働く女性のストレスは職場の人間関係だった!仕事の悩み5つ

働く女性のストレスは職場の人間関係だった!仕事の悩み5つ
女性特有の集団行動を強いられる職場環境 に身を置きながら、複雑な人間関係に気を使いすぎて、疲れた感 たっぷりのアラサーが少なくありません。適度に気分転換してストレス発散していかないと…。美容と健康にも 影響が出てしまいます。

では、めんどくさい女性の多い職場でストレスを溜めないようにするには いったいどうしたらいいのでしょうか。

「上司に気に入られているからかな、職場の同僚に妬まれ、冷たくされていてしんどい」

「後輩が同じようなミスを繰り返して、いつもフォローばっかりで嫌になる」といった人間関係と仕事内容に関することはもちろん、「仕事ができないくせに、同僚のA子と給料が変わらずムカつく」という報酬面に関する将来への不安まで・・・些細な悩みが積み重なって、ストレスへと変化していきます。

中でも「人間関係」の悩みが一番やっかいです。今回は、そんなやっかいなストレスを解消する方法をまとめてみました。

働く女性のストレスは職場の人間関係だった!仕事の悩み5つ

 

仕事の悩みに関するアンケート結果


リーダー&管理職アンケートでは、96%の女性が「自分なりのストレス解消法を持っている」と回答しています。

働く女性にとって、ストレスマネジメント力は必須事項といえます。雑誌などでよく『ストレスに打ち勝つ方法』や『負けない』などの言葉をみかけますが、ストレスは戦うものではありません。日々の日常で必ず感じるものなので上手につきあっていくものなのです。

多くの働く女性は自分に合ったストレス解消法を持っています。

例えば、家族や友人との旅行や飲み会や自宅でまったり映画鑑賞、リラクゼーションやエステティックサロンへ通う方も多いようです。自分のストレス発散法を持つことでアフターファイブや休日が楽しみになり、残業を回避することで仕事の効率もあがるようになります。仕事の効率が上がれば、任される仕事も変わって来るので仕事においてのスキルアップやキャリアアップにも繋がります。

どんな職場でも「人間関係」によるストレスはつきものです。

特に「女性が多い職場」というと、なんとなくそのイメージが強くなります。「女の敵は女」なんて言葉もありますけど、実際のところどうなのでしょう?

「女性が7割以上の職場」に勤めた経験のある女性200人にアンケート調査によると(アイリサーチ調べ)、「女性の多い職場は、男女半々or男性の多い職場に比べて働きにくいか?」と聞いたところ約6割が「そう思う」と答え、「女性の多い職場は働きにくい」と感じているという結果になりました。

では、女性たちはどんなことにストレスを感じているのでしょうか?

 

女性が多い職場での困りごとTOP5


第5位

上司から評価されたときに同僚に妬まれ、冷たくされる(9.0%)

 

第4位

先輩の身だしなみチェックが厳しく嫌みを言われる(16.0%)

 

第3位

ランチや休憩など何をするにも一緒で、単独行動がしづらい(17.0%)

 

第2位

内緒話がすぐ広まる(25.0%)

 

第1位

仲良しグループがあり、特定のグループに所属しないと居場所がない(26.0%)

 

 

集団行動を強いられる息苦しさと社員同士の視線の厳しさに、働きにくさを感じていることが浮き彫りとなった。ほかにも、「陰口が多い」「その場にいない社員の噂話ばかりで盛り上がる」なども。ちなみに「女性の多い職場で働く男性」にも同様の調査を行ったところ、「働きにくい」と回答した男性は43%にとどまった。

女性ほどは「働きにくさ」を感じていないようですが、それでも「女性の職場」特有のトラブルに巻き込まれることもあるようです。もちろん男性が多い職場にも特有のトラブルはあるので、一概に「女性職場=働きにくい」とは言い切れない。

ただ、こうした問題は実際あるようだから、うまく立ち回れる処世術を身につけたいものです。そもそも、ストレスという用語は、もともと物理学の分野で使われていたもので、物体の外側からかけられた圧力によって歪みが生じた状態を言います。

ストレスを風船にたとえてみると、風船を指で押さえる力をストレッサーと言い、ストレッサーによって風船が歪んだ状態をストレス反応と言います。医学や心理学の領域では、こころや体にかかる外部からの刺激をストレッサーと言い、ストレッサーに適応しようとして、こころや体に生じたさまざまな反応をストレス反応と言います。

ストレス

私たちのこころや体に影響を及ぼすストレッサーには、「物理的ストレッサー」(暑さや寒さ、騒音や混雑など)、「化学的ストレッサー」(公害物質、薬物、酸素欠乏・過剰、一酸化炭素など)、「心理・社会的ストレッサー」(人間関係や仕事上の問題、家庭の問題など)があります。

普段私たちが「ストレス」と言っているものの多くは、この「心理・社会的ストレッサー」のことを指しています。職場には仕事の量や質、対人関係をはじめ、さまざまな要因がストレッサーとなりうることが分かっています。

ストレッサーによって引き起こされるストレス反応は、心理面、身体面、行動面の3つに分けることができます。心理面でのストレス反応には、活気の低下、イライラ、不安、抑うつ(気分の落ち込み,興味・関心の低下)などがあります。身体面でのストレス反応には、体のふしぶしの痛み頭痛、肩こり、腰痛、目の疲れ、動悸や息切れ、胃痛、食欲低下、便秘や下痢、不眠などさまざまな症状があります。また、行動面でのストレス反応には、飲酒量や喫煙量の増加、仕事でのミスや事故、ヒヤリハットの増加などがあります。

これらのストレス反応が長く続く場合には、過剰なストレス状態に陥っているサインかもしれません。ストレスは個人によって、原因も種類も様々です。

まずは、自分がどんなストレスを感じやすいか知ることから始めて、『仕事で注意されると落ち込む』、『上司との会話が苦手…。』などのネガティブな感情にきちんと目を向けて、なぜストレスに感じてしまうのか整理してみるのもよい方法です。

ストレスの大半は、自分の考え方次第でラクになります。

例えばいつも嫌みを言う先輩に対して『反面教師として学ぼう』と考えれば、気持ちが軽くなることもありめす。このように考え方をチェンジするクセを付けると、少々のことではめげなくなります。自分のストレス傾向を知ることで、ストレスを予測し、回避することもできます。余計なイライラを抱えずに済むので、仕事の効率も上がります。

 

今日のまとめ

働く女性のストレスは職場の人間関係だった!仕事の悩み5つ

いかがでしたか。ストレスと上手く向き合うことで仕事の効率や新しい自分を発見することもできます。ネガティブなイメージが強いストレスですが、前向きにとらえるか否かで全く違う結果になります。

この記事が一人でも多くの働く女性の前向きになる一歩になれば幸いです。

・ 仕事の悩みに関するアンケート結果
・ 女性が多い職場での困りごとTOP5
第5位
上司から評価されたときに同僚に妬まれ、冷たくされる
第4位
先輩の身だしなみチェックが厳しく嫌みを言われる
第3位
ランチや休憩など何をするにも一緒で、単独行動がしづらい
第2位
内緒話がすぐ広まる
第1位
仲良しグループがあり、特定のグループに所属しないと居場所がない