上司のパワハラ発言をバレずに録音したい!内部告発に使えるボイスレコーダー

上司のパワハラ発言をバレずに録音したい!内部告発に使えるボイスレコーダー

上司のパワハラ発言に限界を感じていた同僚のN美。

学生時代の友人にそのことを相談したら、

「証拠を残さないとダメ。録音しておきなよ」

と言われたので翌日から、上司の発言をこっそりと録音していたそうです。

あと少しで証拠提出というところで、なんと上司に録音がバレてしまいます。

「お前がやったことは、秘密録音で懲戒処分の対象になるぞ!」

これまでにないほどの強い口調で脅されたというN美。
顔面蒼白になりながら、私の元へ助けを求めてやってきました。

こういった場合、彼女は上司が言うように懲戒処分になってしまうのでしょうか?気になりますよね。

パワハラに限らず、職場の人間関係が絡む様々なハラスメントや労働問題。

トラブルを解消するためには“動かぬ証拠”が必要というのは、あなたもご存知のはず。

そんな時、「本当にそのような事実があったのかどうか?」を証明するデータがあれば鬼に金棒です。

ところが、

「そもそも録音することはマズイことなの?」
「相手に知られてしまったら、懲戒処分になるの?」

など分からないことが沢山ありますよね。

そこで今回は、N美の事例を元に職場の問題への対処法を学んでいきましょう!

バレずに録音をする方法や音声をクリアに録音する上での注意点やコツ、オススメのボイスレコーダーなども合わせて紹介します。

パワハラ上司から逃れたい。
精神的な苦痛から一刻も早く解放されたい。

そんなあなたは当記事を参考に、今すぐ行動に移していただければと思います。

“上司のパワハラ発言をバレずに録音したい!内部告発に使えるボイスレコーダー” の続きを読む