男社会で働く女性が生き抜くコツ!知っておきたい暗黙のルール

男社会で働く女性が生き抜くコツ!知っておきたい暗黙のルール
男社会の中で働くからといって、男らしくする必要はありませんが、一方で心得ておかなければいけないこともあります。それは男社会での暗黙のルールです。大半の女性がこの暗黙のルールの存在を知らないようです。でも、男社会で出世している女性の多くは、実はこの暗黙のルールをきちんと理解していたのです。

そこで今回は、男社会で働く女性が知っておきたい暗黙のルールをまとめました。早速、日々の業務の中にとり入れて、上司から評価される女性になって、どんどん出世していきましょう。

仕事のできる女性にとってはくだらない「男社会の暗黙のルール」ですが、このルールを知らないと今後のキャリアに影響がでるかもしれませんよ。

男社会で働く女性が生き抜くコツ!知っておきたい暗黙のルール

 

白黒はっきりさせること


白黒はっきりさせること
男性は、物事を白黒はっきりさせることを好みます。

Yes・Noの返事が曖昧な女性は、男社会で生き抜くことはできません。特に男性は、結果を重視する傾向がありますので、断定口調が好まれます。女性がよく使いがちな「たぶん」「かも」「だと思います」など曖昧な表現はNGです。女性同士の会話では、頻繁に使う言葉ばかりですよね。しかし仕事上でこれらの言葉を使うのは絶対に避けましょう。

Yes・Noの返事をはじめとする業務上の連絡などは、断定口調で話すように気を付けてくださいね。本当にどっちかわからないことでも、一度は断定して伝えた方が相手からの評価は高いんですよ!

あとから事実と違うことがわかっても、誤差の範囲内なら咎められることは少ないです。もしくは、尋ねられた時に「確認します」と言ってしまいましょう。

「○○だったと思うんですが・・」と曖昧な返答をするのはNGです。

 

女らしさを捨てない


女らしさを捨てない
男社会で生き抜くために、女らしさを捨ててしまう女性がたまにいます。より男らしく振舞うということなんですが・・・これはほかの男性社員からはあまり評価されません。もちろん、男らしくしたくてしているわけじゃないという女性も、もとから男らしい一面が多いという女性もいると思いますが、周囲の男性社員からするとそれはあまり関係ないんです。

男性の考える理想の女性像というのは、愛嬌のある笑顔が可愛い女性。そういった女性が、男社会で働く女性の中でも高評価を得ています。

一方で、男っぽく振舞ってしまう女性は、男性が考える女性像とかけ離れているので、評価されない場合が多いようですね。

 

主張はきちんとする


主張はきちんとする
男性は女性よりもコミュニケーションが苦手です。

女性同士であれば、相手の意見をなんとなく想像して汲んであげることも可能ですよね。それが得意な女性もたくさんいると思います。しかし、それは男性にはなかなかできないことなんです。

プラスになりそうな意見があっても、主張せずになんとなく意見があることをほのめかすだけの女性は、男社会では生き抜けません。相手が男性なら、きちんと主張しなければ伝わらないんです。

特に仕事の成果はきちんと主張しなければ、正当な評価にはつながらないんですね。同僚の男性と一緒に成功させた仕事でも、きちんと自分の手柄をアピールしなければ、全部その同僚の成果だと思われてしまいがち。

アピールも時には重要ということなのです。それが上手な女性こそ、女性管理職の道に進めるといえます。

 

 

会社目線での仕事をする


会社目線での仕事をする
人の上に立つ上司の立場になる女性は、一歩引いた位置から会社目線での仕事ができる人間です。

「自分より上の目線で仕事をすることが重要」と教えられた経験がある女性も多いのではないでしょうか。そう教えてくれた上司は、きっとあなたの能力を見込んで、男社会で生きていくコツを教えてくれたのだと思います。

平社員でも、課長やチームリーダーなど、ひとつ上の立場に立ったつもりで仕事ができる女性の仕事は、丁寧かつ正確で評価されやすいんですよ!そうすることで責任を認識することにもつながりますので、より責任感を持った仕事ができます。

一方で、自分の立場を十分に理解し、常に意識することで女性管理職への道が一気に近づくでしょう。

どちらの目線でも仕事をできる女性は、特に評価されやすいですよ。

 

男社会は建前社会であることを理解する


男社会は建前社会であることを理解する
女性で建前や肩書きを重要視する人ってなかなかいませんよね。そんなことよりも内容が大事じゃない!と思う女性も多いかもしれません。しかし、男社会は建前社会だということを理解しなければ、男社会で生き抜くことはできませんよ!

建前や肩書きなんてばかばかしい!と思っている女性は、男社会で認められることも評価されることもないでしょう。

特に、謝罪やお詫びなどの一面では、建前社会であることが象徴的ですよね。謝罪会見などがその象徴的な例です。謝罪をしたところで問題は解決しませんが、謝罪はきちんと行うことが一般的ですよね。
女性はそれが無駄だと思ってしまうことも多いですが、切り捨てるのではなく、男社会の建前に順応していくことも大切なんです。

法改正昇進を諦めかけた女性の私に法改正で管理職になれるチャンスが来た

 

今日のまとめ

男社会で働く女性が生き抜くコツ!知っておきたい暗黙のルール

いかがでしたか。女性の社会進出が増えてきているとはいえ、今の日本の社会はほとんどが男性中心に回っています。

逆に言えば、男性は日本社会を回していくうえで重要な存在ですが、女性だって社会的に認められたい願望はあるはず。

出世したい、社会に認められたいと思うのであれば、まずは男社会の暗黙のルールを守ってみてはいかがでしょうか。

・ 白黒はっきりさせること
・ 女らしさを捨てない
・ 主張はきちんとする
・ 会社目線での仕事をする
・ 男社会は建前社会であることを理解する

昇進管理職を目指す女性必見!スピード出世した人に共通する7つの性格とは?