方や、やっておきたい行動とはどんな事なのでしょうか。最も効果のある仕事術を紹介しますね。

男社会を勝ち抜け!総合職の女性が身に付けるべき仕事術

 

準備に余念がない


●会議に手ぶらで出席する
●クライアントから事前に要望があった資料しか持参しない

そんな行動は男社会では絶対にNGです。できる女なら事前準備にぬかりはないはず。

事前に会議資料が配られたなら印刷していくのは当然、その資料に対し自分の意見や、補足資料を検索したり作成したり…
と事前準備をぬかりなく行っておけば、準備をせずに参加している男性社員には絶対に論争で負けることはありません。

また、お客さまからは何も言われていないけれどこんな資料を求めていらっしゃるのではないかな・・・という風に、自分でお客さまのニーズを想像し対応することによってお客さまからの評価も上がります。

準備と共に時間を守ることも必ず 早めに会議室へ足を運んで、会議のためのセッティングをするなどの気遣いも人と大きく差をつけるポイントです。

 

会議ではとにかく発言する


時間を割いて会議や打ち合わせに出席している以上、無言や頷いているだけではその場にいる価値がありません。

たとえ自分の意見が正解だろうと正解ではなかろうと、今自分が何を考えているのか、その場に必要な意見は何なのかを常に考え、発信していくのが仕事のできる女です。

この意見はもしかしたら間違っているかも・・・と引っ込めてしまっていては、会議が前に進まずただの時間の浪費になってしまいます。もし意見に自信がないのであれば先ほど挙げたように事前準備の段階で自分の意見を整理しておくことも効果的。

とにかく会議や打ち合わせに出席している時間を有意義なものにしておくのが男社会の流儀です。

 

持ち物が整理されている



「あの書類どこだっけ?」

「ハイ、ここです!」
「あれってどうだったっけ?」
「先日の議事録がこれなんですがここに書いてある通りなら…」
「ごめん文房具借りてもいい?」
「はいっここにあるのでどうぞ使って下さい」

このように、机や持ち物が整理されているだけで人からの質問・依頼に瞬時に答えることができます。

また、男社会では、持ち物が整理されていないだけで「だらしない女」だな、という印象を勝手に持たれてしまいます。

仮に自分が急病で休んだとき、「二段目の引出しの三番目の仕切りのところに入っている書類を・・・」と指示ができるくらい、机の中・机の上は普段から整理整頓を心がけましょう。

 

明るくハキハキ話す


暗くてボソボソ話していては相手は聞き取るのに必死になって重要な部分が伝わりません。自分の伝えたいことはしっかりハキハキ話すようにしましょう。明るく話すと第一印象も変わってきます。第一印象は3秒で決まると言われるほどなので、尚更明るく元気の良い挨拶・受け答えが必要になってきます。

仕事をスムーズに進めるためにも男社会では社内・社外ともに信頼を勝ち得なければなりません。

私を信頼してください!
とアピールする気持ちで、元気に笑顔で話しかけましょう。

 

 

年配受けが良い


年功序列の風潮は以前よりも減ってきているとはいえ、重要な部分を握っている人は自分より年配の方が多数です。年上の方にどれだけ気に入られるかが、仕事をスムーズに進められるかどうかにかかわってくるのです。

年配の人に好かれるにはどうしたら良いか、それは私たちが普段「これくらいは普通だろう」と思っている価値観を見直さなければなりません。

例えば自分の感覚と自分より若い世代の感覚が違うのと同じように、年配の方々と自分の間でも感覚・価値観の差は当然あります。それを「世代のせいだから仕方がない!理解してほしい!」と理解を求めるのではなく、自分から合わせに行くことが大切です。

相手を思いやる気持ちさえあれば年上・年下関係なく良好な人間関係を築くことが可能です。自分のことばかり考えてしまわず、相手のことを思いやっていきましょう。

 

スピードよりも正確さ


スピードも勿論大切ではありますが、だからと言ってミスをしていてはそのミスの後処理やカバーに時間がとられ、結局ゆっくりでも正確に処理していた方が早かった…ということはよくあります。

しかもミスの後処理は焦りやいらだちが出る上に、人に言いづらくずるずると後回しにしてしまうこともあります。たとえ慣れた仕事であろうと、スピードよりも正確さを意識した方がずっと良いと言えるでしょう。

また、ミスが続いていると周りからの信頼がなくなり、「あの人に仕事を任せるのは不安だしな…」と仕事も回ってこなくなってしまいます。間違えやすい部分は2度確認する、不安であれば先輩にチェックをお願いするなど、自分のミスしやすい部分を積極的につぶしていきましょう。

 

最後までやりきる


仕事ができる魅力的な女性というのはやはり信頼を勝ち得ている人。その信頼を得るためには、一度自分の手に回ってきた仕事を最後までやりきることが最も重要です。簡単な仕事・難しい仕事にかかわらず、最後まで遂行して結論を出すこと。

実はこの結論を出すということが苦手な人は多く、女性だけでなく男性でも、結論を出すのを先延ばしにしてズルズル引きずってしまう人も少なくありません。

とにかく最後までやる、男社会ではその姿勢を周りは必ず見てくれています。しっかりと仕事をやりきって、自分の自信に変えていきましょう。

仕事だけ頑張っているわけじゃないし・・・とどこか仕事に全力投球できない人もいるかもしれません。けれどやはり魅力的な女性というのは何事にも全力投球する人です。

 

今日のまとめ

男社会を勝ち抜け!総合職の女性が身に付けるべき仕事術

先ほど挙げたような7つのポイントを騙されたと思って男社会の中で実践してみましょう。

仕事が変わればおのずとプライベートや、自分自身の生き方も変わってきます。

その第一歩に仕事への姿勢を変えてみることは非常に有意義ですよ。

・準備に余念がない
・会議ではとにかく発言する
・持ち物が整理されている
・明るくハキハキ話す
・年配受けが良い
・スピードよりも正確さ
・最後までやりきる