食べても太らない体に変える7つの方法!40代女性の体脂肪を落とすコツ

食べても太らない体に変える7つの方法!40代女性の体脂肪を落とすコツ

衣替えをして愕然!
去年まで着ていたスーツがキツいし、下腹のぽっこりが見苦しい・・・

人と比べてそんなに多く食べているわけでもないのに、どうして痩せないんだろう・・・

確かに40代は痩せにくいですね。

  • 基礎代謝の低下
  • 運動不足による筋肉量の減少
  • 女性ホルモンの分泌減
  • ストレスにより乱れる自律神経

ダイエットを妨げる要因がたくさんあります。
でも、やるべきことをしっかりやれば、体は短期間でも答えてくれるのでご安心ください。

そこで今回は体脂肪が気になるあなたに、食べても太らない体を作る方法を伝授します。

今のうちに痩せる体づくりをして、生涯太らない体に変えていきましょう!

食べても太らない体に変える7つの方法!40代女性の体脂肪を落とすコツ

スポンサーリンク

食べても太らない体とは

食べても太らない体とは

そもそも太るメカニズムをご存じでしょうか?

食べると太るのは消費カロリーよりも摂取カロリーが上回っているからで、摂取カロリーよりも消費カロリーを増やせば痩せられます。

とってもシンプルですよね!

そんな中、食べても太らない体を持つのはこんな人です。

基礎代謝が高い人は食べても太らない

筋肉量が多くてエネルギー(熱)を生み出す力が高いのが特徴。消費カロリーが高く、脂肪の燃焼しやすい体質なので食べても痩せているんです。

食べ物の質と量に気を配っている人は食べても太らない

いっぱい食べているように見えて痩せているあの人。何を食べているのかよく観察していると、栄養のあるものをバランスよく食べていました。彼女のように食事の質がいいと代謝や排泄もスムーズになるので、食べても太りにくい体になれます。

 

スポンサーリンク

40代からでも代謝を上げることができるのか?

40代からでも代謝を上げることができるのか?

10代半ば〜後半をピークに「代謝は減っていく」と言われていますが、今からでも代謝を上げることは可能です。

とくに代謝アップに繋がるのは、筋肉量を増やすことなので、年齢を理由に諦めずに運動を習慣化していきましょう。

 

体脂肪率を落とす食事のポイント

体脂肪率を落とす食事のポイント

私がダイエットの専門家の食事指導を受けていた時に聞いた食事のポイントを紹介します。

肉より魚を食べたほうが体脂肪率は落としやすい

筋肉量を増やすためにも、たんぱく質の摂取はマスト。しかし、肉は消化に時間がかかるので、魚や大豆製品などからたんぱく質を摂取することを勧められました。特にサバなどの青魚には「血液のめぐりを良くする作用があり、体内の炎症を抑える良質な油が含まれている」と聞いたので、私も積極的に食べています。

主食はお米のほうが良い

エネルギーの源となる炭水化物。減らした方がいいけれど、全く食べないのはNGです。炭水化物は体内で分解されにくいパンや麺類よりも、エネルギーに転換されやすいお米を選んだ方が痩せやすくなります。

調理方法はシンプルに!調味料は避けよう

調理方法は蒸すか焼くのがオススメ。調味料は糖質を多く含むものが多いので、塩やしょうゆなどでシンプルな調理を心がけてみてください。

体にいいおやつ

食事と食事の間が長いと次の食事で血糖値が急激に上がり、肥満につながるそうです。そうならないためにも、小腹が空いたらナッツや小魚、チーズなど体にいいおやつを少量食べておくと◎

 

スポンサーリンク

 

たったの1ヶ月で食べても太らない体に変える7つの方法

その1

起床後に白湯、水もしっかり飲むと太らない体になる

朝起きてすぐにコップ一杯の白湯(温めた水)を飲むことで、内臓が温められて全身の血行が良くなり、基礎代謝が上がって痩せやすくなります。

スポンサーリンク

また、常温の水を1日1.5〜2リットルを目安にこまめに摂取することを意識してみてください。夕方〜夜にかけて多く飲むと、むくみにつながるので午前中に多く摂取するのがポイントです。

