光目覚まし時計 inti4 マツコも絶賛!絶対起きれる時計ベスト5

光目覚まし時計 inti4 マツコも絶賛!絶対起きれる時計ベスト5

近頃、朝からスッキリ起きるのが難しくなった・・・仕事に行く日はそれでも仕方なく起きるけれど、休日はいつまでも布団の中でダラダラごろごろ。

年のせいなのか、季節的なものなのかは分からないけれど、もっと朝からスッキリ起きられたらいいな・・・って思いますよね。

それに「眠りが浅い」「熟睡できない」「不眠症」など、睡眠にまつわる悩みがある人も多いはず。

こういった睡眠と起床にまつわる悩みを、光・音・振動など最新の目覚まし時計で解消していこうというのが当記事の趣旨です。

2019年2月26日放送の「マツコの知らない世界」で、目覚まし時計に人生を救われたという竹田浩一さんがオススメしていた目覚まし時計を中心にピックアップしてみました。

各製品の特徴やメリット・デメリットなどを参考に、あなたの生活にあった目覚し時計を選んでいただければと思います。

光目覚まし時計 inti4 マツコも絶賛!絶対起きれる時計ベスト5

スポンサーリンク

なぜ目覚まし時計で睡眠まで改善できるのか?

なぜ目覚まし時計で睡眠まで改善できるのか?

私たちには体内時計が備わっており、朝日(=2500ルクス程度)の光を浴びると体内時計は一旦リセットされます。

その際、「セロトニン」と呼ばれる脳の覚醒ホルモンが分泌されて、起床・活動モードに。

それから15時間経つと、今度は眠りにつくためのホルモン「メラトニン」の分泌が始まり、眠りへと誘われていくという仕組みです。

つまり、目覚まし時計でシャキッと起きられるように起床を改善することで、睡眠にも良い影響が出てきます。

起きることと眠ることは互いに連動し合っているということですね!

 

スポンサーリンク

 

よく眠れるようになる目覚まし時計 勝手にランキングTOP5

2019年2月26日放送の「マツコの知らない世界」で紹介されていた商品を中心に独断と偏見で勝手にランキングしてみました。第一位の目覚し時計は、半年前から私も実際に使っていて、おかげで毎朝スッキリ目覚めていますよ(^_-)-☆

第三位に選んだ時計は、出張の時に便利ですよ。この目覚ましがあれば新幹線の中で寝過ごしてしまって出張先に遅刻するなんてことはなくなりますね。

では、早速ランキングをみていきましょう。

大音量目覚まし時計 ウルトラライデン

総合評価 3.0


SEIKO CLOCK(セイコークロック) ウルトラライデン 超大音量目覚まし時計 NR441E

ウルトラライデンの特徴

セイコークロックのロングセラー製品の爆音系目覚まし。既存の目覚まし時計の遥か上をいく驚異の音量に飛び起きる人続出!メーカーも一押しの大迫力の「ウルトラモード」は音の大きさはさることながら、空間が揺さぶられるかのような感覚に。

おすすめポイント

とにかく音が大きい!眠気が一瞬で吹っ飛ぶ大音量。スマホのアラームやスヌーズが鳴っても気づかない人におすすめ。

期待できる効果

うるさいので半ば強制的に起こされるという効果があります。絶対に遅刻できない朝や外せない約束の日にマスト。

長所 短所
ロングセラーの確かな品質
既存の目覚ましよりも大音量
 うるさく、快適な目覚めとは程遠い

 

シングマイネーム・ミュージック目覚まし時計

総合評価 3.5 

シングマイネーム・ミュージック目覚まし時計

シングマイネームの特徴

自分の名前を呼びながら英語の歌で起こしてくれるハッピー系目覚まし。インド国籍の女性シンガーの軽やかな音楽が心地よく、カチカチ音もならないので快適です。

おすすめポイント

外国のおもちゃみたいな可愛い目覚まし時計で、自分の名前を呼びながら起こしてくれる特別感が味わえます。お友達へのプレゼントにもおすすめ。

期待できる効果

「Wake up Sayaka(起きて、さやか)」というように英語の歌詞の中に、何度も何度も自分の名前が出てくるので楽しい気分で起きられます。英語の発音練習にも。

長所 短所
幸せな気持ちで起きられる
プレゼントで贈ったら絶対喜ばれる
起きないお子さんにもおすすめ
 人によっては心地よくて目覚められないかも

 

PAVLOK Pro 2nd Gen Shock Clock

総合評価 4.2 


Pavlok Pro 2nd Gen Shock Clock

PAVLOK Pro 2nd Gen Shock Clockの特徴

手首につけるタイプのリストバンド型アラーム時計。時間になると振動(バイブレーション)で優しく起床時間をお知らせ。その後、アラーム音で二度目の警告を。それでも気づかずにいると最終手段の電気がビビッと!

