えこひいきされる美人の特徴!なぜ上司は可愛い女性を優遇するのか?

えこひいきされる美人の特徴!なぜ上司は可愛い女性を優遇するのか?

上司から“えこひいき”されているあの子。

仕事のスキルは私とさほど変わらないのに、彼女ばかりいい評価を受けていておもしろくない。

最初はうらやましいと思っていたけれど、最近はえこひいきする上司への不満が募っていて爆発しそう!

こういったことを思っている人は多いと思いますが、自分との違いは何なんだろうか・・・と突き詰めて考えたことがある人はわずか。

実はえこひいきされる女性は「美人だから」という容姿の特徴だけでなく、他にも上司ウケがいい理由が色々とあります。

そこで今回は、上司から特別扱いされる女性たちの秘訣を、あなたにもこっそり教えちゃいます。

あなたも女優になったつもりで、彼女たちの職場での愛されテクニックを実践してみてください!

えこひいきされる美人の特徴!なぜ上司は可愛い女性を優遇するのか?

スポンサーリンク

職場でえこひいきされる女性の驚くべき実態

職場でえこひいきされる女性の驚くべき実態

職場でえこひいきされる女性たちは、コミュニケーションスキルが高く、相手のことをよく観察しています。

その上で、その場にふさわしい言葉かけをしたり、好感を持たれるような振る舞いを自然としているから上司にも好かれているのです。

つまり、彼女たちはもともと頭の回転が早くて「空気が読める」というのが、最大の特徴です。

さらには、視野の広さも兼ね備えており、自分とは違う他人を理解したり、受け入れたりするために役立っています。

それから「美人なのにヘビメタファン」など、容姿と中身にギャップがある美人は女性の上司からも人気です。

 

スポンサーリンク

 

上司がえこひいきしたくなる美人の特徴とは

上司がえこひいきしたくなる美人の特徴とは

えこひいきされる女性は当たり前だけど美人で優しい

美人なだけでなく「優しさ」や「性格の良さ」が感じられる女性に、上司たちは心を開いています。つまり、見た目だけ綺麗でもダメ。中身が伴っているから、彼女は人気者なのです。

えこひいきされる美人は他の女性社員よりも断然気が利く

男性たちは競争社会の中で生きており、女性を見る時に「他と比べてどうなのか?」と無意識のうちに優劣をつけています。

上司モテしているあの子は、同じ職場で働く他の女性たちよりも気が利いてはいませんか?だから目に止まるのです。

えこひいきされる女性は明るくて可愛い

はつらつとしていて、明るくて可愛い雰囲気がある女性は容姿にその分の点数が加算され、男性の上司にとって魅力的に映っている可能性が高いです。

そう考えると、落ち着いているよりも少しキャピキャピしたイメージを持たれている方がいいのかもしれませんね。

えこひいきされる美人は男性の自慢話をよく聴いてくれる

男性は武勇伝や自慢話をすることがよくありますが、自分のことを知ってほしいとか「大きく見せたい」という気持ちが働いています。

こういった話を面倒くさがらずに最後まで聴いて、すかさず「すごいですね!」と褒められる女性は、上司ウケも男性ウケも同時にゲットできるスナイパー。

えこひいきされる美人は素直で謙虚に学ぶ姿勢がある

素直さと謙虚さは仕事をする上で重要な姿勢ですね。ただ、こういった気持ちや姿勢を長年持ち続けることは、意外と難しいとあなたもお気づきではないでしょうか。

えこひいきされる美人たちは、仕事ができるようになっても決して初心を忘れません。

えこひいきされる美人は誰にでも常に笑顔で挨拶している

上司だけでなく、同僚や取引先の相手、清掃をしてくれている人など分け隔てなく常に笑顔で挨拶をしている美人はまさに職場の華!

決して八方美人ではなく、誰に対しても平等でそれを普通にしているので、彼女のことを雑に扱う人は一人もいないのです。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

今すぐできる!上司からえこひいきされる部下になる方法

上司とプライベートな会話をする

仕事以外の会話も積極的に行うことで、上司との距離も縮まります。特に若い世代が何に興味を持っているのか、休みの日に何をしているのかなどは、上司も聞きにくいと思うので自分から話してみると、共通の話題が見つかって仲良くなれる可能性大!

