結婚しないの?と聞かれる度に私がよく使ってる上手い切り返し方

結婚しないの?と聞かれる度に私がよく使ってる上手い切り返し方

結婚願望がある独身のアラフォー女性にとって「まだ結婚しないの?」「いい相手はいないの?」という周囲の言葉は気になるもの。

親や職場の人たちなどから度々聞かれて、その話題はうんざりしているという人も多いはず。

このように独身女性に対する言動は社会問題になっていて、パワハラやセクハラと同じように“シングルハラスメント” という言葉で表現されています。

そこで今回は、独身女性ならおそらく誰もが経験したことがある「結婚しないの?」という質問に対して、上手い切り返し方を紹介します。

今度もし聞かれた時は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

結婚しないの?と聞かれる度に私がよく使ってる上手い切り返し方

見栄を張って損しないために気を付けたいこと


見栄を張って損しないために気を付けたいこと
「結婚しないの?」と聞かれた時に、見栄を張って「結婚願望がありません」とか「その気になればいつでも出来る」などと言ってしまうのは考えもの。それ以上のことは聞かれなくても、周囲から変わり者(ハレモノ)扱いされて、変な評判が広まってしまうかも。

それに、誰かがもし「いい人がいたら紹介してあげたいな」と思っても「結婚願望がない」と突っぱねてしまっていては、良縁も逃してしまいます。

 

 

シングルハラスメントにめげないメンタルの作り方


シングルハラスメントにめげないメンタルの作り方

◉ 独身であることを恥ずかしがらない

シングルハラスメントをしてくる人は、だいたいの人が既婚者なので「独身って少数派なのかな」とか「独身であることは恥ずかしいことなのかも・・・」などと、めげてしまいそうに。

そんなあなたに知っておいて欲しいのは、周りにも同じようなことで悩んでいる人が沢山いるということです。“生涯未婚率”は上昇し続けているのも、いい例ですね。

だから全く焦る必要はありません!それに今いい相手に出会えていなくても、これから先ずっとそうだとは限りませんよ。

◉ 結婚願望を持つことは素敵なこと

アラフォー世代になってくると、周囲では不倫・離婚・夫婦仲などの問題が出てくるので「何もこんな目に遭うなら結婚しなくてもいいよね!」と独身同士で盛り上がることも。

ただ、それは結婚生活の悪い一面だけであって、いい一面や幸せな部分、安心感などが沢山あると既婚女性は言います。そういうわけで、結婚願望を持つのは本来素敵なことだと思うんです。

それに、これからは自分の病気・親の介護など色々な問題が出てくる世代。一緒に乗り越えられるパートナーがいれば心強いはず。

 

 

賢く立ち振る舞って、快適なシングルライフを送る方法


賢く立ち振る舞って、快適なシングルライフを送る方法
どこに行っても「結婚しないの?」と聞かれてしまうのなら、こちらも切り返しトークをあらかじめ決めておき“定型文で返す”というのがおすすめです。

例えば、こんな風に答えてみてはどうでしょうか?

その1.

「したいんですけど、相手ができないんですよねぇ・・・」

「結婚願望がある」ということはしっかりと相手に伝わり、その上で相手がいないことも伝えられます。

重苦しく伝えるのではなく、この後に「何ででしょうかねぇ、いい人いないですか?笑」などと、相手との関係性を見ながら付け加えるのもあり。

その時に「仕事ばっかりしているからじゃない?」とか「趣味にお金かけてそうだもんねぇ」などと言われれば、仕事や趣味の話に話題を変更してしまってもOK!

 

その2.

「あっ、この人♡って思える人にまだ出会えていなくて・・・」

結婚はほとんどの人が「一生一緒にいたいと思える人」という基準で選ぶと思うんです。そこをきちんと強調して、ピンとくる人に出会えていないと伝えるのは誠実な答え方だと思います。

言われた方は「そっか、そうだよね」と納得しやすいですし、相手が既婚者であれば「奥様との出会いってやっぱりビビっときましたか?」などと切り返してしまえば、どんな風に周囲が結婚したのかということも知ることができて、一石二鳥です。

 

その3.

「仕事一筋でここまで来てしまいました」

仕事をがむしゃらにしていたら「婚期を逃してしまった」という人は多いはず。そういう人は仕事を理由に、結婚できていないことを伝えるのもいいですね。

同じように仕事に打ち込んできた男性も、探せばいるはずなので紹介してもらえる可能性も。仕事をしっかり頑張って、打ち込んできたという女性は魅力的。自信を持って!

 

 

その4.

「結婚していませんけど、まだまだ諦めていませんよぉ〜」

私の知り合いに「結婚していないことをネタにしていた」という女性がいるのですが、いつもこう答えていたそう。

それから数年後、職場に新しく入ってきた独身の年下男性。どうやら彼女に一目惚れしたようで、猛アプローチを仕掛けてきたそう。それから2年後、12歳年が差の2人はめでたく結婚。

職場でも「よかったねぇ!」と言われていましたよ。こういうこともあるので、切り返しは“あくまでも明るく”が鉄則です。

 

その5.

「プロポーズ待ちなんだけど、相手がまだみたいです」

パートナーがいるという人は、他の人を紹介されてしまうと困りますよね。そんな時は「プロポーズを待っている=自分は結婚したい。相手=まだそういう状況でない」ということを伝えることができます。

よく顔を合わせる相手には、本当のことを話しておかないと話のつじつまが合わなくなってしまいますから、きちんと伝えておくといいですよ。

 

アラフォー世代!結婚しない人にはこんな人も


◉ 結婚願望がない

そもそも結婚願望がない、人と一緒に暮らすのが苦手、1人が好きという人がいます。そういう人は相手が同じような価値観の人には本当のことを話すそう。そうではなさそうな相手には、上記のような「切り返し」をすると言っていました。

◉ 大人の事情がある

不倫や同性愛など大人の事情があって「パートナーがいても結婚できない」という人もいます。そういった人は、誰にも話さないように徹底しているという人が多いよう。このように、色々な状況の人がいるので結婚は難しい話題なのです。

 

今日のまとめ

結婚しないの?と聞かれる度に私がよく使ってる上手い切り返し方

結婚しないの?と聞かれる度に私がよく使ってる上手い切り返し方
結婚に関する話は、本来であれば慎重に相手を選んですべきプライベートな話題です。

しかし、中には「結婚してる?しないの?」という発言を挨拶代わりのように軽々しく口にして、意見を言うデリカシーのない人もいますよね。

そんな人たち1人1人に、今の自分の事情を説明して物申していては身が持ちません。

そこはユーモアに変えるなど、大人対応で軽く切り抜けるというのもシングルハラスメントの被害を悪化させないポイントです。

イライラする気持ち、焦る気持ちなど私もよくわかります。

ただ、相手も悪気があって言っているわけではないので、人間関係にヒビを入れないような対応をしていきたいものですね。

1.  見栄を張って損しないために気を付けたいこと
2. シングルハラスメントにめげないメンタルの作り方
3. 賢く立ち振る舞って、快適なシングルライフを送る方法
4. アラフォー世代!結婚しない人にはこんな人も

 

当サイトへのご訪問ありがとうございます。記事のご愛読に感謝します。