スポンサーリンク
おすすめポイント

PAVLOCKの愛用者(パブロビアン)は全世界に急増中!多くのタレント・芸人・俳優なども使っています。また、メディアで何度も取り上げられているので持っていれば話題性も!

期待できる効果

電気がビビッとくるのが嫌で「これなしでも起きれるようになった」という人続出!

長所 短所
ガジェット好きにはたまらないオシャレで洗練されたデザイン 電気刺激はレベルを上げると痛め。ペースメーカーなどを入れている人や体調が優れない人にはおすすめできません。

 

目覚まし時計 振動式 電波時計

総合評価 4.5 


アデッソ ADESSO 振動式 目覚まし 電波時計 MG-97 オーク

目覚まし時計 振動式 電波時計の特徴

強力振動と大音量が特徴の振動式目覚まし時計。枕の下にシェーカー(振動機器)をセットしておくと、起きる時間にシェーカーが振動。快適な目覚めをサポートしてくれます。

おすすめポイント

電波を受信して自動で日時や時刻をセットしてくれるので便利!軽量で大きすぎないサイズ感なので出張・旅行が多い人におすすめです。

期待できる効果

音と振動で自然に目覚めることができます。面倒な時刻合わせをしなくていいので時短効果も。

長所 短所
時刻合わせいらず
簡単な操作感
 枕の下にシェーカーを入れるので寝相が悪い人は、振動が来ないかも

 

マツコも絶賛! 光目覚まし inti4 (インティフォー)

総合評価 5.0 


光目覚ましinti4(インティ4)

光目覚まし inti4の特徴

81%が「気持ちよく目覚められた」と回答している、光タイプの目覚まし時計。光を浴びるだけで起きられる秘訣は、朝日と同じレベルの光で“体内時計”を整えてくれるから。自然に心地よく目覚めたい全人類におすすめしたい!私一押しの目覚まし時計です。

おすすめポイント

照明の明るさや色は変えられるので、読書灯やデスクワーク時など様々なシーンで活用できます。また、アプリとの連携でより便利に。光目覚ましを開発した「Moon Moon」は、眠りをサポートする様々な製品を生み出しており、いびきの軽減につながる“横向き寝”をサポートする専用枕も好評!

<<メディア掲載・放送 800媒体以上>>
「めざましテレビ」や「スッキリ!!」、「この差ってなんですか?」などのテレビ番組や 「日経トレンディー」「GetNavi」「an・an」の雑誌など800媒体以上で紹介され 非常に注目されている「光目覚まし時計」です。

2019年2月26日(火)放送の「マツコの知らない世界」でもマツコが超絶賛してましたよ。自腹で購入も検討しているんだとか。

期待できる効果

強制的に起こされないので、自律神経のバランスを崩さずに気持ちよい目覚めと快眠をサポートしてくれます。

長所 短所
光で自然に起きられる
全額返金保証あり
熊本に本社がある企業(購入で震災復興に)
光がしっかり顔に当たっていないと効果が薄い
価格が27,000円とお高め

 

スポンサーリンク

 

ぐっすり眠って快適に起きる方法

ぐっすり眠って快適に起きる方法

光と仲良しになる

朝からしっかり光を浴びて体内時計を整えて。夜は睡眠の妨げとなる電子機器から出るブルーライトをなるべく避けることをおすすめします。

規則正しい生活

食生活を整え、起床時間を平日も休日も一定に保つなど規則正しい生活をおくりましょう。就寝前に食事やお酒を飲むのは眠りを妨げるので避けて。

適度に運動する

日中から夕方にかけて運動をしておくと、心地よい疲労感と深部体温が上がるので熟睡できます。

 

今日のまとめ

光目覚まし時計 inti4 マツコも絶賛!絶対起きれる時計ベスト5

おすすめの絶対起きれる時計ベスト5

最新の目覚まし時計は高機能。

これまでスマホのアラームで済ませていた人も、いつ買ったか分からない目覚まし時計を使い続けている人も買い換えるなら今がベストです!

音がいいか、振動がいいか、光がいいのか、好みは人それぞれ。
自分に合いそうな目覚まし時計をゲットして、快眠&快適な生活を送りましょう!

シャキッと起きられれば、仕事もプライベートも今よりもっと充実するはずです。

◉ なぜ目覚まし時計で睡眠まで改善できるのか?
・体内時計をリセットし、セロトニンとメラトニンを正しく分泌できるようになるから。

◉ よく眠れるようになる目覚まし時計ベスト5
・大音量目覚まし時計 ウルトラライデン
・シングマイネーム・ミュージック目覚まし時計
・PAVLOK Pro 2nd Gen Shock Clock
・目覚まし時計 振動式 電波時計
・光目覚まし inti4

◉ ぐっすり眠って快適に起きる方法
・光と仲良しになる
・規則正しい生活
・適度に運動する

 

あなたにオススメの記事

当サイトへのご訪問ありがとうございます。記事のご愛読に感謝します。

スポンサーリンク