上司の話に興味や共感を示す

上司が好きなことに興味を持ったり、「読んでみて」と言われた本をすぐに買って感想を言うなど、良いリアクションを積み重ねていくことで、上司にとって特別な存在になれます。

上司の大切な日に「おめでとう」を伝える

自分にとって特別な日に笑顔で「おめでとうございます!」と言ってくれる部下を嫌う上司はいませんよね。誕生日やお子さんが受験に合格したなど、なんでもいいのですが周囲からいいニュースが耳に入ってきたら、迷わずこの言葉をかけてください。こういった前向きな言葉をいっぱいかけて、周囲を笑顔にしていくことで愛され美人に。

 

美人をえこひいきする上司の心理

美人をえこひいきする上司の心理

実は密かに可愛い部下に恋心や下心がある

もともと美人に目がないタイプの上司は、容姿が整っている部下に目をつけて自分のアクセサリーのように「そばに置いておきたい」と可愛がる傾向があります。下手するとセクハラされるので、適度に距離を置く必要があるタイプ。

自分の理解者(味方になってくれる女性部下)を可愛がっている

美人で気が効くあの子は知らず知らずのうちに、上司の懐にうまく飛び込んでいます。つまり、上司にとってよき理解者で味方だと思われているから、えこひいきされているのです。普通は上下関係があると、なかなか上司にジョークを言ったりする人は少ないですが、愛され美人たちはユーモアと愛嬌で上司との距離を縮めているので観察してみて。

 

えこひいきされる女性になりたいのに、なかなか自分を変えられない場合は?

えこひいきされる女性になりたいのに、なかなか自分を変えられない場合は?

鏡を見ながら笑顔の練習をしよう

表情が固くて怖く見られがちな人にオススメなのは、笑顔の練習です。顔の筋肉は使っていないとコリ固まってしまうので、口角を上げて鏡の前でニコッと微笑む練習をしていきましょう。

他人に優しく、自分にも優しくしよう

心の余裕は周囲への優しさにつながります。愛され美人たちはヨガなどで心と体を整えたり、自分へのご褒美や趣味の時間なども楽しんでいます。

このようにまずは自分をしっかり満足させることから始めて、優しさを向ける対象を少しずつ広げていくといいでしょう。

それから人が話し始めたら、話の腰を折らずに最後まで聞いて、「そうですよね、分かります」など肯定的な言葉を返すことも大事です。

他人を許して、自分も許すことを忘れずに

愛され美人たちは他人に関して寛容で、ミスをした人を叱りつけたり、ネチネチと嫌味を言ったりはしません。

彼女たちはそういった時に何をしているのかというと、ミスした人を励ましたり、一緒に解決策を考えたりしています。もしくは、前向きな改善策を提示していますね。

「自分も他人も完璧ではない」ということを頭に入れておくと、人間関係が今よりもっとスムーズになるはずです。

 

今日のまとめ

えこひいきされる美人の特徴!なぜ上司は可愛い女性を優遇するのか?

なぜ上司は可愛い女性を優遇するのか?

人間の能力には大差がなく、仕事は人間同士の付き合いの上に成り立っています。

すなわち、コミュニケーションが全てであると言っても過言ではありません。

元職場の人事担当がこんなことを言っていました。

ここだけの話、僕は美人を積極的に雇ってる。理由は簡単で美人は色んな人に愛されるから、元々のコミュニケーションスキルが高い。だから、卑屈な人も少ないし優しい人が多いんだよね。僕の統計では!」とのこと。

全女性から「セクハラ」「こういう男嫌い」とバッシングを受けそうな言葉のオンパレードですが、この言葉には色々と男性の気持ちというか、真理が詰まっているな・・・とも思うのです。

ただ、美人で表情が固いとただの“話しかけにくい相手”になってしまうので、コミュニケーションスキルをしっかりと磨いて、笑顔でいるだけでも格段に人間関係が好転していくと思います。

不機嫌な表情でいると、いつしか顔立ちまで変わってきますので、スマイルを心がけてくださいね。

◉ 職場でえこひいきされる女性の驚くべき実態
・もともと頭の回転が早くて「空気が読める」というのが、彼女たちの最大の特徴

◉ 上司がえこひいきしたくなる美人の特徴とは
・えこひいきされる女性は当たり前だけど美人で優しい
・えこひいきされる美人は他の女性社員よりも断然気が利く
・えこひいきされる女性は明るくて可愛い
・えこひいきされる美人は男性の自慢話をよく聴いてくれる
・えこひいきされる美人は素直で謙虚に学ぶ姿勢がある
・えこひいきされる美人は誰にでも常に笑顔で挨拶している

◉ 今すぐできる!上司からえこひいきされる部下になる方法
・上司とプライベートな会話をする
・上司の話に興味や共感を示す
・上司の大切な日に「おめでとう」を伝える

◉ 美人をえこひいきする上司の心理
・実は密かに可愛い部下に恋心や下心がある
・自分の理解者(味方になってくれる女性部下)を可愛がっている

◉ えこひいきされる女性になりたいのに、なかなか自分を変えられない場合は?
・鏡を見ながら笑顔の練習をしよう
・他人に優しく、自分にも優しくしよう
・他人を許して、自分も許すことを忘れずに

 

あなたにオススメの記事

当サイトへのご訪問ありがとうございます。記事のご愛読に感謝します。

スポンサーリンク