その2

姿勢と呼吸を意識すると太らない体になる

現代人は姿勢が悪く、呼吸も浅いと言われています。正しい姿勢と呼吸をマスターすると、酸素が体内にきちんと供給されるようになり代謝もアップ。姿勢は頭のてっぺんを糸で持ち上げられているイメージでスッと立つのがコツ。呼吸は深く吸って、ゆっくり吐く「腹式呼吸」を練習してみてください。姿勢と呼吸により、周辺の筋肉が鍛えられると、お腹周りがスマートになり見た目も美しくなります。

その3

太らない体にするためには、食べ過ぎた翌日・翌々日のリカバリーが重要

ダイエット中でもお付き合いがあったりすると、ついつい食べ過ぎてしまいますよね。そんな日があっても、食べた物はすぐには脂肪には変わらないので大丈夫。食べ過ぎた翌日・翌々日は全く食べないのではなく、いつもより食事を軽くして調整しましょう。

お酒を飲んだ翌日はむくみや脱水が起きやすいので、水分をたっぷり取って、水分排出がスムーズになる「カリウム」を含むバナナやスイカなどの果物、キュウリなどの野菜を積極的に摂るようにしてみてください。

その4

筋トレ後に有酸素運動をすると太らない体になる

トレーニングは全身の筋肉の多くが集中している下半身(お尻・太もも)を鍛えると、基礎代謝が上がります。その後、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動を行うと脂肪燃焼率が高まり、体脂肪の減少効果大!トレーニングは週2〜3回を目安に行うと、筋肉が回復して効率よく増えていきます。ハマって毎日やりすぎないのがポイントです。

その5

運動後のストレッチ&マッサージも忘れずに

運動も大事ですが、それと同じくらい大事なのがストレッチとマッサージです。筋肉は動かした後にリリースしてあげないとこわばり、体を動かせる部分が狭くなってしまうので代謝を上げるためには必要不可欠!ストレッチボールやゴルフボールなどがあると便利ですよ。

その6

太らない体にするためにはシャワーではなく湯船に浸かることがポイント

入浴で血行が良くなることで基礎代謝が上がり、体に溜まった老廃物も流れやすくなります。発汗作用がある入浴剤を入れると尚良し。

その7

睡眠をしっかりとると太らない体になる

寝ている間の消費カロリーは200〜400kcal。その間、代謝を促す「成長ホルモン」や脂肪をエネルギーに変える「コルゾール」なども分泌されているので、代謝が上がって痩せやすくなります。

一方、眠れていないと食欲を増やしてしまうホルモンや、食欲の抑制を阻害するホルモンが分泌されてしまうので、食べ過ぎで肥満が加速しやすくなることも覚えておいて。

 

今日のまとめ

食べても太らない体に変える7つの方法!40代女性の体脂肪を落とすコツ

40代女性の体脂肪を落とすコツ

人生の先輩たちに話しを聞いていると、独身も既婚者も「40代は実にモテた」と言います。

また、ファッションの面では「自分に似合う服が分かってきて、お金もそこそこあってオシャレが楽しかった」という声も。

そんな中、体についた余計な脂肪が気になって、オシャレも恋愛にも積極的になれないのはもったいない。

ぜひ今のうちに体質改善をして、食べても太らない体を作りましょう!

◉ 食べても太らない体とは
・基礎代謝が高い人は食べても太らない
・食べ物の質と量に気を配っている人は食べても太らない

◉ 40代からでも代謝を上げることができるのか?
・筋肉量を増やせば基礎代謝も上がる

◉ 体脂肪率を落とす食事のポイント
・肉より魚を食べたほうが体脂肪率は落としやすい
・主食はお米のほうが良い
・調理方法はシンプルに!調味料は避けよう
・小腹が空いたら、小魚など体にいいおやつを食べよう

◉ たったの1ヶ月で食べても太らない体に変える7つの方法
・起床後に白湯、水もしっかり飲むと太らない体になる
・姿勢と呼吸を意識すると太らない体になる
・太らない体にするためには、食べ過ぎた翌日・翌々日のリカバリーが重要
・筋トレ後に有酸素運動をすると太らない体になる
・運動後のストレッチ&マッサージも忘れずに
・太らない体にするためにはシャワーではなく湯船に浸かることがポイント
・睡眠をしっかりとると太らない体になる

 

あなたにオススメの記事

当サイトへのご訪問ありがとうございます。記事のご愛読に感謝します。

スポンサーリンク