管理職を目指す女性必見!スピード出世した人に共通する7つの性格とは?

管理職を目指す女性必見!スピード出世した人に共通する7つの性格とは?
同じ会社に同じ勤務年数勤めていても、管理職になれる人となれない人がいますよね。その違いって一体何なのか考えたことがありますか?

実際にその場に身を置いていると「私と能力にはちっとも差がないはずなのに、どうしてあの人が出世しているの?」などと感じたりもしますが、そこには大きな違いがあったのです。

今回は、これまで様々な職場で色々な立場の女性たちと関わり、観察してきた私が「客観的に見てどんな女性が出世しているか」をお伝えします。

管理職になった女性の性格には、目立った特徴や共通している性格がありました。自分や職場のあの人はどうかな?と考えながら、参考にしてみてください。

もし比較してみて「うんうん、私にも当てはまっているかも!」と感じた人は管理職向き!さらに能力を伸ばして、周囲にも認めてもらう機会を増やしていきましょう。

「全然違っている・・・管理職になりたいけど無理かな」と感じた人も、今からでも遅くはありません!彼女たちの性格のよい点について学び、取り入れられるところを今日からマネしていけば、スピード出世も夢ではありません。

…もっと見る

プレゼンの出だしで上司や同僚の心を一瞬でつかむ5つの方法

プレゼンの出だしで上司や同僚の心を一瞬でつかむ5つの方法
プレゼンやスピーチなど、大勢の前で話すことが苦手な人はとても多いです。しかし働く女性が多くの男性と社会で互角に立ち回っていくためには、堂々とプレゼンができる能力が必要です。

今回お伝えするプレゼンのポイント、たったの5つですが、確実に身に付ければ、苦手なプレゼンでも自分の能力や魅力が十分発揮できるようになり、さらに相手に響くプレゼンが出来るようになります。そして、上司からも一目置かれる女性部下になれるのです。

…もっと見る

単純だよね上司って!部下に頼られるとやる気を出す男性の特徴 5つ

単純だよね上司って!部下に頼られるとやる気を出す男性の特徴 5つ
「上司に好かれたい。」「頑張っているのに評価してもらえない。」「女性の武器でもなんでも使えるものは使いたい」…働く女性であれば、日々顔を合わせる上司に対していろいろな思いや文句もあることでしょう。

もっと良い仕事を振ってもらう、もっと評価をしてもらうためには、それぞれ目的や理由はさまざまですが、女性部下として上司を支え、そしてやる気を高め、もっと仕事のしやすい環境を構築する必要があります。

仕事上の付き合いとは言え、男性上司も人間です。かわいい部下には良い仕事もあげたくなるし、高い評価も与えますよね。あなたはかわいい部下ですか?

もっと上司・部下というポジションと男性心理を最大限に利用して、上司との円滑な関係を育みましょう!

そこで今回は、部下に頼られるとやる気出しちゃう、頼る価値有り!な男性上司の特徴について5つをご紹介します。

…もっと見る

あなたはどっち?気配りのできる女とできない女との大きな違い7つ

あなたはどっち?気配りのできる女とできない女との大きな違い7つ
社会人として必要な気配り。あなたは出来てますか?

気配り上手な女性をよく観察していると仕事ができる人ばかり!
「私もそんな女性になりたいなぁ」って思いますよね。

でもTPOに合わせた「気配り」って意外と難しいんですよね。ある程度の場数を踏んでいないと空回りしてしまって、余計な気遣い(おせっかい)になってしまったり・・・

そこで今回は、社会人女性が身に着けたいスキルの1つである気配りをテーマにお届けします。

気配りと気遣いの違いや、どのように振る舞えば気配りができる女性になれるのかをまとめましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

…もっと見る

自分なりの働き方改革!30代になった私が試してみた7つの仕事術

自分なりの働き方改革!30代になった私が試してみた7つの仕事術
一億総活躍社会実現のために、働き方改革が叫ばれるようになった昨今、みなさんの働き方に変化はありましたか?

少子高齢化が加速し、働き世代がどんどん減ってきたため、より生産性を上げることが必要であると政府が打ち出した方針です。それにより、各職場では雇用形態の見直しや、残業禁止、フレックスタイムの導入など様々な施策がとられてきました。

しかし個人レベルに落とし込んだとき、働き方改革は実現できていると言えるでしょうか?

残業するなと言われ、家に仕事を持ち帰る人、有給休暇中に家で仕事をする人、雇用形態の見直しにより、労働時間を減らす人が出てきて、残った人でその穴埋めをしなければならない状態で、より過酷な労働環境になっていませんか?

それも全部会社が決めたことだと諦めて、何も考えずに目の前の仕事をこなしている人がまだまだいるように感じられます。自己犠牲をして働く働き方は日本人独自の文化です。

しかし、今の働き方に疑問を感じている人も多いはず。がむしゃらに働いていて評価されるのは20代までです。30代はワークライフバランスを意識した働き方が必要です。

そこで今回は、30代になった私が試してみた自分なりの働き方改革をご紹介します。

仕事中心の生活もいいですが、せっかく残業しにくい職場になっているのですから、それを逆手にとって、趣味などアフターファイブの充実した生活にシフトしていきましょう。

…もっと見る